急性肝炎

肝臓の細胞が炎症によって破壊されてしまい、急性の肝機能障害を引き起こす病気です。

肝臓は、たんぱく質の合成や栄養の貯蔵、有害物質の解毒や分解、消化に必要な胆汁の合成と分泌を行いますが、それらの機能が低下し、さまざま障害が発生します。

急性肝炎にかかりやすい猫種

猫種問わず、発症する可能性があります。

猫の保険について

猫の急性肝炎の症状

急性肝炎の初期段階では、症状はほとんど見られないことが多いですが、血液検査にてALTやALP、Bil(黄疸に関与)など、肝臓に関連した血液数値の異常が認められます。進行すると次のような症状が現れます。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる
  • 黄疸症状(歯茎、白目、口蓋などの粘膜や、皮膚の薄い部分が黄色く見える)
  • 昏睡や震え、痙攣(けいれん)などの神経症状
  • 慢性肝炎への移行

猫の急性肝炎の原因

急性肝炎の原因は、食生活や異物・毒物の摂取、ウイルスや細菌感染、糖尿病などの基礎疾患に起因するもの、腫瘍や外傷、薬剤によるものなど、様々なものが挙げられます。

猫の急性肝炎の治療法

肝機能の低下は、血液検査で判断することができます。

肝機能の数値に異常が認められる場合には、輸液(水分や電解質などの投与)、抗生物質や肝機能改善薬の投与、ビタミン剤を始めとする栄養補給、安静、食事療法を行います。

糖尿病や膵炎などに起因している場合は、基礎疾患の治療・コントロールを行いながら、肝機能の回復を促す治療を行っていきます。

また、腫瘍によるものや、胆管肝炎・胆石による胆管閉塞などを発症している場合は、外科手術を行うこともあります。

猫の急性肝炎の予防法

獣医師と相談しながら過剰な薬剤投与を避け、添加物の少ない質のいいフードやサプリを選び、肝臓に負担をかけないようにすることが大切です。

また、定期的な健康診断と日ごろの体調管理を行い、小さな異変にすぐ気付けるよう心がけましょう。

猫の保険について