流涙症

「流涙症」は、何らかの原因により、涙が通常より多く分泌されてしまう疾患です。

医学用語ではありませんが、通称「涙やけ」と呼ばれることもあり、流涙により眼周りの毛が茶色や黄色っぽく変色し、周辺の皮膚炎を引き起こします。

猫の流涙症にかかりやすい猫種

猫全般 短頭種や短毛種が多い

猫の保険について

猫の流涙症の症状

涙が過剰に分泌されることにより、涙に含まれる成分で、被毛の変色・眼周囲や顔の皮膚炎が起こります。痒みや違和感から眼や皮膚を掻いてしまい、症状が悪化することもあります。

猫の流涙症の原因

粉塵やごみなどの異物や、逆さまつげ、排気ガスなどが目を刺激することにより涙が多く分泌され、流涙症を引き起こします。

また、眼と鼻の間をつなぐ管(鼻涙管といいます)が詰まっている場合や、角膜炎や結膜炎など、眼の疾患にかかっている場合にも流涙症になってしまいます。

猫の流涙症の治療

角膜炎や結膜炎などの眼科疾患が原因である場合は、眼科疾患の治療を行います。

異物や逆さまつげによる刺激が原因となっている場合、刺激物を取り除く処置や眼の洗浄処置を行います。

また、鼻涙管が詰まっている場合は、鼻涙管の洗浄を行い、涙の流れをよくすることによって症状を緩和することができます。

なお、流涙症は再発しやすい症状なので、治療後も経過観察が必要となります。

猫の流涙症を発見するには

眼周囲や顔まわりを気にして掻いてしまう症状や、毛の色が茶色や黄色っぽく変色している場合は、流涙症の可能性があります。

早めに動物病院を受診し、獣医師の診療を受けましょう。

猫の流涙症の予防

  • 目の周りがぬれている・汚れていると感じたら、こまめに拭いてあげる
  • 目にストレスがかからない環境をつくる(ほこりが無い部屋、排気ガスに近づけない など)

毛の変色や顔周りを気にする様子など、普段と違う様子があった場合は早めに動物病院を受診し、悪化を予防することが望ましいです。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。