糖尿病

膵臓から分泌されるインスリンというホルモン物質が不足、あるいは、細胞がインスリンをうまく受け取れない状態になることで、血液中に含まれる糖分(血糖値)が異常に高くなる病気です。

前者をインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)、後者をインスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)と呼びます。

正常であれば、糖は血流によって運ばれ、インスリンによって細胞に取り込まれます。

しかし、糖尿病になると、血液中の糖濃度は増える一方で、細胞が糖を吸収できず、枯渇してしまうのです。

糖は、体を動かすエネルギーとして使われますが、そのエネルギーが不足するため、全身にさまざまな障害を引き起こします。

糖尿病にかかりやすい猫種

すべての猫種でかかる可能性があります。メスよりオスのほうが多いという報告があります。

猫の保険について

猫の糖尿病の症状

初期症状として、多飲多尿が見られます。

糖尿病になると、糖が細胞に取り込まれず血中にたまり、尿の中に排出されるため、尿の量が増えます。

すると、失った水分を補おうと、水をたくさん飲むようになります。

また、細胞に糖が取り込まれないためエネルギー不足に陥ります。

そのため、食欲旺盛になる一方で、全身にエネルギーが行き渡らない状態が続き、次第に痩せていってしまいます。

糖尿病は進行してくると、細菌性の膀胱炎や皮膚炎を発症し、下記のような症状が現れます。

  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 常に寝ている
  • 毛艶が悪くなる
  • 皮膚の乾燥

さらに、糖尿病が長期化すると、有害なケトン体が血中に増加し、ケトアシドーシスを併発します。

この病気の主な症状は、下痢や嘔吐ですが、重症化すると昏睡や神経障害を発症し、緊急治療が必要になる場合があります。

このほかの合併症として、白内障や網膜症、腎臓病などがあります。

糖尿病の原因

人間と同様に、猫の糖尿病も生活習慣や遺伝、体質が原因となります。

生活習慣としては、肥満や過食、運動不足が挙げられます。

また、慢性すい炎によるすい臓の破裂や加齢による膵臓の機能低下によって、糖尿病が引き起こされる場合もあります。

糖尿病の治療法

インスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)の場合は、血糖値を安定させるために、飼い主が猫にインスリン注射を打ちます。

インスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)の場合は、食事療法と運動療法が最も有効です。

食事療法については、糖質を極端に制限すればいいのではありません。

これでは、栄養バランスを崩し、かえって血糖値を上げてしまう場合があります。

そこで、高タンパクで低炭水化物な食事を与えたり、血糖値の急激な上昇を抑えるために繊維質の多いキャットフードを与えたりして、食事のバランスに注意しましょう。

また、運動療法については、糖尿病の原因である肥満や過食、運動不足を解消、抑制することができます。

さらに、運動を継続することでインスリンの働きが改善されます。

糖尿病の予防法

肥満体にならないよう定期的に体重を測り、猫の適正な体重を保つようにしましょう。

この時、食事制限だけでなく、毎日適度な運動をすることが重要です。

また、早期発見をし、初期段階で治療を開始すれば、重症化や合併症を防止できますので、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

猫の保険について