熱中症

熱中症とは、何らかの理由で体内にたまった熱を外に逃がして体温を調節することができず、機能不全に陥った状態を指します。

今回は、そんな猫の熱中症の起こる主な原因や、治療法、そして予防法などを詳しくご紹介していきます。

熱中症になりやすい猫種

猫の熱中症の症状

猫の熱中症の主な症状としては

  • 食欲がなく、ぐったりしている
  • 呼吸が浅く、速くなっている
  • よだれが口から流れる
  • 目や口腔内の充血

などがあります。

症状が進行して悪化すると、以下のような症状が見られるようになります。

  • 失神やけいれん
  • 血便
  • 血尿
  • 呼吸困難によるチアノーゼ
  • 血圧低下などによるショック症状

最悪の場合は死に至るケースもありますので、上記のような症状が見られたら、早めに処置を施してすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

猫の熱中症の原因

猫が熱中症にかかる主な原因としては、夏場に高温の室内や車内に長時間放置されてしまう、暑い日にキャリーケースに入れたまま長時間移動するなどの状況などが挙げられます。

また、暑い日に水分補給ができない状態が続くと脱水症状から熱中症に進行する、といったケースもあります。

猫は人間のように汗をかいて体温調節を行うことができません。

代わりに、呼吸で体内の熱を排出しようとします。

しかし、上記のような風通しの悪い高温の環境下におかれると体温が急激に上昇してしまい、体温を下げることが難しくなり熱中症を引き起こしてしまうのです。

熱中症の治療法

猫が熱中症になってしまった場合、身体を冷やして体温を下げることが大事です。

エアコンの効いた涼しい部屋に連れて行き、冷水で濡らしたタオルや保冷剤などを脇の下や首にあてるなどして体温を下げるようにします。

この時に、体温が下がりすぎないように注意してください。

猫の身体を冷やしながら、一刻も早く動物病院で獣医師の診療をうけるようにしましょう。

水を飲ませる際に飲みにくいときは、スポイトなどを使って飲ませるようにしてください。

熱中症を予防するには

夏の暑い時期に室内で留守番をさせる場合は、室内の温度管理と水分の補給に気をつけましょう。

猫は家の中を自由に移動して自分に快適な環境を見つけますので、部屋のドアを閉めずに開けておく、換気扇や扇風機を付けて部屋の風通しを良くするなどして、自宅の中に涼しい環境の場所を用意しておくのも有効です。