猫の脂漏性皮膚炎(マラセチア皮膚炎)

目次

猫の脂漏性皮膚炎ってどんな病気?

猫の脂漏性皮膚炎は、マラセチア皮膚炎とも呼ばれ、猫の皮膚に常在しているマラセチアという菌によって引き起こされる皮膚疾患です。

猫の皮膚炎が起こる原因にはいくつか要因が考えられますが、主なものとしては遺伝的な要因や、猫の体に合わないシャンプーを使ってしまうなどが原因として考えられています。

どうして症状が出るの? 原因は?

猫の脂漏性皮膚炎は、元々皮膚に常在しているマラセチア菌によって引き起こされると考えられています。

マラセチア菌は元々無害な菌ですが、食生活の偏りやホルモンの異常、マラセチアに対するアレルギー反応などのほか、寄生虫や真菌などが原因となる場合もあります。

上記のような様々な要因からマラセチア菌が病原体化し、猫の皮膚に疾患を引き起こします。

猫の保険について

どんな猫が脂漏性皮膚炎にかかりやすいの?

縮れた毛が特徴的なレックス系の猫種で発症しやすいといわれています。

猫の脂漏性皮膚炎の特徴とチェック項目

脂漏性皮膚炎は、皮脂腺から脂が過剰に分泌されることで、脂の塊やかさぶたができます。

皮脂が増えると雑菌が増殖し、体臭がきつくなることがあります。

また、乾燥するとフケが増加することもあります。

皮脂の過剰分泌は、皮膚のバリア機能を破壊してしまい、発疹などができやすくなります。

かゆみが強いと猫が自分で患部をかいてしまい、患部が脱毛しやすくなるケースもあります。

猫の脂漏性皮膚炎は、外耳道、顔面、爪の付け根などにできやすく、耳にできた脂漏性皮膚炎が悪化すると外耳炎になってしまう場合もあります。

外耳炎のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「猫の外耳炎」を併せてご覧ください。

どうやって予防したらいいの?

猫が脂漏性皮膚炎になった場合は、対策として発症原因を取り除きます。

別の疾患がある場合はその疾患の治療を行います。

食生活の偏りによる栄養不足の場合は、ビタミンやミネラルなどを猫の食事に混ぜて投与し、細菌が原因の場合は抗生物質を、真菌や寄生虫の場合は薬剤による駆除などで対処します。

また、体の洗浄は薬用シャンプーで行います。

予防には、早期発見・早期治療が大事ですので、普段から猫の様子をよく観察し、皮膚に異常が見られた場合は早めに動物病院に連れて行くようにしましょう。

そのほか気になる猫の皮膚の病気については、獣医師監修の「猫の疾患 皮膚・アレルギーの病気」をご覧ください。

猫の保険について

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類
PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。