尿路結石症

犬の尿路結石症とは、尿の通り道である腎臓や尿管・膀胱・尿道に結石ができてしまう症状の総称です。

ここでは犬の「尿道結石」「腎結石」「膀胱結石」について解説いたします。

尿路結石にかかりやすい犬種

結石にも種類があり、それぞれの結石症になりやすい犬種が存在します。

チワワ

ミニチュア・シュナウザー

ヨークシャー・テリア

ミニチュア・ダックスフンド

ダルメシアン

尿道結石


犬の尿道結石とは、尿道に結石ができることにより、排尿痛や排尿困難・血尿などの症状を引き起こす病気です。


水分摂取量の低下や尿路感染症により発症することがあります。


悪化すると腎臓にダメージを与え、尿毒症に発展する恐れもあります。
また、膀胱炎や尿道炎を併発することもあるので注意が必要です。

尿道結石について詳しくはこちら

腎結石

犬の腎結石とは、腎臓と尿管の接続部の腎盂とよばれる部位にできた結石の事をいいます。


小さな状態であれば臨床症状はなく経過をみていくこともありますが、進行すると腎盂腎炎や大きな結石になると急性腎不全を発症するおそれもある病気なので、注意が必要です。


主な症状として、血尿や元気の無い様子、食欲不振や腹痛などが見られます。。

腎結石について詳しくはこちら

膀胱結石

犬の膀胱結石とは、膀胱にできた結石によって膀胱が傷ついたり結石が詰まってしまったりする事により、血尿や尿が出づらくなるなどの症状が見られる病気です。


排尿がしにくくなる為、頻尿や失禁に繋がる事もあります。


症状が悪化すると急性腎不全の原因にもなり、最悪の場合膀胱が破裂してしまうこともあります。
原因としては食事や遺伝が主なものとされています。

膀胱結石について詳しくはこちら