猫の皮膚病

目次

猫の皮膚病ってどんな病気?

猫の皮膚病は、犬の皮膚病に比べて多くありませんが、かゆみが強く、一旦治癒したように見えても繰り返してしまうことが多いため、猫自身や飼い主さんにとって非常に大きな悩みと言えるでしょう。

本稿では、猫の皮膚病によく見られる症状や、皮膚病の種類について獣医師が詳しく解説します。

猫の皮膚病の症状と原因

猫の保険について

どうして症状が出るの? 原因は?

猫の皮膚病の主な原因として、食物やノミなどに対するアレルギー、環境中のアレルギー物質によって引き起こされるアトピー性細菌や糸状菌(一般的にカビと呼ばれている生物)などの感染外部寄生虫の寄生ストレスから起こるものが挙げられます。そのため、その原因に対する治療を適切に行わないと、かゆみを始めとする症状が繰り返し起こります。

猫の皮膚病の特徴とチェック項目

猫が皮膚病を起こすと、以下のような症状が見られます。

  • かゆみ
  • 脱毛
  • 発疹
  • 発赤(ほっせき:充血して赤くなること)
  • 潰瘍
  • フケ
  • べたつき
  • 出血
  • 痂疲(かひ:俗に言う「かさぶた」)

単一の症状が起こる場合もありますが、複数の症状が起こることもあります。

猫の代表的な皮膚病と予防

アレルギー性皮膚炎

アレルギーは原因により分類されます。猫の場合は、アレルギーの原因として「食物」「ノミ」が多く見られます。

食物アレルギー

食物が原因のアレルギーは、首から顔をかゆがることが多く、猫にかゆみ止めの内服薬を投与してもかゆみが思ったように治まらないことが少なくありません。そのため、アレルギーの原因になる食物をアレルギー検査で確認して避けるようにします。

ノミアレルギー

ノミアレルギーは、ノミの唾液に対して起こるアレルギー反応ですが、かゆみが激しく、かきむしってしまい傷だらけになります。また、脱毛が起こり、皮膚がジクジクとした状態になってしまいます。これらの症状は、首から肩、腰周囲に多く見られ、粟粒大の発疹を伴います。

ノミの予防を1ヶ月に1回行うことでノミアレルギーを予防することができます。

アレルギー性皮膚炎の特徴、診断や詳しい治療法については、猫のアレルギー性皮膚炎をあわせてご覧ください。

猫のアレルギー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎(過敏性皮膚炎)

花粉やほこりのような環境中のアレルゲン(アレルギーの原因となるもの)に対し、かゆみを始めさまざまな症状を引き起こす皮膚炎をアトピー性皮膚炎と言います。これは、かゆみが強く、繰り返す傾向があります。また、アトピー性皮膚炎の体質は、一般的に遺伝すると言われています。

アトピー発症の予防は難しいですが、アレルギー検査によってアレルゲンを特定し、できるだけ接触の機会を減らすことで、症状の悪化を抑えることは可能です。

菌の感染による皮膚炎

細菌性皮膚炎

細菌性皮膚炎の主な原因は、ブドウ球菌で皮膚の常在菌です。常在菌とは、名前のとおり常に体内に存在している微生物であり、病原性を示さず、程度の数を維持している場合、主に皮膚を守る役目をします。しかし、体調不良や皮膚の抵抗力の低下が起こると悪さをし、皮膚に発疹ができてしまうのです。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は、猫の脱毛を伴う皮膚病で、突然広い範囲で円形脱毛を起こすのが特徴です。糸状菌感染のみの場合、かゆみはひどくなりませんが、細菌が二次感染するとかゆみがひどくなります。また、感染力が強く、治療に時間を要します。

さらに、病原性をもつ糸状菌の中には人に感染するものもありますので、早期発見、早期治療が重要になります。

なお、皮膚糸状菌はもともと皮膚に付着している常在菌で、皮膚の抵抗力がある状態では簡単に発症しません。

細菌性皮膚炎、皮膚糸状菌症の予防にあたっては、ブラッシングを行い定期的にシャンプーし、こまめに皮膚の状態を確認しましょう。

猫の感染症による皮膚炎

外部寄生虫による皮膚炎

外部寄生虫が原因で起こる猫の皮膚病では、「疥癬(かいせん)」「ミミダニ」が代表的です。

センコウヒゼンダニ

疥癬は、「センコウヒゼンダニ」というダニの寄生によって起こる激しいかゆみを伴う皮膚病です。このダニは、皮膚にトンネルを掘り、トンネル内で産卵し生活します。このダニは人にも寄生しますので要注意です。

感染経路は、疥癬にかかっている動物との接触によるものですので、猫を完全室内飼いにし、屋外で感染動物に接触しないようにすることで予防できます。

ミミヒゼンダニ

ミミダニは耳疥癬とも呼ばれ、「ミミヒゼンダニ」というダニが耳の中に寄生し、黒い耳垢が大量に出て、かゆみが強い病気です。感染力が強く、ほかの猫や犬に感染しますが、人に感染することはありません。予防薬で防ぐことができる病気です。

耳疥癬のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「猫の耳疥癬」を併せてご覧ください。

猫の寄生虫による皮膚炎

心因性皮膚炎(ストレス性皮膚炎)

心因性皮膚炎(ストレス性皮膚炎)は、皮膚炎はほかの皮膚炎と異なり、感染や寄生を受けることで起こるものではなく、気持ちの問題から起こる皮膚炎です。解決しがたいストレスから発症したり、小さな傷や感染がきっかけになったりして、同じ部位やその周辺をなめ続けることで起こります。こじれてしまうと治療が難しい皮膚病です。

猫の皮膚病の治療にはどんな方法があるの?

治療は、それぞれの皮膚病の原因に合わせて行います。

アレルギーの場合

アレルギー検査を行い、アレルギーの原因になるもの(アレルゲン)を特定します。アレルゲンに接している限り、かゆみといった症状は治まりませんので、かゆみ止めの薬の効果が切れてしまうとかゆみが再燃します。食物アレルギーの場合は、療法食に切り替えることが必要になります。

細菌感染や糸状菌感染の場合

抗生剤や抗真菌薬を投与すると同時に、可能であれば抗菌成分、抗真菌成分入りのシャンプーで薬浴することをお勧めします。

外部寄生虫の場合

ノミ・マダニの駆除・予防薬の塗布を行いましょう。細菌感染を始めとする二次感染がある場合は、抗生剤の投与を同時に行います。外部寄生虫が原因の皮膚炎は、寄生が起こらないように予防薬を投与しましょう。近年は皮膚に塗布するタイプの薬が主流です。

心因性(ストレス)の場合

気持ちの問題やストレスが原因になりますので、治療しにくく再発しやすいのが特徴です。きっかけがわかれば解決しやすいのですが、原因が不明な場合は、治療が長期に渡る場合があります。精神的に落ち着く作用をもつ内服薬を投与したり、かゆみや違和感を軽減させるために抗炎症薬を投与したりします。

まとめ

猫の皮膚病は、大きく「アレルギー」「アトピー性」「感染症」「寄生虫」「心因性(ストレス)」などに分類されます。かゆみという症状は同じでも、原因によって治療方法が変わります。まず、原因を動物病院で突き止め、それに適した治療を行いましょう。

そのほか気になる猫の皮膚病については、獣医師監修の「猫の皮膚・アレルギーの病気」をご覧ください。

猫の保険について

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類
PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。