猫の嘔吐の原因・病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

猫が嘔吐すると何か具合が悪いのだろうと心配になります。猫の嘔吐の原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。また、病院に連れて行くタイミング、予防や対処法などを獣医師さんに伺ってみました。

猫が毛玉を吐き出すことは珍しくはありませんが、別のものを吐き出す、嘔吐が治らない、ほかの症状が見られるようであれば、何かの病気のサインかもしれません。猫の様子に変化や異常を感じたら、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

猫の嘔吐の原因・病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

猫の保険について

目次

猫の嘔吐とは?

―猫が吐く、嘔吐してしまう原因としてどんなものが考えられますか?

猫は肉食動物なので、自然界では食べてしまった獲物の毛や小骨などの消化できないものを排出するために吐き出します。

そのため、猫はペットの中で嘔吐がよく見られる動物です。ペットの猫にとって、毛づくろいの時に飲み込んだ毛玉を吐いたり、食べすぎ・飲みすぎの時に嘔吐したりするのは正常です。なお、食べすぎや飲みすぎの場合は、食べたフードが消化されないまま出てきます。

嘔吐が、週に1回以下の頻度なら正常の範囲と言えるでしょう。

―吐き出すものが毛玉であれば、問題ありませんか?

健康な猫でも毛玉を吐きますので問題はありません。なお、長毛種のほうが短毛種よりも飲み込む毛の量が多くなるので毛玉を吐く頻度が高くなり、また、季節の変わり目の換毛期(毛の生え変わりの時期)でも同様の傾向になります。

猫によっては、ほとんど毛玉を吐かない子もいますが、それは個体差なので、あまり気にする必要はないでしょう。ですが、毛玉が胃の中にできているのにうまく吐き出せないと、毛球症と呼ばれる病気(毛玉が大きくなりすぎてしまって吐き出せなくなる病気)になり、毛玉が腸管内に詰まってしまうので注意が必要です。

毛球症についての詳しい記事は、獣医師監修の「猫の毛球症」を併せてご覧ください。

ほかにも何らかの病気によって猫が吐いてしまうことがあります。

猫の嘔吐の原因として考えられる病気・危険度は?

猫の嘔吐の原因として考えられる病気・危険度は?

―猫の嘔吐の原因としてどんな病気が考えられますか? また、危険度について教えてください。

消化器の病気

胃腸炎消化管閉塞巨大食道症、消化管にできたリンパ腫などの腫瘍によって、嘔吐することがあります。また、便秘が原因で嘔吐する場合もあります。

猫の便秘については、獣医師監修の「猫のうんちに血が混じる。血便は病気のサインであり胃腸炎の可能性大」を併せてご覧ください。

消化管閉塞は、腸管穿孔(ちょうせんこう:胃壁・腸壁に穴が開くこと)の危険と、緊急手術が必要になる場合があります。

巨大食道症の猫は、立位(立った状態)で餌を与えると、胃の中まで食べたものが送り込みやすくなり、嘔吐の予防につながります。

そのほかの内臓の病気

猫が、膵炎肝炎胆管炎、また、腎不全を起こしている場合に嘔吐が見られることがあります。急性膵炎では激しい嘔吐が見られ、早急に処置を行わなければ命にかかわるので注意が必要です。また、腎不全から尿毒症へと進行している場合は、早急に処置を行う必要があります。

猫の肝臓・膵臓の病気については、「猫の疾患 肝臓・膵臓の病気」を、猫の泌尿器系の病気については、「猫の疾患 泌尿器系の病気」をご覧ください。

感染症

ウイルス、細菌、寄生虫感染によって嘔吐する場合があります。特に、猫パルボウイルスによる汎白血球減少症(猫ジステンパー、猫伝染性腸炎とも表記される)猫コロナウイルスによる、猫伝染性腹膜炎(FIP : Feline Infectious Peritonitis)は、致死性の高い感染症です。これらは、ほかの猫にも伝播するので注意が必要です。

汎白血球減少症はワクチンで予防できますが、残念ながら日本では猫伝染性腹膜炎に対するワクチンを利用することができません。

異物誤飲

猫が異物を飲み込んでしまい異物が胃腸を刺激したり、閉塞を起こしたりすることで嘔吐する場合があります。

特に、ひも状の異物が腸管内に引っかかってしまうと、腸の蠕動運動(※)に合わせ、ひも状の異物に沿って腸がアコーディオン状に手繰り寄せられてしまうことがあります。その結果、腸管が壊死を起こし、腸管穿孔につながる場合があり、命にかかわります。そのため、猫が飲み込んでしまいそうなものは、猫が触れない所に片付けておきましょう。

※蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、消化管内の内容物を移動させる動きのこと

中毒

猫が洗剤や殺虫剤などの毒物や、傷んでいる餌や生ゴミなどを食べてしまうと、嘔吐する場合があります。特に、毒物の場合は、速やかな胃洗浄や解毒処理が必要になるので、危険なものは放置しないようにしましょう。

食物アレルギー

食物アレルギーを持っている猫は、アレルゲンが含まれている食事を摂取することで嘔吐してしまうことがあります。

ストレス

人と同様に、猫もストレスが原因で嘔吐する場合があります。引越や家族構成の変化などの生活環境の変化によって、猫にストレス負荷がかかっているときに見られます。

―猫が吐きたいのに吐けない場合は、何が原因でしょうか?

猫が吐きそうに見えて吐かないのは、多くが毛玉を吐こうとしている場合です。しかし、中には、猫の咳を飼い主さんが「吐きそう」と見間違っている場合やほかの重篤な疾患のサインかもしれないので、気になる場合は獣医さんに相談してください。

猫の嘔吐でこんな症状が見られたら、すぐ病院へ

猫の嘔吐でこんな症状が見られたら、すぐ病院へ

―緊急性を要する猫の嘔吐とはどんなものですか?

次の症状に当てはまる場合は、緊急性の高い病気の可能性がありますので動物病院に連れて行ってあげてください。

猫の危険な嘔吐のチェックポイント

  • 元気や食欲がない
  • 下痢のようなほかの症状も見られる
  • 吐いたものの中に異物が混じっている
  • 吐いたものの中に血が混じっている
  • 吐いたものの色が緑色といった異常な色である
  • 吐いたものが便臭や薬剤臭などの異臭がする
  • 嘔吐を繰り返している

病気としては、消化管閉塞や急性膵炎、急性腎不全の場合、早急の処置が必要になることがあります。また、汎白血球減少症や猫伝染性腹膜炎は、ほかの猫に伝播する可能性があるので、複数の猫を飼っている場合には注意してください。特に、汎白血球減少症は、子猫で症状が重篤化しやすいので一層の注意が必要です。

猫が嘔吐をしたときの対処法

猫が嘔吐をしたときの対処法

ご家庭で様子を見る場合

―病的ではない、様子を見てもいいとされる嘔吐の場合は、どのように対処したらいいですか?

吐いているものが毛玉の場合は、健康な猫でも見られる正常な行動です。

毛玉を吐く回数が多い場合、毛づくろいの時に飲み込んでしまう抜け毛の量をブラッシングで減らせば、改善が見られることがあります。

毛玉を吐くのが苦手な猫には、飲み込んだ毛が便と一緒に排泄されやすくなる毛玉対策用のペットフードに変えてあげましょう。また、猫草を与えると、表面の細かい突起によって毛玉を吐き出しやすくなります。

餌を急いで食べるせいで吐いてしまう猫には、浅いお皿で餌を与えてください。餌がお皿に広がるので、猫が餌を一気に食べられなくなり、また、食べ過ぎるのを防ぐことができます。

ストレスが原因の場合には、猫がくつろげるスペースを確保するとともに、おもちゃやキャットタワーなどで運動させるとストレスの軽減が期待できます。

治療が必要な場合

―病気が疑われ受診する場合、どんな用意をすればいいですか?

受診の際には、嘔吐の回数や頻度を記録して獣医さんに伝えてください。また、猫が吐いたものを密閉できる容器に入れて病院に持って行ければ検査を行えます。持参が難しい場合には、写真に撮るだけでも診断の手助けになります。

―嘔吐に対する治療はどのように行うのですか?

猫が嘔吐を繰り返していると脱水や栄養失調に陥っていることが多いので、点滴や皮下輸液によって水分と栄養を補うことが第一です。そのほかには、嘔吐の原因になっている疾患に対する治療を行いますが、異物誤飲を始めとする腸管閉塞を発症すると、速やかに外科的手術が必要になる場合があります。

また、急性膵炎、急性肝炎、急性腎不全などの内臓疾患や毒物による中毒症状を起こすと、炎症を抑えることや速やかな解毒処理が必要になります。

まとめ

嘔吐は健康な猫でも見られる行動ですが、重篤な疾患のサインの場合もありますので、何か少しでも気になることがあれば気軽に獣医さんに相談してください。

そのほか気になる猫の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「猫の症状」を併せてご覧ください。

猫の保険について

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類