角膜炎

角膜とは黒目の部分を覆っており、目の最前部にある透明な膜のことです。

この膜が何らかの理由で炎症を起こした状態を角膜炎と言います。

角膜は、4層構造になっており、表面から角膜上皮、実質層、デスメ膜、内皮細胞層があります。

角膜上皮のみに起こる欠損、炎症を「非潰瘍性角膜炎」と呼び、一般的に言う「角膜炎」はこちらを差します。

また、角膜実質までにおよぶ欠損を「潰瘍性角膜炎」「角膜潰瘍」と呼びます。

潰瘍が進行すると、角膜に穴が開いてしまう「角膜穿孔」となり、失明する場合があります。

角膜炎にかかりやすい猫種

猫の保険について

猫の角膜炎の症状

次のような症状が見られます。

  • まぶしそうにする
  • 激しい目の痛み
  • 足で目をこすろうとする
  • まばたきが多い
  • 目やにや涙が多い
  • 角膜が白く濁る
  • 角膜が黒ずみ透明感がなくなる(色素沈着)
  • 白目部分の充血
  • 角膜を取り囲むように新生血管が見られる
  • 視力の低下(物にぶつかったり、壁伝いに歩いたりする)

猫の角膜炎の原因

  • 細菌や猫ヘルペスを始めとするウイルスなどによる感染症
  • アレルギー
  • ほかの猫とのけんかや異物(ゴミや自身の抜け毛など)が目に入ること
  • 目を強くこすること

このほか、短頭種と呼ばれる鼻ペチャの猫種は、構造上、まぶたで目を完全に覆うことができません。

このため、ドライアイになりやすく、それが原因で角膜が傷つきやすい(乾性角膜炎)です。

猫の角膜炎の治療法

軽度の場合

目をきれいに洗浄して、炎症の悪化を防ぐために抗炎症の注射や投薬を行います。

また、二次感染を防止するためにも抗生物質の投与も行います。

中程度の場合

中程度の深さの角膜潰瘍の場合は、抗コラゲナーゼ作用を有するアセチルシステインの点眼剤を用いたり、自家血清点眼を行ったりします。

自家血清点眼とは、自身の血液から採取した血清を薄めて点眼するもので、目の表面をうるおすだけでなく、角膜上皮の細胞活性化や修復に有効です。

重度の場合

失明の恐れがある重度の場合、傷や潰瘍が角膜実質、デスメ膜まで達している場合は、保護用コンタクトレンズを付けることがあります。

このとき、猫がコンタクトレンズを前足でかいて外してしまわないように、まぶたを一時的に縫合することもありますが、治療が終われば抜糸し、元どおりにします。

また、角膜縫合や結膜有茎被弁術といった外科手術を行うこともあります。

猫の角膜炎の予防法

異物が目に入ることを避ける

ひげは、静電気でゴミや抜け毛を吸着する働きがあります。

目の周辺のひげを切らないようにすることで、異物による角膜の刺激を抑えます。

自身の抜け毛が角膜炎の原因になる場合があります。

日ごろのブラッシングによって猫の目に入る抜け毛の数を減らすよう心がけましょう。

細菌やウイルスによる感染を防ぐ

ワクチン接種で感染症を防ぎましょう。

室内飼いを徹底することも感染症や目のけがを防ぐ有効な手段です。

また、多頭飼いしている場合は、発病している個体を隔離するようにしましょう。

最後に、日ごろから猫の目をよく観察し、変わった様子が見られたら、獣医師に相談しましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。