猫の熱中症

目次

猫の熱中症の原因とは?

高温多湿な環境下で体温調節がうまくできなくなって起こる

―暑い日が続くと熱中症が心配です。しかし、もともと砂漠に住んでいた猫は暑さに強いと聞きますが。

熱中症は、高温多湿な環境で体温調節がうまく働かなくなり、体の中に熱がたまることで起こります。猫の祖先はもともと砂漠に住んでいたため、比較的暑さには強いのですが、湿度には弱く、体温の調節も人間に比べて苦手です。そのため、高温多湿な環境下では、猫も人間と同じように熱中症になる可能性があります。

猫は体温調節が苦手

―猫の体温調節がうまくいかなくなるのはどうしてですか?

人間の場合は、体に熱がたまると全身に汗をかき、汗が蒸発することにより体の中の熱を外に逃がしています。

しかし、猫は主に肉球でしか汗をかくことができません。そのため、人間のように効率よく体温調節ができないのです。

猫の熱中症の原因とは?

気温30℃超、湿度が高いと猫に熱中症の可能性

猫の快適な温度は25℃前後、湿度は50~60%

―猫が熱中症になってしまう気温や湿度について教えてください。

猫にとって快適な温度は25℃前後、湿度は50~60%くらいだと言われています。厳密に「温度や湿度がこの数値を超えると熱中症になる」という基準はありませんが、気温が30℃を超える場合や、30℃に至らなくても湿度が高い場合には、猫が熱中症になるリスクが高まります。

条件がそろえば真夏に限らず熱中症になる

熱中症というと真夏になるイメージが強いですが、気温が上昇し始める5月から秋口までは注意しましょう。高温多湿の条件がそろえば、季節を問わず熱中症になる可能性があります。

熱中症は環境だけでなく個体差にも依存する

同じ環境下でも、年齢や体型、品種によって熱中症になりやすさが異なります。特に肥満の猫、長毛種や短頭種、体温調節が苦手な子猫や老猫などは高温多湿の環境に弱いため、より注意が必要です。

猫が熱中症に陥りやすい環境

―日常生活の中で高温多湿になりやすい環境について教えてください。

暑い日に以下の条件に当てはまる場所は、高温多湿になりやすい環境です。

  • 空調が効いていない
  • 換気ができていない
  • 直射日光が当たる

人間に限らず、気温が高い日の締め切った部屋や車の中などは、熱中症になるリスクが高くなります。

猫が熱中症になってしまった! こんな症状ならすぐ病院へ

―猫が熱中症になると、どんな症状が見られるのでしょうか? また、動物病院に行くタイミングについて教えてください。

猫は本能的に、自分の体調不良を周囲に悟られないように我慢をする傾向があります。そのため、以下のような熱中症が疑われる症状が愛猫に見られる場合、すでにつらい状態にあると考えられます。できるだけ早く動物病院を受診するようにしましょう。

軽度で見られる熱中症の症状

  • 元気や食欲がない
  • 体が熱い
  • 心拍数や呼吸数がいつもより多い

こうした症状が見られる場合は、軽度の熱中症が疑われます。猫の耳や肉球を触ってみて、いつもより熱い場合は体温が上昇しているサインです。暑い日はこまめに触って、体温チェックをしましょう。

中等度で見られる熱中症の症状

  • 嘔吐(おうと)や下痢をしている
  • フラフラしている
  • 口を開けてハァハァと短い呼吸をしている(開口呼吸、パンティング)

こうした症状が猫に見られる場合は、中等度の熱中症の可能性があります。特にわかりやすい症状がパンティングです。猫は通常、鼻呼吸をする生き物なので、口を開けて呼吸をすることはありません。猫にパンティングが見られるときは異常を疑い、すぐに動物病院で治療を受けてください。

重度で見られる熱中症の症状

  • 痙攣(けいれん)している
  • 意識がなくなる
  • 口の中の粘膜や舌の色が青紫色になる(チアノーゼ)

こうした症状が見られる場合は、重度の熱中症が疑われます。一刻を争う事態ですので、応急処置をしながら速やかに動物病院を受診してください。あらかじめ動物病院に連絡しておくと、よりスムーズに治療を受けられるでしょう。

猫の熱中症の治療費はどのくらい?

軽度で5,000円、中等度以上で入院の場合は数万から10万円以上の場合も

―猫が熱中症になると、どのくらいの治療費がかかるものなのでしょうか。

症状が軽度の場合は、通院で主に皮下点滴を行うため、治療費は5,000円くらいです。

中等度以上で入院が必要な場合は、数日にわたってICU(集中治療室)に入ったり、静脈点滴などの治療を行ったりします。また、血液検査や尿検査などさまざまな検査も必要になるため、治療費は数万円、場合によっては10万円以上かかることもあります。

※こちらの診療費は参考例です。平均や水準を示すものではありません。診療費は病院によって異なります。

猫が熱中症になってしまった場合の応急処置とは?

猫が熱中症になってしまった場合の応急処置とは?

―愛猫が熱中症かもしれない場合、自宅でできることはありますか?

熱中症が疑われる場合に、動物病院を受診する前の応急処置として、自宅でできる対処法をふたつ紹介します。

猫の体温を下げる

ひとつ目は、体を冷やすことです。冷やしたタオル、保冷剤や氷を、太い血管がある首元や手足の付け根部分に当ててください。このとき、保冷剤や氷はタオルで巻くなどして、直接猫の体に当てないように気を付けましょう。

このほか、体に直接水をかけても大丈夫です。ただ、氷水をかけると体温が下がりすぎてしまう場合があるため、こまめに体温を測りましょう。

猫に水を飲ませる

ふたつ目は、猫に水を飲ませて、脱水症状を少しでも改善させることです。ただし、意識がなくぐったりしていて、猫が自分で水を飲めない状態の場合は無理に飲ませないでください。誤って気管に入ってしまい、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こす可能性があります。

猫の熱中症対策、予防するには?

―猫が熱中症にならないために、どんな対策をすればいいのでしょうか?

熱中症対策としては、以下の2点が特に重要です。

  • 暑い日は室温や湿度をこまめに調節する
  • こまめに水分補給ができるよう、水飲み場を増やす

思わぬ事故のケースとして、猫がエアコンのリモコンを誤って踏んで電源を切ってしまい、締め切られた部屋に閉じ込められて熱中症になる場合があります。そのため、猫が自ら涼しい場所を探して自由に行き来できるようにしておくと、安心です。留守番をさせるときは、猫が部屋のドアを閉められないように固定しておきましょう。

「エアコンをつけるほどでもないけれど、少し心配」という場合は、窓を開けたり扇風機を使ったりして風通しを良くすると体感温度が下がります。ただし、窓を開ける際は脱走できないように、扇風機を使う際は手や尻尾が挟まらないように、しっかりと対策をしておきましょう。

また、クールマットやアルミプレートなど、熱中症対策グッズを部屋に設置するのもおすすめです。

まとめ

猫は比較的暑さに強いため、熱中症とは無縁だと油断している飼い主さんも少なくありません。しかし、日本の夏は湿度が高く、気温もここ数年は異常なほど上昇する日が多くあり、猫が熱中症になりやすくなっています。

熱中症になりやすい条件や熱中症対策などは、猫も人間もさほど大きく変わりません。人間が快適に過ごせる環境下であれば、基本的に猫も熱中症になるリスクは低いでしょう。

熱中症は予防ができますので、特に夏の暑い日は人間の熱中症対策はもちろん、猫の熱中症対策も忘れず、愛猫と一緒に快適で元気な夏をお過ごしください。

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類
PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。