スフィンクス

スフィンクスのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

スフィンクス

かかりりやすい病気

  • 皮膚病
  • 肥大性心筋症
  • 耳疥癬

スフィンクスとは

スフィンクスの起源は1966年にカナダの最大都市であるトロントで長毛種のイエネコから突然変異で誕生した無毛の猫がスフィンクスの始まりと言われています。

その後、デボンレックスと交配され現在に至っています。

当時はカナダで産まれたことから「カナディアン・ヘアレス」などと呼ばれていましたが、外貌がエジプトのスフィンクス像に良く似ていることから「スフィンクス」と名づけられました。

また、有名なSF映画の「ET」のモデルになった猫でもあります。

無毛の猫の中では一番有名で人気の猫種になります。

スフィンクスの容姿

スフィンクスは一言でいうととても神秘的な外貌をしています。スフィンクスの一番の特徴は毛がないというところになります。

毛がないといっても全くの無毛ということではなく、産毛が全身に生えています。

また猫の平衡感覚を司るひげがないのも大きな特徴になります。

スフィンクスはセミフォーリンタイプ(やや小さめの細身体系)になります。

筋肉質な体つきをしていて、体重は雄で4kg~6.5kg、雌で2.8kg~5.5kgくらいになります。

これは一般的な猫の体重と同じ位になります。

体の色はブラック、ホワイト、チョコレート、シナモン、レッド、ブルー、ラベンダー、フォーン、クリームと様々あります。

頭は丸みのある逆三角形で、目は大きなつり目が特徴になります。

また、大きな耳も特徴の一つです。

スフィンクスの性質

神秘的な外見とは裏腹にスフィンクスは非常に遊び好きなところがあります。

また頭が良く好奇心旺盛なのでいたずらすることも多々あるかもしれませんが、ダメなことはしっかりと教えてあげましょう。

個体にもよりますが、一般的に人に対しても他の動物に対しても仲良くできると言われています。

そのため来客によるストレスなどは感じにくいと言われています。

スフィンクスと一緒に生活するときに一番気をつけなければいけない事は環境です。

スフィンクスは運動量の多い猫になりますので、運動ができる環境は整えてあげる必要があります。

キャットタワーなど上ったりする運動ができる遊具は必要になります。

ヘアレスになりますのでブラッシングは必要ありません。暑さにも寒さにも弱く、紫外線にも気をつけてあげる必要があります。

毛がないため皮膚に皮脂や汚れが溜まりやすく定期的に蒸しタオルで全身を拭いてあげたり、シャンプーをしてあげたりする事は大切で、特に皺の部分は汚れが溜まりやすいのでしっかりケアしてあげましょう。

また、家の中の材質なども気をつけてあげてください。

皮膚が露出しているためちょっとした観葉植物などでもケガをしてしまうことがあります。

猫同士の喧嘩でケガをしやすいので多頭飼いはあまりおすすめできません。