グレーハウンド

グレーハウンドのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

グレーハウンド

かかりやすい病気

グレーハウンドとは

グレーハウンドは別名イングリッシュ・グレイハウンドとも呼ばれる、イギリスが原産国となるとても古い犬種です。

FCIの分類では、グループ10のサイトハウンドとよばれる獲物を視覚によって見つけ、脚力で獲物を追尾し捕獲する獣猟犬となります。

そのためドイツでは「風の犬」とよばれていました。

名前の由来は被毛がグレーからきている、英語のグレイト(grate)から来ている、グリーク(Greek)からきているなど諸説あります。

紀元前3000年前の古代エジプト王朝の墓石に、グレーハウンドと思われる犬が彫られており、ほかにも壁画や彫刻などにも原形がみられます。

また、紀元前100年前ごろのギリシアの文献によると現在の形とほとんど変化していないことがわかり、とても古いルーツをもつ犬種であるということがわかっています。

当時から狩猟犬として優秀で、鹿狩りなどで活躍していました。

これによりエジプトからギリシア、ローマを経てヨーロッパにわたったといわれています。

イギリスには9世紀以前には渡っていたといわれており、この頃のイギリスの文献や絵画、法規にグレーハウンドの名前が見られています。

16世紀ごろにうさぎを追いかける競技が開始されました(後に現在のドッグレースとなる)。

この競技でグレーハウンドが出場し、現在のドッグレースでも欠かせない存在といわれるようになりました。

このころ、スペインの探検家により、マスティフと共にアメリカに渡り、機械仕掛けの疑似餌を追いかけるドッグスポーツの「ルアーコーシング」で活躍するようになりました。

グレーハウンドの容姿

グレーハウンドは細身で筋肉質なすらりとした体つきをしており、スピード感に溢れた犬種です。大きさは雄で体高71-76cm、体重30-32kg、雌で68-71cm、体重27-30kgほどの大型犬になります。

グレーハウンドはイタリアン・グレーハウンドの先祖犬といわれており、見目形は似ていますが大きさが異なります。

頭は長くシャープな印象があり、オーバル形の目は斜めについています。

これはサイトハウンドの特徴で270度以上を見渡せることはできます。

耳は小さいローズイヤー(耳の内側が見えた状態で後ろに反り返った垂れ耳・バラのように見える耳)です。

ボディは大きくスクエアで、腰はすこしアーチしています。

しっぽは長く先細でカーブしているサーベル尾で、脚は長く細いですが骨量に富んでいます。

歩き方はグランド・カバリング(1歩で稼げる地面の範囲の大きいこと)をかなりのスピードで行なうことができます。

ドッグレースなどで活躍するだけあり、全犬種の中でもトップレベルの脚の速さです。

被毛は短毛で滑らかな触り心地です。

色はブラック、ホワイト、レッド、ブルー、フォーン、ブリンドルがあります。

グレーハウンドの性質

グレーハウンドは飼い主に従順で穏やかな犬種ですが、神経質で繊細なところもあります。

そのため信頼関係ができていない人には警戒することもあります。

他の動物と争ったりする攻撃的な性格ではありませんが、動くものに敏感に反応しますので、小型犬や子供と遊ばせるのには不向きでしょう。

突然走り出したりすることもありますので、それらを制御することは必須になります。

また、大型のハウンドになりますので、しつけなどがしっかり行ないましょう。

グレーハウンドは信頼関係をしっかり築ければ、比較的しつけをしやすいといわれています。

信頼関係の構築はしっかり行なうようにしましょう。

また、飼育する面では嬉しいことに吠えることはあまりなく、静かな犬になります。

おうちでもゆっくりと静かにすごすのが好きな傾向があるので、リラックスできる空間を作ってあげましょう。

また、寒さにとても弱いので、冬場は環境に十分注意してあげてください。

また、グレーハウンドはスタミナがあり運動量が多い犬種になります。

毎日のお散歩は必須になります。

グレーハウンドは長距離の運動より短距離を全速力で走ることに向いています。

そのためドッグランなどで思いっきり走らせてあげることは大切です。

グレーハウンドのおていれはとても楽です。時々ブラッシングをしてあげてください。

とても優美で穏やかな犬種なので、飼育はしやすいのですが、運動量がとても多く、ストレスに弱い一面もあります。

しっかり運動などさせてあげる環境がない場合はおすすめできない犬種です。