猫のうんちに血が混じる。血便は病気のサインであり胃腸炎の可能性大

猫のうんちに血が混じっている、血便の原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。また、予防や対処法、飼い主さんが心がけたいことなどを獣医師さんに伺ってみました。

人も猫もうんちは健康のバロメーターであり、体調によって、固い、やわらかい、色などが変化します。猫が血便を出していたら、何かの病気のサインかもしれません。すぐに獣医師さんに相談しましょう。

猫のうんちに血が混じる。血便は病気のサインであり胃腸炎の可能性大

犬の保険について

目次

血便の色によって出血箇所を推定

―猫のうんちに血が混じっているようなのですが大丈夫でしょうか?

うんちに血が混じっているということは血便ですかね。うんちに混じっている血の色で出血している部位がある程度推定できます。

鮮やかな血の色(鮮血)

大腸や肛門付近からの出血の場合。

真っ黒い色のうんち(タール便)

小腸や胃が原因の場合、腸管内の細菌によって血液が酸化してタール状の真っ黒い色のうんちが出ます。

猫の血便の主な原因、考えられる病気とは?

血便の原因となる病気はいくつかあります。まずは、細菌・寄生虫・ウイルス感染やアレルギーによって引き起こされる胃腸炎は、炎症がひどくなると腸管壁から出血して血便が出ます。また、うんちに粘液が混じっていたり、下痢になったりといった症状が見られます。

―胃腸炎の原因と起こりうる症状、また、注意事項について詳しく教えてください。

細菌感染による胃腸炎

細菌感染による胃腸炎が原因の血便の場合は、嘔吐や下痢が見られることが多く、うんちの臭いが普段とは異なり、悪臭がすることがあります。

血便の原因は、細菌・寄生虫・ウイルス感染やアレルギーによる胃腸炎

細菌感染としてよく見られるのがサルモネラ菌です。サルモネラ菌は健康な猫の場合、あまり問題になりませんが、幼い猫や高齢の猫など免疫力が弱いと、症状が重篤化する場合があります。

寄生虫による胃腸炎

寄生虫では、鉤虫やトキソプラズマが血便の原因となりえます。通常、トキソプラズマは猫の場合、不顕性感染(症状が出ない感染)を起こしますが、免疫力が低下していると血便に加えて食欲不振や下痢などの消化器症状が見られ、症状が重篤化することがあります。

  • 鉤虫(こうちゅう):1.5cm以下の寄生虫で腸の粘膜に咬みつき血液を吸う
  • トキソプラズマ:幅2-3μm、長さ4-7μmの単細胞の寄生原虫

致死率70%超えの猫パルボウイルス感染症はワクチンで予防

―ウイルスが原因の場合で気を付けなければいけない病気はありますか?

猫で怖いのは猫汎白血球減少症とも呼ばれている猫パルボウイルス感染症です。感染した場合、免疫をつかさどっている白血球の数が減少し、食欲不振、嘔吐、血を含む下痢、発熱、脱水などの症状が見られます。

猫パルボウイルス感染症は、致死率が70%を超えるうえに、ウイルスの環境抵抗性(ウイルスが環境下で安定したまま感染力を維持する性質)や感染力が非常に高く危険な病気ですが、ワクチンで予防することが可能です。

免疫力の弱い子猫は感染症に厳重注意

―猫を多頭飼いしている場合、また、外出を自由にしている猫の場合、病気がうつることはないでしょうか?

感染性の胃腸炎や猫パルボウイルス感染症の場合は、うつる可能性があります。これらの病気は、子猫の血便の原因としてよく見られるものです。

子猫の場合は、免疫力がまだ弱く症状が重篤化しやすいので、検査の結果で感染性の原因が否定できるまでは、ほかの猫に接触させないようにしてください。

また、前述のとおり猫パルボウイルスはワクチンで感染を予防できますので、必ず接種するようにしましょう。

異物誤飲や老猫の場合は腫瘍からの出血である可能性も

―ほかに血便の原因となる病気はありますか?

異物を飲み込んだ場合にも血便が見られることがあります。異物誤飲では、針状の鋭利な物を飲み込んでしまうと、腸管を傷つけて出血を起こします。

また、ひも状の異物を飲み込み腸管内に引っかかってしまうと、腸の蠕動(ぜんどう:内容物を動かす)運動にともなって、腸がひも状の異物に沿ってアコーディオンのようにたぐり寄せられてしまいます。これによって、腸管穿孔や腹膜炎などが引き起こされ、緊急手術が必要となる場合があるので注意が必要です。

異物誤飲や老猫の場合は腫瘍からの出血である可能性も

老齢の猫の場合では、消化器にできたリンパ腫を始めとする腫瘍によって出血を起こすことがあり、これも血便の原因になりえます。

また、肛門付近が何らかの理由で傷ついていて、排便時にうんちの表面に血が付着することもあります。

動物病院で行われる検査と治療法

―検査や治療はどのようなことが行われますか?

うんちの中に病原体がいるかどうかを調べたり、猫の体をレントゲン検査や超音波検査によって異物や腫瘍の有無を調べたりします。

また、原因に応じて次のような治療を行います。

  • 感染症胃腸炎が原因の血便の場合は、感染症に対する治療(抗生物質や抗寄生虫薬の投与)を行うとともに、脱水に対する治療として皮下輸液や点滴を行います。
  • アレルギー性の胃腸炎の場合では、絶食を行うことがあります。
  • 腸管の出血の原因が異物や閉塞であった場合は、緊急で手術が必要になることがあります。
  • 腸管内にできた腫瘍が原因の場合は、腫瘍に対する治療(抗がん剤治療や外科手術による切除)を行います。

猫の血便を見つけたら飼い主さんがすべき対処法

うんちを持参し、動物病院で糞便検査を

―猫のうんちに血が付いているのを見つけたとき、受診前に準備をしておいたほうがいいことはありますか?

うんちに血が付いていたり、猫のトイレに血が付いていたりしているのを見つけた場合は、うんちを持ってきていただければ糞便検査をすることができます。

できるだけ新鮮なうんちを空気に触れないように密閉できる容器(タッパーや口を閉じられる袋)に入れて持ってきてください。直接うんちを持ってくるのが困難な場合は、写真に撮ってきていただくだけでも診断の手助けになります。

―家で行ったほうがいい対処法はありますか?

獣医さんの指示に従って通院・投薬を続けてください。また、血便が続くと猫の体力を奪っていきますので、安静にできる環境を整えてあげてください。

猫の血便を見つけたら、うんちを持参し動物病院で糞便検査を

血便は病気のサイン。すぐに動物病院へ

―また血便が見られたら、緊急を要する場合と様子を見てもいい場合の見分け方はありますか?

血便は明らかな体の異常であり、重篤な症状のサインであることが多いので、ほかに症状が出ていないかを記録し、すぐに獣医さんに見せにきてください。

見分け方としては、うんちの中まで血が混じっている場合は、消化管からの出血が原因なので早めの受診をお願いします。また、下痢や食欲不振、元気がなく、ぐったりしているなどのほかの症状が認められた場合も緊急性の高い病気の可能性がありますので、獣医さんに速やかに相談するようにしましょう。

血便かどうか判断できない場合でも、獣医さんが判断してくれますので気軽に相談してください。

犬の保険について