拡張型心筋症

拡張型心筋症とは、心臓の筋肉が薄く伸びることで収縮力が弱くなってしまい、血液の循環不全を招く病気のことです。ここでは、そんな猫の拡張型心筋症が起こる主な原因や、治療法、そして予防法などを詳しくご紹介していきます。

拡張型心筋症にかかりやすい猫種

アメリカンショートヘア

スコティッシュフォールド

ノルウェージャンフォレストキャット

ペルシャ

猫の拡張型心筋症の主な症状

拡張型心筋症の主な症状は以下の通りです。

  • 呼吸が荒くなる
  • 後肢不全麻痺
  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 失神
  • 突然死

上記が主な症状ですが、初期症状が「無症状」であるケースも少なくありません。

ただし、初期症状が無症状なのは「肥大型心筋症」であることが多く、拡張型心筋症の場合は、初期症状として「呼吸促迫」や「後肢不全麻痺」を起こし、それによって発見されることが多い傾向にあります。

もし、これらの症状が見受けられた場合、早急に動物病院で受診することをおすすめします。

とくに「呼吸が荒い」「開口呼吸をしている」「後ろ足が動いていない」といった症状がある場合は、緊急で受診するようにしてください。

拡張型心筋症の主な原因として

拡張型心筋症の原因は、まだ明らかになっていません。

以前までは「キャットフードに含まれるタウリンが少ないこと」に関連性があるのではないかと言われていましたが、最近は成分の見直しが行われています。

そのため、原因はタウリンではなく、特発性とされているのです。

発見するには

猫の呼吸が荒くなっているときは、特に注意しなくてはなりません。

また、普段より食欲が低下していたり、突然嘔吐してしまったりした場合は、拡張型心筋症の可能性も考えられます。

少しでも異変を感じたら、早めに動物病院へ行くことをおすすめします。

拡張型心筋症の予防方法

残念ながら、拡張型心筋症の予防法は存在しません。

ただし、発症した場合に「できる限り症状を抑えること」はできます。つまり、病状の進行を遅らせることは可能ということです。

初期症状が無症状である可能性もあるという点などを踏まえると、やはり1年に1回は定期検査を受けることをおすすめします。

「うちの猫は若いからまだ大丈夫...」という理由で定期検査を怠っている人もいますが、若齢でも発症のリスクはありますので、ぜひ定期検査を受けるようにしてください。