猫の熱中症

目次

猫の熱中症ってどんな病気?

熱中症とは、何らかの理由で体内にたまった熱を外に逃がして体温を調節することができず、機能不全に陥った状態を指します。

どうして症状が出るの? 原因は?

猫が熱中症にかかる主な原因としては、夏場に高温の室内や車内に長時間放置されてしまう、暑い日にキャリーケースに入れたまま長時間移動するなどの状況などが挙げられます。

また、暑い日に水分補給ができない状態が続くと脱水症状から熱中症に進行する、といったケースもあります。

猫は人間のように汗をかいて体温調節を行うことができません。

代わりに、呼吸で体内の熱を排出しようとします。

しかし、上記のような風通しの悪い高温の環境下に置かれると猫の体温が急激に上昇してしまい、体温を下げることが難しくなり熱中症を引き起こしてしまうのです。

猫の保険について

どんな猫が熱中症にかかりやすいの?

猫の熱中症の特徴とチェック項目

猫の熱中症の主な症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 食欲がなく、ぐったりしている
  • 呼吸が浅く、速くなっている
  • よだれが口から流れる
  • 目や口腔内の充血

さらに症状が進行して悪化すると、以下のような症状が見られるようになります。

  • 失神やけいれん
  • 血便
  • 血尿
  • 呼吸困難によるチアノーゼ
  • 血圧低下などによるショック症状

最悪の場合は死に至るケースもありますので、猫に上記のような症状が見られたら、早めに処置を施してすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

猫の熱中症の治療にはどんな方法があるの?

猫が熱中症になってしまった場合、体を冷やして体温を下げることが大事です。

猫をエアコンの効いた涼しい部屋に連れて行き、冷水で濡らしたタオルや保冷剤などを脇の下や首にあてるなどして体温を下げるようにします。

この時に、体温が下がりすぎないように注意してください。

猫の身体を冷やしながら、一刻も早く動物病院で獣医師の診療をうけるようにしましょう。

猫時水を飲ませる際に飲みにくいときは、スポイトを使って飲ませるようにしてください。

どうやって予防したらいいの?

夏の暑い時期に室内で猫に留守番をさせる場合は、室内の温度管理と水分の補給に気を付けましょう。

猫は家の中を自由に移動して自分に快適な環境を見つけますので、部屋のドアを閉めずに開けておく、換気扇や扇風機を付けて部屋の風通しを良くするなどして、自宅の中に涼しい環境の場所を用意しておくのも有効です。

そのほか気になる猫の病気については、獣医師監修の「猫の疾患 その他の病気」をご覧ください。

猫の保険について

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類
PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。