ラパーマ

ラパーマのかかりやすい疾患や、特徴についてご紹介します。

ペット保険にご加入を検討中の方や、これから家族に迎え入れられる方はぜひご覧ください。

ラパーマ

ラパーマの罹りやすい疾患

猫の保険について

ラパーマとは

ラパーマはアメリカ合衆国原産の比較的最近登録された猫になります。

近年の新種の猫たちは人為的に作出されたものがほとんどですが、ラパーマは突然変異によって誕生した猫種になります。

1982年にアメリカのオレゴン州ダラス郊外のさくらんぼ農家でネズミなどの害獣から作物を保護するために猫を飼育していました。

この猫が出産した子猫の中にほとんど毛のない子猫が1匹いました。

この子猫は成長とともに被毛が生えてきましたが全身カールしていきました。

この猫は親と兄弟とともに害獣駆除を仕事として農家で活躍していました。

このカールした猫がおおきくなり、子猫を出産しました。

その子猫にも数匹毛のない子猫が誕生しました。

この頃には被毛がカールしているデボンレックスセルカークレックスがすでにいましたし、農園の人も猫の繁殖に特段関心がなかったので。

選択繁殖はされなかったのですが、カーリーな猫は順調に数を増やし、様々なパターンの猫が誕生しました。

カーリーな猫は巷で話題となり、近隣に住む猫のブリーダーさんなどが関心を持ち、ブリーダーさんの助言でキャットショーに出陳したところ、注目をあつめ、このカーリーな猫を育種しようとなりました。

カーリーな猫は「パーマネント」からラパーマと名付けられました。

ラパーマはその後オシキャットバーミーズシャムなどの純血種と交配され、1997年に愛好家団体が設立され、2003年にはTICAに公認され、続いて2008年にはCFAにも公認されました。

2014年委はFIFeからも公認され、世界的にも徐々に認められてきています。

遺伝子から調べたところ、ほかのカールしているデボンレックスコーニッシュレックスとは遺伝子的には血縁がなく、突然変異の優勢遺伝ということが発覚しました。

ラパーマの容姿

ラパーマは中くらいの大きさで2.5-4.5㎏ほどの猫セミフォーリンタイプの猫になります。

全体的には筋肉質でスレンダーなボディをしています。

頭部はV字型でチークが高く、少し吊り上がったアーモンド型の目をしています。

マズルは丸く、耳は少し大きめです。

被毛はカールしていますが、まれにストレートの子猫もいます。

カールの被毛の猫には珍しく長毛も許容されています。

もちろん短毛もいます。

尻尾はまっすぐですがカールした被毛に覆われています。

カールはそこまで強くなく、ふわふわしています。

ラパーマの色はあらゆる色が許容されています。

チョコレートやシルバーライラックのソリッドカラーからタビー、シールポイント、キャリコなど様々ございます。

ラパーマの性質

ラパーマはしっかり小さいころから慣れさせれば、人間好きで社交性のある猫になります。

そのため子猫のころからほかの猫や人になれさせておくといいでしょう。

元々、害獣駆除を仕事としていた猫になりますので非常に活発です。

また好奇心旺盛で賢いのでかまってあげないといたずらなどをすることもあります。

運動不足には気を付けましょう。

家の中にでは十分運動できるスペースを確保してあげてください。

ラパーマはうまれたばかりは無毛なので温度管理などは気をつけてあげてください。

また、雌がヒートの時期に無毛になってしまうこともありますがまた生えてきます。

被毛は抜け毛が少ないのですが、絡まりやすいのでお手入れは週に3-5回ほど短い時間でブラッシングしてあげてください。

無理やり強い力で行うと猫も痛がりますし、カールが伸び切ってしまいます。

ラパーマは活発な猫なので運動不足だとストレスもたまりますし肥満になりやすいです。食事の工夫はしてあげてください。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。