歯槽膿漏

歯槽膿漏とは歯を支えている骨が何らかの原因で溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯槽膿漏になると早急な治療が必要で、放置すると歯が抜け落ちてしまうだけでなく、口周辺の骨を溶かしてしまうなど、大事に至る場合があります。

歯槽膿漏にかかりやすい猫種

猫種による違いはありません。

猫の保険について

猫の歯槽膿漏の症状

歯肉炎が進行すると、歯と歯肉の境目に「歯周ポケット」と呼ばれる隙間を形成します。

この歯周ポケットに細菌が入り込み増殖すると、歯を支える歯根膜や歯槽骨まで炎症がおよび、膿が溜まるようになります。

すると、口臭やよだれがひどくなり、歯がグラグラしたり、歯肉から出血や痛みを伴うようになったりします。

周囲からは、元気がなく食欲が減退しているように見えます。

炎症がひどく歯を支える歯槽骨におよぶと、歯が抜け落ちてしまいます。

このような症状が少しでも見られたら、できるだけ早く動物病院での診察をお勧めします。

猫の歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の原因は主に歯周病であり、主に次の3つがきっかけとして挙げられます。

歯周病

歯周病の原因は、口腔内の歯垢に生息する細菌です。

歯垢は、歯の表面に付着している細菌のかたまりで、口内の食べ残しを餌にして増殖します。

この細菌が毒素を出し、歯茎に炎症(歯肉炎)を起こします。

慢性疾患や猫エイズ、猫白血病による免疫不全

糖尿病や腎不全を始めとする慢性疾患や猫エイズ(猫免疫不全ウィルス感染症)、猫白血病(FeLV)感染症に感染することで免疫力が低下し、歯周病を悪化させる場合があります。

口内の傷

歯茎に硬いものや尖ったものが刺さってしまい、そこから細菌が侵入して増殖、歯周病を発症させる場合があります。

猫の歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏となってしまった場合、根治は困難で、対処療法が主となります。

炎症により歯のぐらつきがひどい場合や、周辺の骨の破壊にまでおよんでいる場合は、抜歯を行います。

猫の歯槽膿漏の予防法

歯槽膿漏に至らぬように歯周病対策を行います。

歯周病の予防には、歯ブラシによるブラッシングが最も効果的です。

しかし、多くの猫は歯磨きを嫌がります。

そこで、猫に歯磨きを慣れさせる工夫が必要です。

いきなり歯ブラシで磨こうとせず、永久歯が生えるそろう前後から、口元や口の中を触られることに慣れさせてください。

徐々に歯ブラシやガーゼなどで歯に当てていくようにしましょう。

歯磨きには、猫専用の歯ブラシや歯磨きシート、ペーストを使用します。

頻度は毎日1回が理想ですが、難しい場合は3日に1回を心がけましょう。

猫の保険について