ペット保険の告知義務について

ペット保険に加入するには、現在のペットの健康状態や、これまでにかかった傷病歴を必ず正確に申告する必要があります。

かかった病気の種類によっては、ペット保険に加入ができない場合や、補償開始日までに発症した病気やケガについては補償の対象外となってしまいます。

告知が必要な理由

ペット保険は、人間の保険と同様に、加入者が出し合った保険料で相互を扶助する制度です。

そのため、健康状態が悪い、病気で弱っている、高齢で病気にかかりやすい、といったペットも保険に加入できてしまうようにすると、加入者間で公平性を保つことができなくなり、保険制度が成り立たなくなります。

また、保険会社は保険金の支払いが増えることで破たんしてしまうこともあります。

ペット保険はあくまでも、健康なペットが将来、万が一の病気やケガに備えるために加入するものであり、このような不公平を防ぐため、加入者は契約を行う時に、ペットの健康状態や過去の病歴などを正確に申告することを求められています。

告知事項で聞かれる主な内容

加入の際に告知する事項は、各保険会社によって異なりますが、申込んだ時点でのペットの健康状態や病気の既往歴などを主に確認されます。

PS保険が告知事項で確認する項目は、以下の内容となります。

  • ペットの生年月日
  • ペットの体重
  • ペットの種類(大型犬・中型犬・小型犬・猫)
  • ペットの品種
  • 混合ワクチンの接種状況
  • 他社ペット保険の契約状況
  • 既往症(これまでに患った病気について)
  • 過去3ヶ月以内に病気やケガで治療を受けた内容(傷病名・治療内容・治療期間・動物病院名)

告知事項に違反した場合

ペット保険に申込む際に記載した告知事項の内容が事実と異なることが判明した場合「告知義務違反」となり、補償が正しく受けられないばかりでなく、契約が解除されてしまう場合があります。

正しく事実を告知することは保険契約者の義務となりますので、告知事項の質問項目に対しては、必ずありのままの事実を正確に記入する必要があります。