猫のいびきの原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

猫がいびきをかくのは、どんな原因、病気が考えられるのでしょうか。また、病院に連れて行くタイミング、予防や対処法などを獣医師さんに伺ってみました。

猫が寝ながら出すプープー、グーグーといった、いびきはかわいいですが、ずっと続くようなら、何か怖い病気が潜んでいないか心配になるかもしれません。気になることがあれば、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

猫のいびきの原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

目次

猫のいびきの原因とは?

「いびき」とは、睡眠中の呼吸時に、気道の狭くなっている部分が空気の出入りによって振動することで起こります。人も猫も同様にいびきをかきますが、人の場合は、睡眠時の落ちくぼんだ咽頭によって、猫の場合は、鼻腔内が狭くなることが原因で、いびきが出やすいとされています。どちらの場合も気道が狭くなり、空気の通りが悪くなっていることが直接の原因です。

猫のいびきの原因となる病気とは?

猫のいびきの原因となる病気とは?

―猫のいびきの原因としてどんな病気が考えられますか?

肥満

人間と同様に肥満状態にある猫は、いびきをかきやすくなります。肥満によって蓄積された脂肪組織が気道を圧迫してしまい、いびきが出るのです。

腫瘍

鼻腔内の気道に近い部位に発生した腫瘍は猫の気道を圧迫してしまうため、いびきをかく症状が見られることがあります。腫瘍が原因の場合は、いびきのほかに食欲不振や体重減少などの症状が出ることもあります。

鼻炎

ウイルス感染やアレルギーによって鼻炎や気管支炎を起こしている場合は、呼吸器の粘膜が充血し、腫れてしまうため気道が狭くなり、いびきをかきやすくなってしまいます。

ウイルス感染では、猫ヘルペスウイルス1型 (FHV-1) による感染 (猫インフルエンザとも呼ばれる) がよく見られます。鼻炎や気管支炎が原因の場合は、いびきのほかに、くしゃみや咳、結膜炎などの症状が見られます。

喉頭・気管の異常

猫に先天性や何らかの理由で軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)や、喉頭虚脱(こうとうきょだつ)・気管虚脱などの喉頭・気管の異常があると、いびきをかきやすくなります。

軟口蓋過長

軟口蓋過長とは、口腔の頭側部の硬口蓋(こうこうがい:口の天井部分の骨のある部分)の後方にある軟口蓋(なんこうがい:骨のないやわらかい部分)と呼ばれる部位が通常よりも長い状態のことです。こうした解剖学的特徴から気道が狭くなり、いびきをかくようになります。

喉頭虚脱と気管虚脱

喉頭や気管は軟骨により管腔上(ホース状)の構造を保っています。喉頭虚脱と気管虚脱とは、外圧や過剰な陰圧により、これらの軟骨がへたってしまい、管腔上の構造を保てなくなってしまう状態のことです。猫がこれらの病気になると、吸気時の陰圧に耐えられず、気道が狭くなってしまい、いびきをかくようになります。

いびきをかきやすい猫種とは?

いびきをかきやすい猫種とは?

―いびきをかきやすい猫種について教えてください。

いびきをかきやすい猫種は、チンチラ、ペルシャヒマラヤンエキゾチックショートヘアなどの短頭種が該当します。これらの猫の特徴は、マズル(口の周辺と鼻先にかけての部分)が短い、いわゆる"鼻ぺちゃ"であることです。

―それらの猫種がいびきをかいやすい理由とは何ですか?

品種改良によって生み出された短頭種の猫は、先天的に次のような解剖学的構造とそれに起因する障害が見られます。

  • 鼻の孔や鼻腔が狭くなっている
  • 咽頭や喉頭から喉にかけて短く狭い
  • 軟口蓋過長、喉頭虚脱、気管虚脱が起こりやすい

短頭種の気道障害は、総称して「短頭種気道症候群」と呼ばれ、重症化すると呼吸困難や体温調節がうまくいかず、命にかかわる場合があります。

猫のいびきで、こんな症状ならすぐ病院へ

心配のいらない猫のいびきの症状

―私たち人間もいびきをかくことがありますが、心配のいらない、無害ないびきというのは、どのようなものでしょうか?

猫が寝ているときに寝息とともに、一定のリズムで「ピーピー」や「ピスピス」といった小さく高い音のいびきは正常の範囲で問題ありません。猫が安心して熟睡しているときに、こうしたいびきをかくのは自然なことです。

受診を強く勧める猫のいびきの症状

―危険ないびきの見分け方について教えてください。

低く大きな音のいびきや、呼吸が一定でないいびきは注意が必要かもしれません。また、寝ているときだけでなく、起きている時にもいびきのような呼吸音が聞こえる場合、気道に何らかの異常があることが考えられます。このような症状がある場合、動物病院に連れて行って獣医さんに相談してみてください。

猫のいびきの対処法

猫のいびきの対処法と予防法

―猫のいびきが止まらない、音が大きい場合は、どう対処すればいいのでしょうか?

猫のいびきは、通常それほど音が大きなものではないので、病気でなければ気にする必要はありません。しかし、様子がおかしいようなら、まずは獣医さんに相談して原因を探ってみてください。

また、家庭でできる対処法としては、環境面と健康面から次のようなことを参考にしてください。

環境改善

アレルギーが原因と場合はアレルゲンを取り除いてください。

ダイエット

肥満が原因で猫がいびきをかいている場合はダイエットをさせましょう。人間と同様に肥満はいろいろな病気の原因になり得ます。そこで、おもちゃやキャットタワーなどを用意して、猫に運動をさせてください。重度の肥満の場合、ダイエット食を処方されることがあります。

―病気の場合は、どのように治療するのですか? また、家庭ではどのよう点に注意したらいいのでしょうか?

感染症が原因の場合

感染症が原因で猫が鼻炎や気管支炎を起こしている場合は、抗炎症薬や気管を広げる薬を投与し、症状を緩和できます。また、ほかの猫にうつるので、複数の猫を飼っている人は隔離するなど注意してください。

腫瘍が原因の場合

猫の腫瘍を切除することもありますが、主に抗がん剤治療が行われます。

軟口蓋過長や喉頭虚脱・気管虚脱の場合

軟口蓋過長や喉頭虚脱・気管虚脱は、吸気時に生じる気道内の過度の陰圧が症状を悪化させます。そのため、興奮させて呼吸を激しくさせないようにすれば、症状の悪化を防げます。

また、起きているときの呼吸音にいびきのような音が混じっていないかを確認してください。症状が重篤な場合は、外科的手術が必要になるので、悪化させないようにすることが大切です。

猫のいびきの予防

―猫のいびきを予防するには、どうしたらいいですか?

いびきは健康な猫でもかきますので、あまり気にする必要はありません。また、肥満や感染症が原因となるいびきは防ぐことができるので、猫に適度な運動と適切な生活環境を整えるようにしましょう。

まとめ

正常な猫のいびきはかわいものですが、いびきが何らかの体の異常を示している場合があります。気になることが少しでもあれば、動物病院を受診し、獣医さんに相談してみてください。

そのほか気になる猫の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「猫の症状」を併せてご覧ください。

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類