トイガー

トイガーの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

トイガー

トイガーのかかりやすい疾患

猫の保険について

トイガーとは

トイガーは比較的最近育種が始まった猫種になります。

トイガーという名前は【TOY】(おもちゃ)と【Tiger】(トラ)が合わさった名前で、【Toyger】はおもちゃのトラという意味になります。

このとおりトイガーはリビングでも飼える虎をテーマに育種が続いています。

トイガーの起源は1980年代にベンガルの繁殖をおこなっていたブリーダが生まれた子猫の顳顬にサーキュラーマーキングと呼ばれる環状の縞模様を発見しました。

サーキュラーマーキングとはいわゆるトラ模様によく似ている被毛パターンと同じになります。

この子猫たちをきっかけに【トラ模様の猫】の作出に着手しました。

しかし、一見似ているようですが、トラ模様のパターンは猫の模様パターンとは全く異なります。

そのためまだまだトイガーの模様を安定させるのは長い年月がかかるといわれています。

また、トイガーの体型などについても理想の形にはまだなっていないらしく、育種は現在でもつづいています。

トイガーがアメリカの猫登録団体に登録を行ったのは1993年のことです。

まずはTICAが新種の登録のために予備登録を実施しました。

その後、2006年には正式に新しい猫種として承認されました。

しかしCFAについては野生ネコの血統を繁殖に使用することは禁止しているためベンガルから作出されているトイガーは登録が認められませんでした。

TICAでは新しい品種として承認を得たものの、被毛のパターンなどについては未だ安定していないため、ベンガルの様なスポット模様が多い、地色がブルーやシルバーよりの色の子などが生まれることもあります。

そのためまだ育種が続いている猫となります。

トイガーの容姿

トイガーはコビータイプとオリエンタルタイプの間の体型であるセミフォーリンタイプに分類されます。

少し胴が長く骨格のしっかりした全体的に筋肉質な体つきをしています。

体重は5-10㎏ほどあり、尻尾は長くまっすぐです。

また、肩の位置が高いため、歩く際に野生動物のように肩を入れてあるくので横に揺れながら歩くのも特徴です。

四肢は後肢の方が長く、指先が長いため握りが大きく見えます。

頭は少し丸みを帯びたくさび型で顎は大きく、鼻筋は太く広いのが特徴です。

目が少しつり目で、大きさは小さいです。

色はグリーン・ヘーゼル・イエロー・ゴールド・オレンジ・カッパーがあります。

耳も小さめで少し丸みがあります。

トイガーの最大の魅力は被毛のパターンです。

トラの様な縞模様です。

マッカレルタビーのみとされていますが地色(ブラウン、マホガニーレッド、オレンジ、ゴールド、タン等)に黒いマーキングが入ります。

顎下や胸、四肢の内側には白い被毛が入るのが理想です。

また、アイラインは黒で『マスカラ』呼ばれるパターンが入ります。

こめかみと顎の被毛は少し長めですが、全身の被毛は短く厚いです。

まだ、被毛の色が安定していないため、ブルーやシルバーなどのトイガーが現れることもあります。

トイガーの性質

活発で陽気な性格で頭もよく物覚えもいいと言われています。

家庭用に改良されている猫なので多頭飼いやほかの動物との生活も可能です。

飼い主との信頼関係が構築しやすい猫です。

しかし警戒心が強いため見知らぬ人には人見知りしたり隠れてしまったりすることも多いです。

ベンガルが元になってはいますが、繁殖過程の猫によって比較的性格が違う子が発生しやすいです。

なので野性味の強い子から人懐っこく飼育しやすい子など様々です。

力が強い猫になりますので、クレートに拒否反応をされると病院等行くときに苦労します。

子猫のうちから慣れさせるようにしましょう。

しっかりした成猫になるまでに3-4年かかる猫になりますので高カロリー、高たんぱく質の食事をあたえるようにしましょう。

運動が大好きな活発な猫になりますのでキャットタワーや十分に走れるスペースなども必須になります。

運動不足には気を付けましょう。 毎日のお手入れは必要ありませんが、短毛といっても被毛が厚く抜け毛も多いので定期的なブラッシングはしてあげましょう。

猫の保険について