ボルゾイの保険

ボルゾイの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

borzoi.jpg

ボルゾイの罹りやすい疾患

  • 外耳炎
  • 胃拡張/胃捻転
  • 白内障
  • 甲状腺機能低下症
  • 骨肉種

ボルゾイとは

ボルゾイはロシア原産の大型のサイトハウンドです。

サイトハウンドとは視力に優れ、視力により獲物を追跡する俊敏な猟犬を指します。

また、ボルゾイは9世紀にもわたり、ロシアの文化と歴史に重要な役割を担ってきたと言われています。

11世紀のフランスの年代記によるとロシアの大公の娘がフランスの王様アンリ一世に嫁入りする際に3頭のボルゾイが連れてこられたと記されています。

ボルゾイは元々貴族のオオカミ狩りの狩猟犬として活躍していました。

そのためロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていたのですが、1936年にロシア語で「迅速」を意味するボルゾイに改名されました。

しかしロシア革命後、貴族社会の崩壊によってかなりの数のボルゾイが始末されてしまいました。

それにより一時的にボルゾイは絶滅の危機もありました。

しかし、ロシア革命以前にロシア皇帝は訪れてきた王族たちに、よくボルゾイを贈り物として渡しました。

そのため絶滅の危機を回避することができました。

その後様々な国で今日のボルゾイまで発展し、現在ではその優美な外見から世界中の人から人気な犬種となっています。

ボルゾイの容姿

ボルゾイは高貴な容姿が魅力な犬種となっております。

体高は雄:75-85cm、雌:68-78cm が理想とされている大型犬です。

丈夫な骨格構成をしていますが、重量感があるわけではなく、ボディは細く引き締まっており、アーチ型をした背のラインをしています。

また、そのスリムなその空気抵抗の少ない体型と長い足で、時速50kmで狼より速く走ることができます。

ボルゾイはウェーブのかかった被毛がエレガントで魅力的な犬種でもあり、毛の色はブラウンとブルーの色調の毛色を除いた、あらゆる毛色の組み合わせがあります。

ボルゾイの特長

ボルゾイの性格は大変人間に忠実でおとなしく、大きな身体からは想像がつかない程のおおらかな心を持った人懐っこい性格の犬種です。

初対面の人間や犬に対しても礼儀正しく、良い印象を抱かせます。

吠え癖や噛み癖が殆どなく十分飼育しやすい犬種といわれており、一度信頼を置いた相手にはひたすら忠誠心を持ちますので、深い信頼関係を保つことが出来ます。

ボルゾイは知性が大変高い犬種ですので、飼い主の言葉の理解力や自分で物事を考えて判断する能力とのバランスが長けていますので躾もしやすいです。

しかし、飼育するのは十分な運動量が必要となります。

毎日、能力を思い切り発揮できる運動をさせることが大切です。

長めの散歩だけでもよいのですが、できれば散歩と合わせて、広い公園や海岸などで思いっきり全力疾走させてあげましょう。

走れる時間を最低でも1週間に1度は設けてあげることが大切です。

運動不足による足腰の筋肉の衰えや、走れないことによるストレスで問題行動を起こしたり、体調を崩したりしてしまうこともあります。

また、毛は長く、抜ける量も大変多いので日々のブラッシングはとても大切になります。

美しい毛並みを維持するためにも週に2〜3回お手入れはしっかりしてあげましょう。

原産国がロシアになりますので耐寒能力は高いですが、寝床には暖かい布団を敷いて風邪をひかないように健康管理に気を配ることが大切です。