猫の下痢の原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

猫が下痢を繰り返すと飼い主さんとしては心配です。猫が下痢になる原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。また、予防や対処法、飼い主さんが心がけたいことなどを獣医師さんに伺ってみました。

しばらく様子を見ていれば治るだろうと思っていたら、症状が悪化してしまうかもしれません。猫に気になる症状が見られたら、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

猫の下痢の原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

犬の保険について

目次

猫の下痢の種類

―猫が下痢になってしまい、心配です。

下痢とは?

下痢とは、消化管の何らかの異常により、健康時の正常の便と比較して水分量の多いゲル状、または液体状の便が出る状態のことを指します。

―下痢といっても状態や色など種類があると思います。獣医さんに相談する意味でも、それらについて教えてください。

便の状態や下痢の症状の期間により、次のように分類されます。

軟便

通常の便に比べて水分量が多く、半固形状の便を軟便と呼びます。泥のような形状をしていることから泥状便とも呼ばれます。

正常な便は、水分量が70から80%ほどですが、軟便では80から90%ほどの水分を含みます。また、正常の便は固くコロコロしていますが、軟便の場合は形が保たれていないか、保たれていても容易に崩れてしまします。

水様便

軟便以上に水分含有量が多くなり(水分量が90%以上)、液体状の便を水様便と呼びます。

血便・血様便

便の中に血液が混じっている場合は、血便・血様便と呼びます。大腸のように肛門から比較的近い部位からの出血の場合には、血の赤色が混じった便になります。また、小腸以前の消化管からの出血の場合は、腸内細菌によって血液に含まれる鉄分が酸化され、黒色のタール状の便(タール便とも呼ばれる)になります。

小腸性の下痢

下痢の原因が小腸にある場合は、食べたものの消化・吸収が悪くなってしまうために便量が増加し、便の中に未消化物を認めます。

大腸性の下痢

下痢の原因が大腸にある場合は、食べたものが小腸で消化されているので未消化物はあまり見られません。しかし、大腸での水分の吸収が悪くなっているために、「しぶり」(便意があるのにほとんど便が出ない状態、排便後に残便感がある)が見られ、便中に大腸から過剰に分泌された粘液が多く含まれます。ひどい場合には血便が認められます。

急性の下痢

急性の下痢の場合には、突然下痢になってから1週間ほどで症状が治まります。

慢性の下痢

慢性の下痢の場合は、症状が数週間に渡って継続します。また、栄養・水分の吸収が悪くなってしまうので、体重減少を始め栄養状態が悪くなってしまいます。

猫の下痢の原因とは?

猫の下痢の原因とは?

―猫の下痢の原因としてどんなものが考えられますか?

ストレスによる下痢

人と同様に猫もストレスによって下痢になることがあります。引っ越しや家族・ペットが増えるなどの生活環境の変化からストレスによる下痢になります。

異物の誤飲・誤食による下痢

洗剤や殺虫薬などの化学物質を誤飲・誤食した場合には、中毒性の下痢となることがあります。

食事による下痢

ごはんを食べすぎた場合や、ペットフードを変えた場合、人の食べ物を食べた場合などにより、消火・吸収不良から下痢になる場合があります。

薬による下痢

抗生物質のような一部の処方薬は、副作用として下痢の症状が出る場合があります。

これらのほか、感染症や内臓疾患、アレルギーといった病気が下痢の原因として考えられます。

猫が下痢を起こす病気とは?

―猫が下痢をする病気として、どんなものがありますか?

感染による下痢

感染性下痢は、ウイルス性・細菌性・寄生虫性のものに分類されます。

ウイルス性感染

ウイルス性の下痢では、パルボウイルス感染による猫汎白血球減少症やコロナウイルスによる猫伝染性腹膜炎が代表的です。

細菌性感染

細菌性の下痢は、サルモネラ菌や大腸菌など原因はさまざまです。

寄生虫感染

寄生虫性の下痢では、トキソプラズマや線虫などが原因になります。

感染性の下痢の場合は、便検査を行うことでウイルス、細菌、寄生虫の有無を検査し診断します。なお、免疫力が弱くなっている子猫や老齢猫などの場合は、症状が重篤化しやすい傾向にありますので注意が必要です。

