オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパードのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

オーストラリアン・シェパード

かかりりやすい病気

オーストラリアン・シェパードとは

オーストラリアン・シェパードは名前にオーストラリアと入っていますが原産国はアメリカ合衆国になります。

アメリカではオゥシー(Aussie)の愛称で親しまれています。

オーストラリアン・シェパードは1800年代にオーストラリアからアメリカにやってきたバスク地方出身の羊飼いの組合が持ち込んだ牧羊犬が先祖と言われており、この時に組合がオーストラリアン・シェパードと名づけたものと言われています。

しかし一説ではグレート・ピレニーズやラフ・コリー、スムース・コリー、ボーダー・コリーなどの犬種が自然交雑されて誕生した犬種だが、オーストラリアから直接連れてこられた犬種と当時は考えられていたため、オーストラリアン・シェパードという名前でよばれています。

第二次世界大戦後1950年代まではあまり脚光を浴びる犬種ではありませんでしたが、ロデオやホース・ショーが流行ると映画やテレビなどのショーを通じて、一般的にオーストラリアン・シェパードは知られていきました。

その後1957年にオーストラリアン・シェパード・クラブ・オブ・アメリカ(ASCA)が設立されました。

日本ではあまり耳にしない犬種ですが、大型犬を飼うことが多い海外ではメジャーな犬種類になります。

オーストラリアン・シェパードの容姿

オーストラリアン・シェパードはバランスのとれた外貌をしており、体長が体高よりわずかに長い体躯をしています。

大きさは雄で体高が51-58cm、体重25-30kg、雌が体高46-53cm、体重16-25kg位の中型犬になります。シェパードという名前ではありますがどちらかというとコリー様な外見をしています。

目の色は一般的に多いのはブラウンですがブルー、アンバーなどがあります。また、左右の目の色が違う「オッド・アイ」の場合があります。

形はアーモンド形で目ぶちは毛色によって異なります。毛色がブルーマール及びブラックなものについては、目縁はブラックでレッドマール及びレッドのものは目縁がレバーまたはブラウンになります。

耳はほどよい大きさの三角形で、高い位置についています。集中している時などは耳が前に折れ曲がるかローズ・イヤーの様に横につきます。

被毛は直毛かウェーブ状のダブルコートになります。アンダーヘアーの毛量は気候によって変化します。

頭、耳、前肢の前、飛節(下腿とパスターンの間に位置する後肢の関節)の下の被毛がスムースになりますが前肢の後ろと大腿部、頸や旨には飾り毛があります。

色はブルーマール、ブラック(ブラックトライ)、レッドマール、レッドがあります。

またこれ等の色に白い斑のあるものやタン(カッパー)ポイントのあるものとないものがあります。

オーストラリアン・シェパードの性質

オーストラリアン・シェパードは元々、牧羊犬のため、もちろん牧畜の才能がありますが他にも護衛に強い本能を持つ使役犬になります。

性格は賢く、警戒心はありますがおとなしく穏やかな犬です。

安定した気質で、他の犬などと喧嘩することも少ないです。

しかし、警戒心はありますので自ら他の犬に近づくことは少ないです。

優しい犬になりますが、しつけはしっかり行ないましょう。

牧羊犬なので自分より小さい子供や動物などは噛んでコントロールしようとすることがありますので注意しましょう。

子犬のころからしっかりしつけてあげてください。

また、オーストラリアン・シェパードは牧羊犬になりますのでとても体力があり、一日中働くことも難しくありません。そのため毎日のお散歩は必須になります。

ただ歩くだけではなく駆け足などもいれて60分程度はお散歩してあげましょう。たまにはドッグランなどでフリスビーやボール遊びにも向いています。

また、ひとりぼっちも得意ではないので運動不足やコミュニケーション不足によってストレスを抱えると健康に影響してしまいますので注意が必要です。

被毛の手入れは長毛になりますので毛玉にならないよう定期的なブラッシングを行なってあげてください。

1ヵ月に1回はシャンプーやトリミングをしてあげてください。

オーストラリアン・シェパードは性格的にはしつけもしやすく飼いやすいのですが、ストレスを感じやすいので運動時間やコミュニケーションが長くとれない方は飼育向いていないでしょう。