猫の口臭の原因となる病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

猫の口臭が気になる原因として、どんな病気が考えられるのでしょうか。また、病院に連れて行くタイミング、予防や対処法などを獣医師さんに伺ってみました。

近付いてきた愛猫の口が臭いのは、飼い主としてショックな出来事でしょう。でも、猫の口が匂うのは食事のせいだろうと放っておいたら、口内環境がどんどん悪化して歯を失うなんてことが起こるかもしれません。人も猫も口内の健康は、全身に関与する非常に大切なものです。猫の行動やふるまいに異常や変化を感じたら、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

猫の口臭の原因となる病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

目次

猫の口臭の原因・病気とは?

―猫の口臭の原因としてどんな病気が考えられますか?

口内環境の悪化

まずは口腔内の環境悪化があると考えられます。そのような病気として挙げられるのが、歯周病、歯肉口内炎、口腔内腫瘍などです。これらの病気が起こると口腔内に炎症が起こります。

口腔内に炎症が起こると、剥がれた口腔粘膜の細胞や唾液、歯垢の中のタンパク質やアミノ酸が口腔内細菌により分解されて、硫化水素を始めとする腐った卵のような臭気の揮発性ガスが発生し、口臭となります。

歯周病

歯周病は猫全体の80%に認められ、犬でも猫でも多い疾患です。食渣(しょくさ:食べかすのこと)が口腔内細菌により分解されると、副産物である歯垢ができます。この歯垢中の細菌によって引き起こされる歯ぐき(歯肉)の炎症「歯肉炎」と、歯が埋まっている顎の骨にまで炎症が広がる「歯周炎」を合わせて歯周病と呼びます。

歯周病を放置すると、口臭のほかにもさまざまな症状が現れます。例えば、口と鼻の間の骨が溶け、つながってしまう口鼻瘻管(こうびろうかん)になると、鼻の粘膜を刺激し、くしゃみや鼻水、鼻血が出るようになってしまいます。また、歯瘻(しろう)と呼ばれる穴が口腔粘膜にできると、皮膚につながり、目の下から膿が出てくることもあります。さらに、下顎の骨が溶けてもろくなると、骨折を引き起こすことがあります。加えて、細菌が血液の流れに乗り、肺や肝臓、腎臓や心臓の病気に関与する可能性もあるのです。

―歯周病は、口の中のことだけに限らず、全身にかかわる重大な病気ということですね。

猫の口臭の原因・病気とは?

歯肉口内炎

口腔内炎症の原因として猫に多く見られるのが歯肉口内炎です。過去の報告では、無作為に選ばれた猫の6.4~7.1%がこの病気にかかっているとありますが、日本の動物病院では日常的によくある病気と言えるでしょう。

歯肉口内炎は、口腔粘膜の激しい慢性的な炎症で、歯ぐきがえぐれてしまう潰瘍や、歯ぐきにできもの(腫瘤)ができます。

―歯肉口内炎の原因は何ですか?

この病気は免疫機能の衰えが原因とされ、猫カリシウイルス猫ヘルペスウイルスといった粘膜に感染するウイルスによるものと考えられています。実際に、歯肉口内炎の猫の50~100%が猫カリシウイルスに感染していたというデータがあります。

これらのウイルスは猫の結膜や鼻粘膜、口腔粘膜や喉の粘膜に感染し、目やに、くしゃみ、鼻水、咳などを引き起こしますが、口腔内の環境も悪化させ、細菌が悪さをしやすくしてしまいます。

また、歯肉口内炎は、猫エイズウイルス猫白血病ウイルスの感染により発症すると考えられています。それを示すデータとして、歯肉口内炎の猫の52~81%が猫エイズウイルスに、4~16%が猫白血病ウイルスに感染していたという報告があります。猫エイズや猫白血病は猫の免疫機能を低下させるため、口腔内にいる常在菌が過剰に増殖して起こるとされています。

口内炎のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「猫の口内炎」を併せてご覧ください。

口腔内のがん(腫瘍)

そのほか、口腔内に発生したがん(腫瘍)でも口腔内に炎症が起こり、口臭が発生します。猫で口腔内に発生する腫瘍で圧倒的に多いのは、扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)であり、前口腔内腫瘍の60~80%を占めています。ある研究ではタバコの煙が、猫の口腔内扁平上皮がんのリスクを増大させていると報告されています。

扁平上皮がんは口腔粘膜で発生し、その下の骨にまで広がります。すると、口腔内に腫瘤(しゅりゅう)や潰瘍ができたり、よだれが多くなったりします。また、飲み込みが困難になる、がんからの出血が唾液に混じるといったこともあります。さらに、骨が侵されると顎の骨折を引き起こし、顎が閉じなくなってしまいます。

―口内の環境悪化以外にも何か原因はあるのですか?

