膵炎

膵臓(すい臓)は、消化液を分泌し、食べ物の消化を助ける機能と、ホルモンによって血糖値を調整するふたつの働きがあります。

膵炎は、この膵臓に炎症が起きる病気です。

膵炎には、急性膵炎と慢性膵炎がありますが、猫では慢性膵炎が多いと言われています。

膵炎にかかりやすい猫種

猫種による違いはありません。

猫の保険について

猫の膵炎の症状

急性膵炎の症状は、食欲不振、元気がなくなる、嘔吐、下痢、よだれなどがあります。

膵臓は、炭水化物の分解に働くアミラーゼ、脂質の分解に働くリパーゼ、蛋白質の分解に働くトリプシンなどの消化酵素を分泌し、血糖値を低下させるインスリン、血糖値を上昇させるグルカゴンを分泌し血糖値を調節しています。

これらの消化酵素は、通常、膵臓内では活性化せず、膵臓そのものを消化することはありません。

しかし、何らかの原因により膵臓内で消化酵素が活性化すると、膵臓の細胞を消化してしまうだけでなく、ほかの器官まで消化してしまい様々な病気を併発します。

この時に、激しい痛みを感じるようになることがあります。

さらに、重症化すると、さまざまな合併症を起こす場合もあります。

慢性膵炎の場合は、明確な症状が現れず、ときどき下痢や嘔吐などが見られます。

症状が進行してくると、食欲不振、体重減少などが見られるようになります。

また、膵臓障害により血糖値の調整ができなくなると、糖尿病を併発し、重症化する場合があります。

猫の膵炎の原因

猫の膵炎の原因ははっきりしないことが多いです。

外傷

交通事故や落下時の衝撃など、腹部を強打することによって膵臓が損傷し、急性膵炎を起こす場合があります。

感染症

猫伝染性腹膜炎(FIP)や猫ウイルス性鼻気管炎などのウイルス、トキソプラズマを始めとする原虫の感染症などにより膵炎を発症する場合があります。

基礎疾患

膵臓と連結している臓器の炎症(脂肪肝、胆管肝炎、胃炎など)が膵臓にまで及び、膵炎を引き起こす場合があります。

猫の膵炎の治療法

膵炎に対する確実な治療方法はありません。

主な治療として

輸液

嘔吐や下痢で失った水分を補うために行います。

痛みの緩和

鎮痛剤の投与により症状が改善されることが多いです。

嘔吐の抑制

頻回の嘔吐は、膵炎を悪化し脱水を助長してしまいます。

栄養補給

膵炎の元になった病気の治療

猫の膵炎の予防法

交通事故や転落、感染症にならない環境(室内飼い)を整えることで膵炎の発症リスクを減らすことができます。

また、適度な運動や食事管理を行い、定期的な健康診断と日ごろの健康管理が大切です。

急性膵炎は突然発症し命にかかわる病気ですので、上記の症状やいつもと違った様子の時はできるだけ速やかに動物病院に受診しましょう。

また、慢性膵炎も肝リピドーシス(脂肪肝)や糖尿病を合併すると重篤になってしまうので、急性膵炎と同様に、早めに動物病院に受診しましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。