甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、喉に位置する「甲状腺」から分泌される「甲状腺ホルモン」の機能が弱まることによって発症する病気です。猫の発症はそこまで多くありませんが、発症すると覇気がなくなり、活動量も低下してしまいます。 今回は、そんな甲状腺機能低下症の主な症状や原因、予防法などを詳しくご紹介します。

甲状腺機能低下症にかかりやすい猫種

種類問わず高齢時になりやすい

シャム猫はなりにくいと言われている

猫の甲状腺機能低下症の主な症状

甲状腺機能低下症の主な症状は以下の通りです。

  • 全身がむくむ
  • 体温低下により寒さに弱くなる
  • 動きが鈍くなる
  • 心拍数、血圧の低下
  • 左右対称性脱毛

甲状腺ホルモンには、全身の細胞に作用することで代謝を高める働きがあります。

この機能が強くなると「甲状腺機能亢進症」、弱くなると「甲状腺機能低下症」となるのです。

上記のように、発症すると元気がなくなったり、周囲の環境に対して興味がなくなったりと、「活動量」が低下してしまう傾向にあります。

また、体幹部や尻尾の毛が抜けてしまったり、運動失調になったりなど、様々な症状が現れる可能性があります。

甲状腺機能低下症の主な原因として

甲状腺機能低下症の主な原因としては、「自己免疫疾患」「甲状腺萎縮」「治療の影響」などが挙げられます。

自己免疫疾患とは、本来であれば体内に侵入した異物を排除するためにはたらく「免疫系」が、自分の体である甲状腺を攻撃してしまうというものです。

これにより炎症が起こり、甲状腺の機能が低下してしまうことがあります。

2つ目の甲状腺萎縮は、その名の通り「甲状腺が萎縮してしまう症状」のことを指します。

はっきりと原因は明らかになっていないものの、この症状により甲状腺ホルモンの作用が低下してしまうのです。

3つ目の「治療の影響」というのは、甲状腺を摘出した後や、放射性ヨウ素の治療を行った後に、甲状腺機能低下症を発症するケースがあるということです。

発見するには

甲状腺機能低下症の場合、毛が乾燥してしまい、ボサボサになる傾向にあります。

また、脱毛しやすくなる傾向もありますので、日々のブラッシングの際に、これらの点をチェックするようにしましょう。

甲状腺機能低下症を放置しておくと、食欲が低下してしまい、栄養状態が悪化する可能性も高くなりますので、いち早く発見してあげることが大切です。

甲状腺機能低下症の予防方法

具体的な予防方法は存在しないため、日頃から猫の健康状態をしっかりと把握しておくことが重要となります。

甲状腺機能低下症に限らず、どんな病気でも「早期発見」と「早期治療」が大切です。

まだ発症していない場合でも予防につながりますので、ぜひ定期的に検診を受けるようにしてください。