ミニチュア・シュナウザー|犬の保険

ミニチュア・シュナウザーは、人と接することを好み甘えん坊で寂しがりや、そして口ひげとまゆ毛が長くふさふさという可愛らしい特徴を持っています。またとても活発的で遊びまわることが大好きです。
日本におけるミニチュア・シュナウザーの飼育頭数は7,994頭で、シュナウザー(ジャイアント、スタンダード、ミニチュア)の中で最も飼育頭数が多い犬種となっています。 (参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。
しかしながら、ミニチュア・シュナウザーは「肥満」・「高脂血症」が原因である病気にかかりやすく、特に胆石症や膵炎、糖尿病を発症しやすい犬種です。また尿路結石症や白内障を発症しやすい犬種でもあります。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてミニチュア・シュナウザーのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

ミニチュア・シュナウザーのかかりやすいケガ・病気

胆石症:胆嚢に胆石(胆汁が変性したもの)が貯留してしまう病気です。
尿路結石症:尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石や結晶ができ、尿道につまってしまう病気です。
白内障:眼の中の水晶体が白く濁り、徐々に視力が低下していく病気です。
膵炎:血糖値を正常にコントロールする働き、栄養分を消化する働きをもつ膵臓に炎症が生ずる病気です。
糖尿病:肥満傾向が強い犬種なため、肥満が原因で糖尿病を引き起こすことが多いといわれています。

ミニチュア・シュナウザーの保険金お支払い事例

ミニチュア・シュナウザーが身近になりやすい症例として胆石症を例にPS保険加入していた場合の補償事例を挙げさせていただきました。下記は通院・入院・手術の事例となっております。

診療項目 単価 数量 金額
入院費 ¥3,000 6 ¥18,000
X線検査(2枚) ¥6,500 1 ¥6,500
超音波検査 ¥3,000 1 ¥3,000
血液検査 ¥7,800 1 ¥7,800
静脈点滴 ¥3,000 3 ¥9,000
皮下注射 ¥2,000 3 ¥6,000
麻酔 ¥15,000 1 ¥15,000
静脈カテーテル留置 ¥3,000 1 ¥3,000
手術料 ¥50,000 1 ¥50,000
診察料 ¥500 1 ¥500
抜糸 ¥1,000 1 ¥1,000
内服薬 ¥300 6 ¥1,800
合計 ¥121,600
 
50%補償プラン
通院費 ¥750
入院費 ¥26,050
手術費 ¥34,000
合計 PS保険が¥60,800をお支払いします
(自己負担額¥60,800)
70%補償プラン
通院費 ¥1,050
入院費 ¥36,470
手術費 ¥47,600
合計 PS保険が¥85,120をお支払いします
(自己負担額¥36,480)
100%補償プラン
通院費 ¥1,500
入院費 ¥52,100
手術費 ¥68,000
合計 PS保険が¥121,600をお支払いします
(自己負担額¥0)

※この診療明細書は参考例となります。したがって、診療費用・内容の平均・水準を示すものではありません。
保険ご加入ご検討の際は、保険料補償内容をご確認ください。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

PS保険でのミニチュア・シュナウザーのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約12万円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では56万円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 東京都 胆石、肝炎 ¥561,400
2 千葉県 白内障(両眼) ¥527,900
3 広島県 リンパ腫 ¥454,600
4 長野県 マラセチア(左耳)・ストルバイト ¥387,800
5 神奈川県 肺葉捻転 ¥384,000

※こちらは当社ご契約者様が実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

ミニチュア・シュナウザーのかかりやすいケガ・病気・予防に関して

ミニチュア・シュナウザーのケガ・病気の予防に関して家庭でできることは以下のとおりです。
ケガ・病気が起こった場合、保険に入っていれば家計の助けになりますが、実際愛犬とご家族は悲しい思いをします。
そのためには事前に予防処置をしておくことが重要です。実際に愛犬へのケガ・病気の予防について実施する場合は、かかりつけの動物病院にご相談の上、実施してください。

胆石症

脂肪消化の役割をもつ胆汁が濃縮、変性し胆石となり、胆嚢に貯留してしまう病気です。初期症状は特にないことが多く、レントゲン検査やX線検査などを受けた際に偶然発見されるケースが多く見られます。症状が進むと、元気がなくなる、食欲がなくなる、嘔吐などの症状があらわれます。日頃から高カロリー、高脂肪な食事・おやつには注意をし、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。また適度な運動も必要です。上記の説明にもありますが、初期症状が特にないことが多いため、早期発見・早期治療のためにも定期的な検査を受けることをおすすめします。

