猫のアレルギー性皮膚炎

目次

猫のアレルギー性皮膚炎ってどんな病気?

猫のアレルギー性皮膚炎には大まかに分けて3種類あります。それは、「食物アレルギー」「ノミアレルギー性皮膚炎」「環境性アレルギー」であり、まとめてアレルギー性皮膚炎と呼びます。

アレルギーは、かゆみが強いものが多く、かきむしり痛々しい状態になってしまうことがあり、良くなっても同じ症状を繰り返すことが多い病気です。まず、原因は何かを見つけ、それに沿った治療を行うことが大切です。フードの変更や投薬治療が必要になるケースが多いので、獣医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状と原因

どうして症状が出るの?原因は?

猫のアレルギー性皮膚炎は、アレルギーの原因になる「アレルゲン」に触れることで症状が起こります。アレルゲンになるものには、食物、ノミ、環境中のものとさまざまです。また、かゆいという症状は同じでも猫によってアレルゲンは異なります。

食物アレルギーはタンパク質に対して起こることがほとんどです。代表的なアレルゲンは、肉、魚、大豆、小麦、トウモロコシ、ジャガイモ、米です。

本来は食物として消化分解ののち吸収して体を構成する原材料になるものです。しかし、体が食物を有害な異物としてとらえてしまい、攻撃してしまうのが食物アレルギーです。

猫の食物アレルギーは、顔面にかゆさが集中し、かきむしります。首から後ろはかゆがることがほとんどなく、顔面に集中するのが特徴です。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎の原因は、ノミの唾液です。ノミに刺されると、血液を吸う際に唾液が猫の体内に入ります。この唾液に含まれるタンパク質に対して猫がアレルギー反応を起こしてしまいます。腰や首から肩にかけて粟粒性皮膚炎という特徴的な皮膚炎ができ、かゆみがひどいため脱毛も起こります。

環境性アレルギー

環境性アレルギーは、「花粉」「イエダニ」「ハウスダスト」などに対して起こるアレルギーです。このような環境中に当たり前にある物に対してアレルギー反応を起こす場合、接触しないようにすることが非常に難しく治療が難しくなることがあります。

どんな猫が猫のアレルギー性皮膚炎にかかりやすいの?

アレルギーになりやすい猫種はなく、どんな猫もなる可能性があり性差もありません。

外部寄生虫が原因になるノミアレルギーは、家の外に出る猫は出ない猫に比べてかかりやすくなります。また、1歳未満の幼猫と比べるとアレルギーは1歳以上の猫のほうが多いでしょう。

猫のアレルギー性皮膚炎の特徴とチェック項目

次のような皮膚の特徴はありませんか? 当てはまる項目が3つ以上ある場合はアレルギー性皮膚炎の可能性があります。

  • いつも特定のところをかいたり、なめたりしている
  • 被毛の薄いところがある
  • 皮膚が赤くなっている
  • ただれやジクジクしているところがある
  • ブツブツがある

当てはまる項目が多いほど症状が進行していますので、早めに動物病院を受診しましょう。

猫のアレルギー性皮膚炎はどうやって診断されるの?

猫のアレルギー性皮膚炎は次のように診断されます。

視診

視診とは症状のある部分をよく観察することを言います。アレルギーの種類によって発症する部位がある程度決まっていますので、まず、よく観察することが大切です。

皮膚検査

症状のある皮膚の細胞を採取して検査します。採取は、セロハンテープ検査、スタンプ検査、掻爬(そうは)検査、真菌検査などがあります。これらのような検査を行い、症状のある皮膚にどのような微生物や細胞が多いのかを確認します。

「アカラス」や「センコウヒゼンダニ(カイセン)」のような外部寄生虫が発見されることがありますが、特にセンコウヒゼンダニは、かゆみが非常に激しいのでアレルギーと鑑別をする必要があります。

