キムリック

キムリックの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

キムリック

キムリックのかかりやすい疾患

猫の保険について

キムリックとは

キムリックは最近作出された猫種になります。

原産国はカナダですがイギリスのウェールズ地方で愛されているいる猫のためウェールズ語でウェールズ族のという意味であるキムリック(Cymric)という名前になりました。(ウェールズ語でウェールズはCymru)

1960年ごろの無尾の猫として有名なマンクスに長毛種を交雑させて偶発的に誕生したミディアムロングの猫を繁殖させたのが始まりとなります。

そのため『ロングヘアーマンクス』ともよばれることもあり、呼び名は各国で異なります。

マンクスで長毛種が生まれる可能性が1/4の確率と言われています。そのためキムリックは希少な猫ともいわれています。

また、マンクスの交配については遺伝子的に掛け合わせが重要で専門的な知識が必要になります。

キムリックの登録については団体によって考え方が異なり、マンクスと同一の猫種としてあつかっている団体もあれば長毛種は人工的に作出されたと考え、別猫種として扱う団体もあります。

現在猫種として認めているのはアメリカでイギリスでは認められていません

また、尻尾がないため後ろ足の方が長くうさぎのようにジャンプする様なマンクスホップとよばれる歩き方をします。

そのため「キャビット」(cat+rabbit)という愛称でよばれることもあります。

キムリックの長毛は突然変異と言われていますが、近年では遺伝子解析からノルウェージャン・フォレスト・キャットが祖先猫に含まれているからという説が浮上しています。

キムリックの容姿

キムリックは全体的に筋肉質でがっしりとした体型で、手足や胴は短めで太いコビータイプで体重は雄で4.8㎏-6.0㎏、雌で3.2㎏-5.0㎏ほどになります。

猫の中では標準的な大きさの猫になります。

キムリックの特徴はマンクスと同様に無尾または短い尻尾になります。

完全に尻尾がない場合は「ランピー」、少し尻尾が残っている場合は「スタンピー」、尻尾が長い場合は「ロンギー」とよばれます。

一番人気なのは「ランピー」ですが無尾の猫と無尾の猫を掛け合わせてはいけないなど交配には禁忌もあるため作出には専門的な知識が必要になります。

被毛はダブルコートで下毛は厚く、上毛は柔らかくてふわふわです。

色はブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリームがあり柄は様々なものが許容されています。

頭は丸く、耳の間の感覚は広く目は丸くブルー、グリーン、ヘーゼル、カッパーがあり、オッドアイの場合もあります。

キムリックの性質

キムリックは活発で賢い猫になります。

また、家族には懐きますが人見知りをしますので見知らぬ人には懐きにくいです。

なので飼育する場合は子猫のころから飼育しましょう。

子供やほかのペットと同居を考えている場合も子猫のころから同居させてあげましょう。

成猫になってから多頭飼いにすると上手にやっていけないこともありますので注意しましょう。

逆に、もともと狩りが上手な猫ですので、番猫になるともいわれるほど反射神経が良く威嚇もします。

しかし家族には甘えん坊な一面もありすり寄って甘えてきます。

また、賢さにはお墨付きでなげたおもちゃを犬のように取ってきたり扉やドアも簡単に開けられるようになったりしますので対策や工夫が必要です。

とくに脱走には気を付けましょう。

長毛の猫種になりますのでブラッシングは毎日が理想的です。

毛玉ができないようにケアをしてあげましょう。

猫の保険について