腎不全

腎不全とは、腎臓の機能が低下した状態のことです。そんな腎臓は、機能が75%失われると、本来は尿として排出されるべき老廃物が体内に残り、様々な症状を併発する可能性があります。 今回は、猫の腎不全の主な原因、症状、治療法などを詳しくご紹介します。

腎不全にかかりやすい猫種

猫種問わず高齢時に発生しやすい

猫の腎不全の主な症状

腎不全の主な症状は、以下の通りです。

  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 嘔吐
  • オシッコの回数が増える

腎不全には「慢性腎不全」と「急性腎不全」の2種類があります。

慢性腎不全の場合、症状はゆるやかに現れますが、急性腎不全の場合、症状が現れるのは突然です。

また、オシッコの回数が増えると体内の水分量も少なくなるため、血液の量も減少する傾向にあります。

当然、血液の量が減れば腎臓に流れていく血液の量も減るため、余計にオシッコを作る能力が低下してしまうのです。

腎不全の主な原因として

猫に腎不全が多い理由は未だにはっきりとは解明されていません。

腎不全の主な原因は、「AIM(Apoptosis Inhibitor of Macrophage)の不活性化」であると言われています。

このAIMとは、血液中のタンパク質のことです。

本来、このAIMは、腎機能が低下してしまった際に活性化して尿に移行し、尿細管のゴミを掃除してくれる働きがあります。そのため、腎機能を改善する役割を担っていると言っても過言ではありません。

AIMが不活性化した場合、腎機能を改善させることができなくなるため、そのまま腎不全を招いてしまう可能性も高くなるわけです。

しかし、これは人間やマウスに対して言えることであり、2016年に行われた研究結果によると、猫の場合はAIMが十分に機能しておらず、それが「猫に腎不全が多いことの理由」である可能性が高いと示されました。

発見するには

腎不全の場合、おしっこの量が多くなったり、便秘がちになったりする症状が見られます。

そのため、こういった変化が起きた時に、すぐ気づけるようにしておく必要があるでしょう。

猫の健康状態を把握するためにも、毎日オシッコやウンチに異変がないか確認することをおすすめします。

腎不全の予防方法

腎不全を予防するためには、まず健康的な食生活を送ることが重要です。

そのため「塩分が少なく、たんぱく質を含んだ食事」を与えるようにしましょう。 また、ビタミンDが多く含まれる食材を過剰に摂取しないことも重要です。

ビタミンDは、腎臓に悪影響を与える「リン」の吸収を助ける働きがあるからです。

また、腎不全は症状がゆるやかに現れる傾向にあり、初期段階で発見するのが難しいので、定期的に健康診断を受けることもおすすめします。