腸閉塞

腸閉塞とは、腸管がふさがれた状態、あるいは、腸の煽動運動(せんどううんどう:筋肉の収縮によって体内で物を移動させる運動)が停止している状態(無力性イレウス)を指します。

腸閉塞にかかりやすい猫種

猫種による違いはありません。

猫の保険について

猫の腸閉塞の症状

腸閉塞を発症すると、腸内の消化物によってせき止められ、その後方に風船のようなふくらみが形成されます。

これによって次のような症状が現れます。

  • 元気消失
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 腹痛(腹部を触ると痛がる、背中を丸める)
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹部がふくらむ
  • 水をよく飲む〈多飲〉

など

これらの症状が見られたり、いつもと違った様子が見られたら、命にかかわる病気ですのでできるだけ速やかに動物病院で診察を受けましょう。

猫の腸閉塞の原因

猫の腸閉塞の主な原因は次のようなものです。

異物の誤飲

猫が消化できない異物、たとえば、紐状のものやおもちゃ、果物の種などを誤って飲み込み、腸管を詰まらせることがあります。

これは、好奇心旺盛で遊びたがる若い猫に多く見られます。

毛球症

猫は舌を使って毛繕いをよく行いますが、ザラザラした舌のせいで、毛を飲み込んでしまいます。

毛は消化できずに体内で絡み合って毛玉(「毛球(もうきゅう)」と呼ばれます)になります。

通常、そうしてできた毛球は吐き出されたり、ウンチとして排泄されたりします。

しかし、これがうまく排出されずにいると、胃や腸などに毛球が溜まってしまう病気、「毛球症」を発症します。

この毛球症が腸管をふさいでしまうのです。

寄生虫

腸管に寄生虫がたくさん寄生することで腸管をふさいでしまうこともあります。

腫瘍

腸内に発生した腫瘍によって腸管をふさいでしまうことがあります。

腸重積

腸重積とは、腸管の一部がうしろの腸管にすべり込み、重なってしまう病気です。

これにより腸管を閉塞させます。

腸捻転

一般に腸管と腸膜、血管が捻じれてしまうことで腹痛や嘔吐を起こします。

猫の腸閉塞の治療法

猫の腸閉塞の治療法として次のようなものが挙げられます。

外科手術

腸閉塞の原因が異物や毛球症の場合は、原因となる物質を手術によって取り除きます。

当該物質の摘出には腸を切開しますが、腸管に腫瘍がある場合、壊死や変形している場合は、部分的に腸管を切除、吻合(ふんごう)します。

内科治療

神経麻痺などにより腸の煽動運動が阻害されている場合は、胃腸運動を改善させる点滴を投与するなどの内科治療を行います。

猫の腸閉塞の予防法

異物の誤飲対策

猫が誤って飲み込んでしまうおそれのあるものは引き出しにしまうなどして、直接手の届かない場所に保管してください。

また、おもちゃやカーテン、洋服に糸くずが出ていないかなど、猫の住環境を確認しましょう。

毛球症の対策

毛球症は、長毛種の猫がなりやすく、また、換毛期に多く見られます。

そのため、長毛種の場合は、日ごろのブラッシングを行い、換毛期には念入りにブラッシングを心がけましょう。

寄生虫対策

日頃より寄生虫の駆虫を心がけましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。