アメリカンワイヤーヘア

アメリカンワイヤーヘアの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

アメリカンワイヤーヘア

アメリカンワイヤーヘアのかかりやすい疾患

猫の保険について

アメリカンワイヤーヘアとは

アメリカンワイヤーヘアは最近誕生した新しい猫種になります。

1966年にニューヨーク州の農場で誕生したアメリカン・ショートヘアーの子猫の中に毛並みが縮れた珍しい子が1頭いました。

この子がアメリカンワイヤーヘアの始まりと言われています。

巻き毛の変わった毛質を持った猫はレックス系の巻き毛とも異なる1本ずつあらゆる方向に折れ曲がっているワイヤーのような毛質をもっていました。

この巻き毛の猫にレックスの繁殖家の1人が興味をもち、この猫を基礎猫として新猫種の作出に力をいれるようになりました。

その後交配をし、生まれた子猫の中にはその変わった毛質の猫が2頭いました。

この子猫たちを皮切りに本格的に育種が開始されました。

レックスのブリーダーは猫の遺伝子学者に分析を依頼し、どういった遺伝子のプールなのかを調査しました。

その結果一番近い猫種はアメリカン・ショートヘアーで遺伝子の突然変異による発生という結果がでました。

これを受けてアメリカンワイヤーヘアは新猫種として登録団体に申請を行い1978年にはCFAに公認されました。

現在ではアメリカンワイヤーヘアはアメリカン・ショートヘアーの毛質違いの猫と考えられています。

アメリカンワイヤーヘアは未だ頭数が少なく近親交配を避けるために交配の相手はアメリカン・ショートヘアーとするとなっています。

アメリカンワイヤーヘアの容姿

アメリカンワイヤーヘは前述したようにアメリカン・ショートヘアーから派生した突然変異の猫種になります。

体重は3-6㎏ほどでボディタイプはセミコビータイプになります。

猫種の中では中くらいの大きさですが、全体的に重めの体格をしています。

頭は丸くチークは少し高いのが特徴です。

耳は先端に丸みがあり、少しはなれてついています。

少し目は若干つり目で大きさは中くらいで、少し離れてついています。

色はグリーンからゴールド、イエロー、ヘーゼル、カッパーなど様々でオッドアイの子もいます。

鼻は短めで、顔立ちはアメリカン・ショートヘアーによく似ています 被毛はとても独特で、キッチンで鍋の焦げなどをとるときのキッチン用品であるブリロパッドに例えられることもあうくらい硬くワイヤーな毛質をしているのが特徴です。

アメリカンワイヤーヘアの被毛の1本1本は普通の猫と大差ない柔らかさをしているのですが、毛先がカールしていることでこの独特な触り心地の被毛になっています。

被毛の色は多岐に渡ります。

ソリッドカラーからタビ−、シルバー&ゴールデン、スモークアンドシェーデッド、キャリコ&バイカラー、などあらゆるカラーパターンが許容されています。

アメリカンワイヤーヘアの性質

アメリカンワイヤーヘアはアメリカン・ショートヘアーが元となっていますので性格もアメリカン・ショートヘアーによく似て明るく、人懐っこく好奇心旺盛です。

運動量が多く、遊び好きなのでキャットタワーなど設置してあげたり、遊ぶスペースを用意してあげたりしましょう。

基本的には人懐っこいですが、自立心があるため、構いすぎると距離を置かれてしまうこともあり、猫らしさを見れてくれます。

多頭買いについては個体差によりますので、先住動物との相性を見てあげる必要があります。

また、運動量が多いので成長期の食事は高たんぱくな食事を上げることをお勧めします。

抜け毛が少なくみえますが、抜け毛がワイヤーな毛質にひっかかって家の中を舞わない場合が多いです。

そのため週に2-3回は軽くブラッシングをしてあげましょう。

シャンプーは月に1回程度で問題ありませんが、皮膚が脂っぽくなりやすいので皮膚の状態は気を使ってあげてください。

アメリカンワイヤーヘアは非常に珍しい猫種になり、手に入れるのは難しいですが、とても魅力的な猫種になります。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。