内臓疾患

腎臓が悪くなると猫の口臭が強くなることがあります。腎臓から排出される老廃物である尿素窒素がうまく排出されないと、高窒素血症となり、口腔内の炎症が助長される可能性があります。また、胃や腸が詰まっている場合には、消化管の内容物が先に進めないために、その臭気が上がってくることがあります。その場合には、ひどい嘔吐といった症状が伴います。

食べ物

食べ物は口臭と大いに関係があると言えます。実際に、缶詰タイプのフードを主食にしている猫では、ドライタイプのフードと比較して、一般的に歯垢・歯石の付着の程度が高くなります。そのため、歯周病の発生率が高くなると報告されています。

そのほか

顎の骨が折れてしまった場合にも口腔内に炎症が生じて口内炎ができます。これによって猫の口が匂うようになります。

猫に歯周病や口腔内がん、内臓疾患の症状が見られたらすぐ病院へ

猫に歯周病や口腔内がん、内臓疾患の症状が見られたらすぐ病院へ

歯周病や歯肉口内炎、口腔内のがん、内臓疾患といった病気は、いずれの場合も早めに動物病院を受診したほうがいいでしょう。

歯周病は軽度の場合、それほど強い症状を示しませんが、重度になると厄介な症状が多いため、早めの対処をお勧めします。また、これらの病気は多くの場合、食欲が低下します。猫は、ほかの動物に比較して空腹に弱い動物です。何らかの病気により食欲不振になった猫は、エネルギーを作り出すために肝臓の能力を超えて体内の脂肪を肝臓に集めてしまい、脂肪が肝臓に蓄積してしまう肝リピドーシスという状態に陥ってしまうからです。

猫の口臭予防と対策とは?

―猫の口臭を予防するは、どうしたらいいですか?

猫の口臭予防

猫の口臭は、感染症により悪化する可能性が高いので、感染しないようにワクチンを接種し、屋内飼育の徹底が望まれます。また、フードをドライタイプにすると、缶詰タイプと比較して口臭予防につながるでしょう。

―すでに虫歯になっている、または歯肉口内炎が進行してしまっている場合は、どのような治療を行うのですか?

歯周病対策

歯周病の治療としては歯垢や歯石を除去することが挙げられます。また、歯周病により動揺している歯は抜く必要があります。治療を行えば、その後の生活の仕方にもよりますが、悪化を防ぐことができます。

歯肉口内炎対策

歯肉口内炎の治療は非常に困難です。抗生剤の投与で口腔内細菌を抑制しますが、これで改善がなければ、全身麻酔下で猫の歯垢や歯石を除去し、歯周炎の程度がひどい部位の歯を抜くと改善が認められます。もし、あまりにも程度がひどい場合は、すべての歯を抜かなければなりません。しかし、これによって、完治、あるいは顕著に口腔内の炎症が減少します。それでも改善しない場合には、ステロイドといった消炎剤を使用します。また、炎症部位を炭酸ガスレーザーで焼くと改善することがあります。

猫の口臭予防と対策とは?

―扁平上皮がんに対しては、どんな治療法を取るのですか?

扁平上皮がん

扁平上皮がんの場合には、猫の上顎や下顎ごと、がんを切除する必要があります。切除すると痛みがなくなり、非常に生活しやすくなります。一方で、食餌をとれなくなってしまうので、猫の食道や胃にチューブを設置しなければなりません。しかし、扁平上皮癌は非常に浸潤性が強く(広がりやすい)、切除しきれない場合が多く、再発のおそれがあります。

まとめ

猫の口臭の原因となる病気の多くは、放置すると厄介な症状を引き起こします。可能な限り予防を心がけ、猫の口臭が気になる場合には動物病院を受診しましょう。

そのほか気になる猫の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「猫の症状」を併せてご覧ください。

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類