脱臼

骨折に近い症状がみられ、骨折は骨が折れた状態を指し、脱臼は骨が関節から外れた状態のことを言います。

脱臼には「膝蓋骨脱臼」など発症した部位によって種類が分かれていますが、ここでは一般的に脱臼全体についての説明になります。

脱臼になりやすい猫種

猫の保険について

猫の脱臼の症状

猫が脱臼した際にみられる症状として、足をかばったような歩き方、関節等に腫れている部位がある、運動や遊びをしたがらないなどが見られますが、骨折などと違い出血が伴わないため、初期症状の場合気づきにくい事もあります。

もちろん痛みがあるので神経質になり、触られることを嫌がるようになります。

尻尾の脱臼になると、排泄がうまくできないこともあります。

重度の脱臼になると、すぐに関節が外れたり、骨の変形に発展してしまったり、元の位置に戻せなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

年齢問わず、歩き方が普段と違う、触られるのを嫌がる、トイレの失敗をするなどの症状が見られた際にはお近くの動物病院に相談、受診してください。

猫の脱臼の原因

原因の多くは交通事故と落下事故によるものです。

骨折でも説明しましたが、猫は運動神経が高く、骨折や脱臼にならないと思われがちですが、交通事故や高いところからの落下、着地する場所がコンクリートなどの硬い場所では猫でも発症する可能性はあります。

子猫の場合は、その小ささから存在に気づかず物に挟まれてしまったり、一緒に寝た際に寝返りを打ってしまったりしたことが原因でなってしまうこともあるので、子猫の時は骨折のリスクも含めて要注意です。

また肥満体質も脱臼しやすいと言われています。

なりやすい猫種にシャム、スコティッシュ・フォールド、ペルシャ、メインクーンを挙げましたが、これらの猫種は遺伝的に膝蓋骨脱臼になりやすいとされています。

猫の脱臼の予防

猫の脱臼の予防として、完全室内飼いにすることをお勧めします。

その際注意することとしては、脱走対策と硬く滑りやすい床をマットなどで保護をすることです。室内飼いでもよく登る高い場所の近くには安全に着地できるよう工夫が必要になります。

また肥満は関節へ負担をかけるので、適正な食事を心がけ、健康に気を配りましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。