下部尿路症候群

猫の下部尿路症候群(FLUTD)とは、下部尿路(膀胱や尿道)の疾患の総称です。

具体的には、尿道や膀胱の結石症(尿石症)、特発性膀胱炎、尿道炎などが挙げられます。

猫の下部尿路症候群にかかりやすい猫種

猫種に限らず、どの猫にもかかる可能性があります。

猫の下部尿路症候群の症状

下部尿路症候群になると、血尿が出る、排尿時に力む、頻尿(少量しか出ない)、排尿時の痛みのため大きな声で鳴く、下腹部をなめる、トイレ以外の場所で排尿する、落ち着きがないなどの症状が現れます。

尿結石症は、上記の症状とさらに、膀胱が結石によって傷ついて痛みが出たり、排尿がしづらくなったりといった症状などが現れます。

また、結石が詰まって尿路閉塞になると、排尿ができなくなるだけでなく、急性腎不全や尿毒症を発症し、深刻な状態に陥ることがあります。

上記の症状に最初に気づいた時に、できるだけ早く動物病院に受診しましょう。

猫の下部尿路症候群の原因

猫の下部尿路症候群の中で、多く見られるのは、特発性膀胱炎と尿結石症です。

通常の膀胱炎は、結石や細菌が原因となります。

しかし、特発性膀胱炎は、明確な原因が不明(特発性)で膀胱炎の症状だけが現れます。

原因不明とはいえ、生活環境やストレスなどが関係していると考えられています。

尿結石にはさまざまな種類がありますが、代表できなものがストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石です。

これらはリンやマグネシウム、カルシウムといったミネラルバランスが崩れてしまった場合や食事の影響で尿が酸性やアルカリ性に傾きすぎると形成されやすくなります。

オスの猫は、メスと比べて尿道が細長いため結石が詰まりやすく、重症化する割合が高いです。

猫の下部尿路症候群の治療法

原因となっている病気をつきとめて治療が行われます。

猫の下部尿路症候群の予防法

トイレを清潔にする

トイレの数を増やしたりすることも大切です。

いつでも水を飲める環境を整える

十分な水を飲ませることが大切です。

しかし、猫は、あまり水を飲まないので、水を与える工夫をしましょう。

具体的には、新鮮な常温の水を、複数のボウルで用意してあげたり、ドライフードに水をかけたり、ウェットフードを与えることでも水分摂取量を増やすことができます。

遊ぶ時間を増やす

ストレスを軽減するために、おもちゃを与えたり、キャットタワーで遊ばせたりするのも良いでしょう。

日頃のケアが大切になります。