アレルギー検査

アレルギー症状の原因を突き止めるために行う血液検査をアレルギー検査といい、「特異的皮膚IgE検査」と「リンパ球反応検査」の2種類があります。

IgE検査は、即時型アレルギーのアレルゲンを見つける検査です。即時型アレルギーは、反応が起こるまでの時間が15~20分と比較的早く起こります。

リンパ球反応検査は、遅発型アレルギーの検査で、接触してから24~72時間後にアレルギー反応が起こります。

食物アレルギーは遅発型アレルギーに分類されますが、アレルギー検査を行うときには、IgEとリンパ球の両方の検査をお勧めします。それは、IgE検査では問題がなかったものが、リンパ球反応検査ではアレルゲンになることもあるからです。

なお、アレルギー検査を行ったにもかかわらず症状が何も改善しない場合は、アレルギー検査の項目不足である可能性があります。

猫のアレルギー性皮膚炎の治療にはどんな方法があるの?

猫のアレルギー性皮膚炎の治療方法には、食事療法、薬剤投与、シャンプー、環境改善の4つがあります。

食事療法

アレルギーの原因に合わせた処方食が見つかれば、アレルギー対応のフードを試してみてください。食物アレルギーの場合は、食物を変更しなければ、いくら薬を飲んでもかゆみは治まりにくいでしょう。

薬剤投与

薬剤によるアレルギーの改善には、ステロイド、免疫抑制剤、抗ヒスタミン薬を投与します。また、細菌感染があれば抗生剤を併用します。

しかし、猫は内服薬を飲ませるのが難しい場合が多く、長期の投薬が困難になるかもしれません。動物病院では錠剤だけでなく液体や粉にすることも可能ですので、投薬が難しい場合は飲ませ方を獣医師に相談してみましょう。また、投薬が楽になるおやつのようなものもあります。

シャンプー

アレルギー症状がある場合は、皮膚の表面に付着したアレルゲンを洗い流すことで症状が緩和します。細菌や真菌などが二次感染している場合は、さらに、かゆみがひどくなりますので、細菌感染用や真菌感染用のシャンプーを使用しましょう。

シャンプーをする時には、ふわふわした泡でやさしく洗うことが大切です。こするとシャンプー後にかゆみが増すことがあります。

環境改善

ノミアレルギーの場合は、ノミが原因なので、定期的にノミの予防薬を猫に塗布しましょう。

なお、ノミは猫の体の上で卵を産みますが、卵は床に落ち、そこで孵化します。掃除をまめに行い、卵、幼虫、サナギの数を減らすこともノミの被害をなくすためには重要です。ノミの予防薬には卵やサナギが孵化しない効果のある薬もあります。

また、花粉やハウスダストに対してアレルギーのある猫は、空気清浄機を設置することや、窓の開け閉めの際に花粉が入ったり、ほこりが舞い上がったりしないように工夫しましょう。クッションやじゅうたんにも注意が必要です。

猫のアレルギー性皮膚炎は治せるの?

猫のアレルギー性皮膚炎を完治させることは一般的に難しいとされていますが、フード変更や治療、環境の改善などで症状を緩和する方法はいろいろあります。

どうやって予防したらいいの? 症状を緩和するにはどうしたらいいの?

猫のアレルギー性皮膚炎の予防

ノミアレルギーの場合

ノミの予防を必ず行うことが重要です。食物アレルギーや環境に対するアレルギーは予防が難しいのですが、ノミの予防は定期的に予防薬を投与することでほぼ100%可能です。

食物アレルギーの場合

アレルゲンになる原材料の入っていないフードを選ぶことで、症状の緩和、コントロールが可能です。

環境に対するアレルギーの場合

生活空間に当たり前にあるものに対して反応してしまいますので、住環境の工夫や内服薬の投薬が必要になります。

そのほかのアレルギーは、猫が同じ場所をなめたりかんだり、くしゃみを頻繁にしたりするといった行動が見られたら、早めに検査や治療を行いましょう。軽い症状の時にしっかり治療を行うことで症状がこじれ、さまざまなアレルギーが次々に起こるアレルギーマーチの防止につながります。

また、獣医師と相談しながら治療を進めていくことで、多くの場合、ひどいかゆみが緩和され、快適に過ごすことが可能になるでしょう。

そのほか気になる猫の皮膚・アレルギーの病気については、獣医師監修の「猫の皮膚・アレルギーの病気」をご覧ください。

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類
PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。