ソコケ

ソコケのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

ソコケ

かかりやすい病気

猫の保険について

ソコケとは

ソコケは英語でもSokokeと表記されます。

元々は東アフリカのケニアに生息していた猫でアラブコ・ソコケという熱帯雨林の森の中で先住民のギリアマ族とともにずっと暮らしてきました。

ギリアマ族ではギリアマ族言葉で木の皮という意味の「Kadzonzo」という呼び名でよばれていました。

現在では野生のソコケはほぼいないと言われており、ほとんどのソコケが人と生活していると言われています。

ソコケが発見されたのは比較的最近で、1978年にケニア人のココナツ農園の主が発見した珍しい模様の猫を連れてかえってペットとして飼育をはじめたのが最初です。

この時にココナツ農業の取引先の一人がこの猫に興味を持ちました。

当時、アラブコ・ソコケの森の中では希少動物が存在し、保護されていましたがソコケは保護の対象外でした。

このままでは森の中では絶滅を危惧して個体数を増やすべきだと考え、数匹デンマークに連れて帰ったと言われています。

その後、順調に個体数を増やし、1984年にはデンマークの首都であるコペンハーゲンで行われたキャットショーで注目を浴び、1990年にはケニアからさらにソコケを輸入し、遺伝子の幅を広げることに成功しました。

その後も様々な国に送られたソコケたちを基礎としてアメリカなどのでも育成されています。

1993年にはFIFeに登録されたほか、2008年にはTICAでも登録されました。

ソコケの容姿

ソコケは全体的にスタイリッシュなオリエンタルタイプです。

体はしなやかで前脚より後脚が長く、尻尾は鞭のように細く長いです。

前脚より後脚が長いのは野生の猫の特徴にもなります。

体重は3-5㎏程の大きさとしては中くらいの猫種です。

オリエンタルタイプの特徴でもありますが頭部がくさび型で耳は大きく、額は大きいです。

オリエンタルタイプの中では顎は小さいほうではありません。

目の色はアンバーから薄いグリーンまであり、アーモンド型の大きい目をしています。

被毛は短毛でアンダーコートの少ない粗毛です。

模様は木の皮の様といわれるブラウンタビーです。

ブラウンはライトからダークまであります。

タビー模様は独特で、タビーとはいわゆる縞模様で日本にいるトラ柄によく似ています。

また、まれにスノーと呼ばれる白い毛の混ざる毛色も存在しますが、詳細が不明ですのでこの色はまだ公認されていません。

ソコケの性質

ソコケは野生出身の猫になりますので、とても運動量の多い猫になります。

そのため十分に走り回ったり遊んだりできる設備や広さが必要です。

人が好きで飼い主さんと遊ぶのが大好きですので、コミュニケーションをたくさん取ってあげることが大切です。

ほかの犬や猫とも仲良くでき、飼い主に依存するタイプではないので多頭飼育もおすすめです。

落ち着きはないので猫とまったり過ごしたい人には向いていないでしょう。

ストレスには弱いので運動不足やコミュニケーション不足によるストレスは抱えさせないように注意しましょう。

ケニアが原産の猫なので暑さは得意ですが寒さにはとても弱いです。

温度管理のできる室内での飼育は必須です。

洋服を着せるのもいいですが、猫自身がストレスをためるようであればやめましょう。

また気温はストレスの要因にもなりますので気を使ってあげましょう。

特に抵抗がないとしてもジャンプするときに引っかかったりしないようなものを選びましょう。

猫の保険について