猫痤瘡(ねこざそう)

猫痤瘡は、猫のニキビ、アクネとも呼ばれます。人間のニキビは、顔全体やあごの下、背中にできますが、猫の場合は、あごの下や唇の周りだけに限ってできます。

猫痤瘡(ねこざそう)にかかりやすい猫種

猫種問わず、発症する可能性があります。

猫の保険について

猫の猫痤瘡(ねこざそう)の症状

あごの下や唇の周りに黒や茶色の点々が見られます。

「キャットフードやゴミが付いたのかな」と思うような感じです。

しかし、この点々は、毛穴にほこりや皮脂などが詰まり炎症を起こしたもので、「角栓」「コメド」と呼ばれるものです。

軽度の場合は、この点々が見られるだけで、痛くもかゆくもありません。

しかし、角栓に細菌やウイルスが侵入し、病原体が繁殖すると、かゆみや痛みを伴うようになり、赤く腫れる、脱毛や化膿といった症状が現れます。

さらに、その違和感から自分の爪でひっかくようになります。

これによって皮膚を傷つけ炎症が広がり、高熱が出たり、元気がなくなったりします。

猫の猫痤瘡(ねこざそう)の原因

明確な原因はわかっていませんが、次のものが考えられています。

免疫力の低下

普段は自己免疫力で抑えされている細菌の活動が、免疫力が低下することよって抑えられなくなり、細菌を増殖させてしまうことがあります。

免疫力が低下する要因としては、環境の変化によるストレスや、去勢・避妊手術、出産などによるホルモンバランスの乱れが考えられます。

アレルギー

あごや口が触れる食器(フードボウルや水を飲む容器)の材質が肌に合わない、または、食べ物が合わないといったアレルギー反応によって起きる場合があります。

不衛生なため

食器に汚れがあったり、住環境が不衛生であったりすると、猫のあごや口の周りが汚れ、細菌が繁殖する場合があります。

グルーミング不足

猫は、自分の体を清潔に保つために舌で毛繕い(グルーミング)をします。あごには舌が届きませんので、前足をなめてグルーミングを行いますが、それが不十分だと原因菌を増やしてしまうことがあります。

猫の猫痤瘡(ねこざそう)の治療法

あごの周辺に黒や茶色の点々が見られるだけの軽度の場合は、ぬるま湯で消毒液や薬用シャンプーなどで清潔に保つなど自宅ケアで大丈夫です。

しかし、脱毛や皮膚が固くなる、出血や膿が見られる中重度の場合は、獣医師の診断を受け、抗生剤や抗炎症剤が処方されます。

猫の猫痤瘡(ねこざそう)の予防法

猫痤瘡の原因が免疫力低下である場合は、その要因となるストレスの軽減や栄養補給を心がけましょう。

アレルギーによるものであれば、食器を変えたり、食べ物を変えたりしてみてください。

また、不衛生によるものであれば、猫の食事後、あごの周りを清潔な布で拭いてあげましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。