ハバリ

ハバリのかかりやすい疾患や、特徴についてご紹介します。

ペット保険にご加入を検討中の方や、これから家族に迎え入れられる方はぜひご覧ください。

ハバリ

ハバリの罹りやすい疾患

猫の保険について

ハバリとは

ハバリはアメリカ合衆国が原産の猫種になります。

まだ作出されている途中ともいわれている大変希少な猫です。

ハバリの誕生は謎に包まれています。

ルーツが不明なのではなく、隠しているというのが正しいです。

ハバリはペットとして飼育するために作出されました。

作出したキャッテリーはハバリの安易な繁殖を防止する目的で基礎となる猫種や繁殖の情報を明かしていないのです。

このためハバリが純血種かどうかというのは外見だけでは判断されず、遺伝子検査によって判断されます。

ハバリの外見からベンガルの血が入っていることは推測されていますが定かではありません。

ハバリはスワヒリ語で「how are you?」と同義、つまり調子はどう?や元気ですか?という意味になります。

ハバリの容姿

ハバリがとても大型の猫になります。体高が41-46㎝ほど体重は11㎏ほどあります。

これは少し大きい柴犬くらいの大きさと同じくらいです。

猫種のなかでも大型と言われているメインクーンなどよりも大きくなります。

ハバリは短毛でダブルコートになります。

被毛は野生のヤマネコのようなスポットと呼ばれる斑点やロゼットと呼ばれるジャガーのような模様が混ざった模様になります。

この模様からベンガルの血がはいっているのではないかと言われています。

上記にもありますが、この猫は容姿で猫種を判断するのではなく、遺伝子で判断しているので明確な設定がないのです。

また、大型猫の特徴の一つでもありますが身体が完璧に成長するまで3年はかかります。

ハバリの性質

ハバリは愛玩用を目的として作出された猫になりますので、ワイルドな外見とは裏腹に非常におとなしく、穏やかな気質です。

また人にも慣れやすく、社交的な猫種といわれています。

ほかの動物とも上手にやっていくことができます。

おとなしい猫ではありますが、全く運動をしないわけではないですし、ある程度の運動スペースは必要になります。

体が大きいので狭いお家での飼育は向きません。

重量もあるので、キャットタワーなどを設置する場合は体重がかかった時に崩れたり壊れたりしないようなものである必要があります。

ハバリは短い被毛の猫になりますの毎日のお手入れは必要ありません。

時々スキンシップと皮膚のマッサージを兼ねてブラッシングをしてあげたり、濡れたタオルでお手入れをしてあげたりするといいでしょう。

換毛期には毛がごっそり抜けますのでシャンプーをしてあげるといいでしょう。

大きい猫ちゃんと生活はとても憧れますが、大きくしたいからといって太らせるのは危険なのでやめましょう。

もし病気になったりした場合、介護は体重に比例して重労働になります。健康的な食事をさせてあげてください。

猫の保険について