ブリティッシュロングヘアー

ブリティッシュロングヘアーのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

ブリティッシュロングヘアー

かかりやすい病気

猫の保険について

ブリティッシュロングヘアーとは

ブリティッシュロングヘアーは名前の通りブリティッシュ(イングランド)原産の猫種です。

ブリティッシュロングヘアーはブリティッシュショートヘアーを元に作出された猫種です。

ブリティッシュショートヘアーにロシアンブルーやペルシャなどを交配して作出された猫種になります。

元となるブリティッシュショートヘアーの起源はとても古いといわれています。

元々は古代ローマ帝国のイギリスに進行した際に持ち込まれた猫が基礎となっていると考えられています。

19世紀ごろにネズミ駆除において選択繁殖が開始され、この頃から少し改良がはいりました。

特に第一次世界大戦ごろにはブリティッシュショートヘアーの血筋を絶やさないようにペルシャとの交配が行われました。

これにより長毛のブリティッシュショートヘアーも生まれましたが、この時生まれた長毛の子はペルシャのブリーディング血統となりました。

イギリスの猫血統団体はペルシャとの交配に難色を示していたため、ペルシャと交配した場合は第3世代以降、つまり孫以降のみブリティッシュショートヘアーとしたため数が増えませんでした。

その後、第二次世界大戦を迎え絶滅の危機を再び迎えますが、毛色の近いロシアンブルーやペルシャなどを交配し存続することができました。

しかし純血種としては存続していないという意見もあり、第一次世界大戦の時と同じように第3世代以のみブリティッシュショートヘアーとされました。

この時に生まれたロングヘアーはペルシャという分類にするとなりました。

この時に生まれた長毛の猫たちは古いペルシャなどに近い特徴がありました。

この猫は長毛の愛猫家の中で人気がじわじわと出てきました。

さらに現存のペルシャとは異なる特徴を持っているので、ペルシャとは別の猫種として登録しようという運動はあり、2009年にアメリカの猫血統団体ではブリティッシュロングヘアーという猫種となりましたが、イギリスの血統団体では上記の経緯からあくまでペルシャとされています。

ブリティッシュロングヘアーの容姿

ブリティッシュロングヘアーは名前にもある通り長毛でダブルコートの猫種です。

体つきは全体的にがっしりしていて丸いコビータイプです。

体重は3.5-5㎏程の猫としてはふつうくらいの大きさです。

また、足がボディにたいしては短めで足先は丸いです。

頭部は全体的に丸く、目やチークなどのパーツも丸いく耳は少し広めについています。

またペルシャの様に鼻が短いのも特徴の一つです。

被毛は様々で、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、チョコレートなどがあり、三毛などの多色もあります。

また、タビーやポイントなどのパターンも色々あります。

ペルシャと比較するとい色が多いです。

ブリティッシュロングヘアーの性質

ブリティッシュロングヘアーはとても穏やかで落ち着いた性格ですが、子猫のころは元気でよく遊ぶ、どちらかというと活発なタイプです。

しかしあまり運動神経は良くないので高さがありすぎて落下の危険のある難易度の高いキャットタワーは避けましょう。

ブリティッシュロングヘアーは、落ち着きはありますが自尊心が高く、過度なコミュニケーションは嫌います。

また、頑固なところがあり、しつけは苦労する子が多いので習慣として覚えさせたいことは基本的に子猫のころに覚えさせることをおすすめします。

また、猫によるのですが、ペルシャの血が入っているので人懐こい猫もいます。

かまってほしがるときには構ってあげましょう。

また、長毛なので毎日のケアは必須です。

特に換毛期は十分抜け毛の処理をしてあげましょう。

毎日ブラッシングなどをしていらない被毛はあらかじめとっておきましょう。

ブラッシングで抜け毛を抜いてあげないと、ぺろぺろと自分でグルーミングを行い、消化できない被毛が胃の中にたまるヘアボール症などを発症してしまいます。

また、肥満になりやすいとこえおもありますので十分に走れるスペースがあればいいとおもいます。

難しい場合は食事管理をしていきましょう。

猫の保険について