膀胱結石

膀胱結石とは膀胱に結石ができ、膀胱が詰まって排尿が悪くなったり、血尿が出たりする病気です。

膀胱結石にかかりやすい犬種

その症状によりなりやすい犬種が存在する

ダルメシアン

犬の膀胱結石の症状

犬の膀胱結石とは、膀胱に結石ができる病気で、その為結石によって膀胱が詰まったり傷つけられ、尿の出が悪くなったり血尿が見られたりします。

思い通りに排尿が出来ないため、頻尿や失禁に繋がる事もあります。

基本的にはそこまで命に関わる病気ではありませんが、症状によっては尿が排出されず膀胱が破裂してしまうこともあります。

原因として

結石にはいくつか種類がある為、原因はさまざまです。

尿路感染によるものが原因だったり、遺伝や食事(カルシウムやマグネシウムなど)、犬種(ダルメシアンなど)によって発症されやすいものもあります。

また高齢時に発症される事も多く見られます。

発見するには

排尿の量が少なかったり血尿などで発見されることが多いですが、普段の排尿量を知らないとその発見も遅れてしまうことがある為、普段からどのくらいの排尿なのか観察すると良いでしょう。

また元気が無かったり発熱なども見られるため、さまざまな病気のチェックも兼ねて日々のスキンシップで様子を見ていきましょう。

予防

水分摂取量が少ないと、濃縮尿から発生リスクが上がる可能性がある為、しっかりと水分を摂る事も重要です。

しかし体に良いと思いミネラルウォーターを多く与えてしまうとミネラルの過剰摂取の問題も出てきますので注意が必要です。

また結石に繋がる可能性のある膀胱炎の予防が結果として結石の予防に繋がる事もあるため、あわせて覚えておくと良いでしょう。