アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘアの写真

アメリカン・ショートヘア ダヤンくん

アメリカン・ショートヘアは、被毛の縦模様が特徴的で、顔は丸く、目はぱっちり。またとても人懐っこく陽気な性格をしており、誰とでもすぐ仲良くなれるという性格から、とても人気の高い猫種となっています。
アメリカン・ショートヘアは基本的にとても丈夫な体をしており、病気をしにくいといわれていますが、それでもいくつか注意しておかなければならない病気があります。その病気として、肥大型心筋症や尿路結石症、糖尿病、脂漏性皮膚炎などがあげられます。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてアメリカン・ショートヘアのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気やケガとペット保険

アメリカンショートヘアは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

保険料については、「お見積り」から、ペットの種類として、猫と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

猫の保険について

PS保険でのアメリカン・ショートヘアのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約12万9千円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では13万5千円というものが最高金額としてございました。

事例都道府県ケガ・病気の種類お支払金額
1 神奈川県 肺炎の疑い ¥135,000
2 東京都 尿道結石 ¥121,500
3 大阪府 膀胱結石 ¥119,900
4 神奈川県 脱水によるクレアチニン症・胃炎・肝機能障害 ¥107,000
5 東京都 膵膿胞・膵炎 ¥101,800

※こちらは当社ご契約者さまが実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

アメリカン・ショートヘアの特徴

アメリカン・ショートヘアとは
アメリカン・ショートヘアの写真

アメリカン・ショートヘア ミントちゃん・ダヤンくん

もともと17世紀にヨーロッパからアメリカへ渡った移民が連れてきた猫が祖先ですが、開拓時代にネズミや蛇の退治に一役買っていたというだけあり「ワーキングキャット(働く猫)」と形容されています。そのハンティング能力は高く、他の種類の猫より運動能力が高いと言われています。それゆえに、全身の筋肉が発達していて、肩や腕、足の筋肉は俊敏に伸び縮みします。かなり高いところから飛び降りたり渡ったりして人間を驚かせます。
またアメリカンショートヘアとは名前の通り、アメリカを代表する猫で、日本でも人気の高い種類です。

アメリカン・ショートヘアの容姿

目がぱっちりしていて、被毛の縞模様が特徴的ですが、決められた模様があると言われています。1つ目は首筋の縞はネックレス、2つ目は肩から胸前の「チョウチョウのシルエット」、3つ目は背中の3本の縞、そして脇腹の丸いマークが何とも言えない愛らしさを醸し出しています。日本ではシルバーグレー系の色が主流ですが、毛色は80パターン以上もあるといわれており、大きく分けると黒、白、銀、クリーム、赤、茶色、青などがあります。
そして、名前につくショートヘアというように短毛で、肌触りはサラッとしていますが、しっかりとした被毛に覆われ、どんな気候もしのげるという特徴を持っています。ブラッシングは一日1回程度で、手入れもとても簡単に行うことができます。

アメリカン・ショートヘアの性質

物怖じしない性格で、誰とでもすぐに仲良くなります。人懐っこく甘えん坊なところも特徴的です。子供に対しても特に警戒心は見せず、小さい時から子供や犬などの他の動物と触れ合うことで、より仲良く過ごすことができるでしょう。一人暮らしの高齢者、単身生活をしている人、子供のいる家庭などでも飼いやすい猫種といえます。
またとても活発で動き回ることが大好きです。キャットタワーやキャットウォークを設置したり、おもちゃなどで遊ぶなど、動き回ることのできる生活環境作りが大切です。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。
また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。