食物アレルギーによる下痢

人間と同様に食物アレルギーによって下痢を引き起こす場合があります。診断にはアレルゲンを特定する検査が必要です。

内臓疾患による下痢

肝炎や胆管炎などの肝臓・胆のうの病気、膵炎のような膵臓の病気の場合、消化酵素が正常に分泌されないことにより、下痢の症状が出る場合があります。

猫の膵炎や肝炎については、獣医師監修の「肝臓・膵臓の病気」を併せてご覧ください。

また、腸管内にできた腫瘍によって下痢の症状が出る場合もあります。慢性の下痢の原因として自己免疫疾患の一種である炎症性腸疾患(IBD)と呼ばれる病気もあります。

内分泌系の病気による下痢

甲状腺機能亢進症のような一部の内分泌系の異常も下痢の症状を示します。

猫の内分泌系の異常については、獣医師監修の「内分泌系の病気」を併せてご覧ください。

内臓疾患や内分泌系の病気の診断にあたっては、X線検査や超音波検査などが必要になる場合があります。

猫が下痢をしたときの対処法

猫が下痢をしたときの対処法

様子を見ていい猫の下痢の症状

―どの程度の下痢であれば、様子を見てもいいですか?

下痢が一過性で、元気で食欲が普段どおりにある場合は様子を見てもいいと思いますが、何か少しでも気になることがあれは、動物病院を受診し獣医さんに相談するのが無難です。

病院に行くべき猫の下痢の症状

―動物病院を受診すべき状態について教えてください。

以下に見られるような症状があれば、動物病院を受診してください。

  • 下痢が何日も続いている
  • 食欲や元気がない
  • 嘔吐のような消化器症状が認められる
  • 血便が出ている
  • 下痢に粘液が多く含まれていたり、しゃばしゃばの水様便であったりする
  • 幼齢猫である

下痢は一般的に見られる症状ですが、上記に挙げられているような場合、水分の吸収ができずに脱水症状に陥ってしまう場合があり、命の危険があります。

―受診の際、どんな用意をすればいいですか?

下痢のほかに何か症状が見られていた場合は、それを獣医さんに伝えてください。また、可能ならば便を動物病院に持って行ってください。その際は、できるだけ新鮮な便を密閉できる容器に入れるといいでしょう。

便を持って行けない場合は、写真に撮り、どんな色や臭いをしているかを記録して獣医さんに伝えると診断の手助けになります。

猫の下痢の治療について

―動物病院では、猫の下痢をどのように治療するのですか?

猫が下痢を起こしている場合、水分の吸収量が低下しているために脱水症状に陥りやすいので注意が必要です。そのため、脱水傾向が見られれば、輸液によって脱水状態の回復を第一に行います。次に、下痢の原因に対応した治療を行います。

  • 異物の誤飲・誤食が原因の場合は、胃洗浄や吸着剤を用います
  • 感染が原因の場合には、抗生物質や駆虫薬を投与します
  • 食物アレルギーが原因の場合は、アレルゲンの含まれていない食事を処方する場合があります
  • 内臓疾患が原因の場合は、その原因疾患に対する治療を行います

―治療中の食事や住環境は、どのようにすればいいですか

獣医師から処方食が出ている場合には、それ以外のものを与えないようにしてください。また、猫が安心してくつろげるようなスペースを確保し、安静にできる環境を整えてください。

猫の下痢を予防するには?

猫の下痢を予防するには?

―予防法や飼い主が日ごろから気を付けるべきことを教えてください。

環境面

急にペットフードを変えたり、ストレスがかかるような環境の変化があったりした場合には、猫の様子を注意深く観察することで、下痢を含む何らかの体の異常を見逃すことが少なくなります。

人間の食べ物を猫に与えない

また、人間の食べ物は下痢の原因になるほか、腎臓に負担がかかり、いろいろな不具合を猫に引き起こすので与えないようにしてください。

感染性の下痢を避けるためにワクチン接種と室内飼いを

感染性の下痢、特にウイルス性の下痢の場合、ワクチン接種によって防ぐことができるものもあるので、ワクチンはきちんと接種するようにしてください。

また、感染性の下痢は、ほかの猫と接触することで伝播する可能性があるので、猫は完全室飼いにして外に出さないようにすることをお勧めします。加えて、複数猫を飼っている場合は感染が広がる可能性があるので、感染性の下痢をしている猫を隔離するようにしてください。

まとめ

下痢は一般的に見られる病気の症状ですが、処置せずに放っておくと命にかかわる場合もあるので、気になる症状がある場合は、気軽に獣医さんに相談してください。

そのほか気になる猫の症状については、獣医師監修の「猫の症状」をご覧ください。

猫の保険について

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類