尿路結石症

尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石や結晶ができ、尿道につまってしまう病気です。発症すると、排尿を我慢できずいつもと違うところで排尿をする、腹部を触ると痛がる、血尿が出る、排尿の姿勢をとるが排尿ができないなどの症状が出ます。ミニチュアシュナウザーは1回の尿の量が少ないことから、尿路結石を起こしやすいと言われています。尿路結石症を防ぐためには、マグネシウムやリン、カルシウムなどの結石の材料となるミネラル分を日々の食事で制限する、水分摂取量を多くする、トイレは常に清潔にして気持ちよく排泄できるようにするなどの対策・予防が必要です。

白内障

ミニチュア・シュナウザーは眼科疾患が多い犬種といわれており、眼科疾患の中でも特に白内障の発症率が高くなっています。白内障は眼の中の水晶体が白く濁り、徐々に視力が低下していく病気です。視力の低下により、物にぶつかりやすくなる、段差につまずく、周りが見えず不安になるなど症状が出ます。白内障は早期発見・早期治療が重要なため、上記のような症状が見られたらすぐに病院での診察を受けてください。また定期的な検査を受けることをおすすめします。また糖尿病による併発も多いことから、肥満にならないよう注意が必要です。

膵炎

脂肪分の多い食事やおやつによる肥満や高脂血症、高カルシウム血症などが原因で、膵臓に炎症が起き膵炎が発症する場合が多いとされています。また中老年齢に多く見られ、発症すると、食欲がなくなる、元気がなくなる、嘔吐、下痢、腹痛などの症状がでます。膵炎を予防するためにも脂肪分の多い食事やおやつは避け、栄養バランスの良い食事を与えましょう。また日頃から適度な運動を心がけましょう。

糖尿病

ミニチュア・シュナウザーは肥満傾向が強い犬種といわれているため、肥満が原因となる糖尿病にも注意が必要です。糖尿病は血液中のグルコース(糖)を細胞内に取り入れるインスリンというホルモンの働きが悪くなることで血液中の糖分が多くなり、尿から糖が検出される病気です。
糖尿病が発症すると、食べているのに体重が減る、水を大量に飲むなどの症状が起こり、また上記の説明にもありますが白内障を併発することもあります。そのため適度な食事と運動を心がけましょう。「可愛いから」「食べたそうにしているから」といって必要以上の量をあげてしまっては愛犬のためにはなりません。ご家族の健康管理が必要です。また上記のような症状が見られた場合は、すぐに動物病院へのご受診をおすすめします。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

ミニチュア・シュナウザーの特徴

ミニチュア・シュナウザーとは

19世紀後半、ドイツの農民が農作業中にネズミによる農作物の被害で大変困っており、農民たちは、ネズミ捕り用の犬としてミニチュア・シュナウザーを誕生させました。別名はツヴェルグシュナウザーと言います。
ネズミ捕り用として誕生したこともあり、動きが機敏ですばやく、好奇心旺盛です。また、体力がある犬なため、毎日の散歩が必須で、自由に走ることができる広場があるとよりストレスを溜め込むことなく生活することができます。また、動くものにもとても反応し、その対象となるものを観察したり追いかけたりすることが大の得意です。
もともと土の上で活躍を見せていた犬のため足の皮膚が強くなく、真夏の炎天下での散歩や、熱せられたアスファルト等ではやけどしてしまうことがあるため、時間帯を考えて外に出してあげることが必要になります。

ミニチュア・シュナウザーの容姿

長い口ひげとまゆ毛が特徴的で、これはネズミの攻撃から顔を守るために残されたものといわれています。また体高と体長が同じぐらいで、真横から見るとスクエアタイプの体型となっており、引き締まった体つきをしています。
毛色にはブラック、ホワイト、ソルト・アンド・ペッパー、ブラック・アンド・シルバーがあります。
また被毛は伸びるのが早いため、定期的にシャンプー、トリミングを行うことが必要です。目の周りにも毛が多いことから眼の疾患にかかりやすい傾向にあるため、こまめなお手入れが必要となります。しかしながら、換毛期がない犬種といわれているため、抜け毛は基本的に少ないといえます。

ミニチュア・シュナウザーの性質

ミニチュア・シュナウザーは人のために働いていた犬ということから、人と接することが大好きでとても人懐っこい犬です。そしてとても甘えん坊で寂しがりやでもあります。また、しっかりとしつけの練習をすれば言うことを聞くようになり、人に吠えたり飛びついたりなどもしません。ネズミ捕りのイメージから落ち着きのない犬と思われることがありますが、そんなことはありません。
愛情深く寂しがりやな一面を持つミニチュア・シュナウザーは、外で過ごすよりも人の顔が見える室内で家族に甘えながら同じ空間で過ごすことを好みます。たくさんの愛情を与えればたくさんの愛情を持って犬も接してくれます。
頑固な一面を出す時もありますが相手の言うことを聞いていないわけではなく性格上です。しつけをする際はこちらも引かずに続けて教えましょう。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

※このページはごく簡単な説明を記載したものです。詳細につきましては、本WEBサイト、パンフレット、重要事項説明書等をご確認ください。