喘息

ハウスダストや花粉などのアレルギーはもちろんのこと、冷たい空気や環境の変化などストレスや不安でも、喘息の発作が出ることがあります。

猫の喘息は完治させることを目的とするよりも、喘息の発作を出さないことを目的として治療することが一般的です。

喘息にかかりやすい猫種

すべての猫種でみられますが、シャム猫に多いと言われています。

猫の保険について

猫の喘息の症状

猫の喘息は、発作的な呼吸困難や咳などの症状がみられます。

喘息の発作がひどいときには呼吸不全に陥り、命にかかわることもあります。

咳の種類は素人目には判断がつきづらいことがありますので、一時的であっても咳の症状が見られる場合は速やかに獣医師の診察を受けましょう。

猫の喘息の主な症状は、以下の通りです。

  • 呼吸困難(ゼーゼーという乾いた呼吸音がする)
  • くしゃみ
  • 吐く仕草(吐瀉物はない場合が多い)
  • チアノーゼ(酸欠状態、口の中が青白い) など

猫の喘息の原因

猫の喘息を引き起こす原因のほとんどが、日常生活にある些細なことがきっかけだといわれています。

一般的に猫の喘息の原因といわれているのは、以下の通りです。

  • 冷たい空気
  • 感染症(ウイルス、細菌、マイコプラズマ、寄生虫によるもの)
  • タバコの煙
  • ハウスダスト
  • トイレの埃
  • 暖炉の煙
  • 家庭で臭いを発するもの(芳香剤、カーペットクリーナー、脱臭剤、ヘアスプレーなど)
  • ハウスダストマイトや花粉など

猫の喘息の予防と早期発見

猫の喘息は、発作によって呼吸困難に陥っている場合を除いて、基本的には症状を軽減させることを目的とした治療が行われます。

完治させることを目的とするよりも、喘息の発作を出さないことを目的としているためです。

環境の変化や人の気持ちにも敏感な動物ですので、猫ちゃんが喘息と診断された場合は原因を見つけ出し、解決してあげることで喘息の発作を軽減することができます。

猫ちゃんが頸を伸ばしてうずくまり咳をしているときは、できるだけ速やかに獣医師の診察を受けましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。