ビーグル|犬の保険

ビーグルは、小型でがっちりとした体、大きく垂れ下がった耳が特徴的です。性格は活発で好奇心が旺盛、かつ社交的で明るいことから人気が高く、日本での飼育頭数は3,017頭となっております(参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。
基本的に丈夫な体をしているビーグルですが、ビーグルの特徴的な体型や体質から外耳炎やクッシング症候群、椎間板ヘルニアなど、かかりやすいとされている病気もあります。 PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてビーグルのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

ビーグルのかかりやすいケガ・病気

外耳炎:細菌やダニが繁殖することで発症し、かゆみや腫れなどの炎症を引き起こします。
クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症):コルチゾールという副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで起こる病気です。
椎間板ヘルニア:脊椎への負担をやわらげる椎間板が損傷し、脊髄を圧迫することで発症します。
悪性腫瘍:発育速度が速く正常な細胞を破壊し、また再発・転移をきたす病気です。

ビーグルの保険金お支払い事例

ビーグルが身近になりやすい症例として悪性腫瘍を例にPS保険加入していた場合の補償事例を挙げさせていただきました。下記は通院・入院・手術の事例となっております。

診療項目 単価 数量 金額
入院費 ¥3,000 5 ¥15,000
X線検査(2枚) ¥6,500 1 ¥6,500
血液検査 ¥7,800 1 ¥7,800
超音波検査 ¥3,000 1 ¥3,000
静脈点滴 ¥3,000 1 ¥3,000
皮下注射 ¥1,500 2 ¥3,000
麻酔 ¥15,000 1 ¥15,000
静脈カテーテル留置 ¥3,000 1 ¥3,000
手術料 ¥45,000 1 ¥45,000
病理組織学的検査 ¥15,000 1 ¥15,000
診察料 ¥500 1 ¥500
抜糸 ¥1,000 1 ¥1,000
内服薬 ¥300 10 ¥3,000
合計 ¥120,800
 
50%補償プラン
通院費 ¥750
入院費 ¥28,150
手術費 ¥31,500
合計 PS保険が¥60,400をお支払いします
(自己負担額¥60,400)
70%補償プラン
通院費 ¥1,050
入院費 ¥39,410
手術費 ¥44,100
合計 PS保険が¥84,560をお支払いします
(自己負担額¥36,240)
100%補償プラン
通院費 ¥1,500
入院費 ¥56,300
手術費 ¥63,000
合計 PS保険が¥120,800をお支払いします
(自己負担額¥0)

※この診療明細書は参考例となります。したがって、診療費用・内容の平均・水準を示すものではありません。
保険ご加入ご検討の際は、保険料補償内容をご確認ください。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

PS保険でのビーグルのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約12万円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では約83万円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 静岡県 白内障(左右)、嘔吐下痢 ¥837,900
2 茨城県 肝細胞腺腫 ¥647,500
3 静岡県 悪性リンパ腫・尿結石・細菌性炎症・セレモニー ¥550,300
4 東京都 前十字靭帯断裂(右) ¥507,200
5 山口県 膀胱炎、膀胱ガン ¥278,000

※こちらは当社ご契約者様が実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

ビーグルのかかりやすいケガ・病気・予防に関して

ビーグルのケガ・病気の予防に関して家庭でできることは以下のとおりです。
ケガ・病気が起こった場合、保険に入っていれば家計の助けになりますが、実際愛犬とご家族は悲しい思いをします。
そのためには事前に予防処置をしておくことが重要です。実際に愛犬へのケガ・病気の予防について実施する場合は、かかりつけの動物病院にご相談の上、実施してください。

外耳炎

ビーグルは垂れ耳な犬種であることから、通気性が悪く蒸れやすいため、外耳炎を発症しやすいといわれています。シャンプーの後などに耳の中を濡れたままの状態にしておくと細菌やダニが繁殖し、外耳炎を発症し、かゆみや腫れなどの炎症を起こします。
汚れ、臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻く症状が見られたら病院へ。定期的な耳の掃除、ご自宅や病院で耳の状態チェックをしていただくと予防や早期発見につながり、治療期間短縮にもなります。ご自宅での耳掃除によって耳が傷つくこともありますので、動物病院から耳掃除の方法について相談するのも良いでしょう。またご自宅でのシャンプー水浴時・耳の中を長時間ぬれたままにせず、すぐ乾燥させる対応をおこないましょう。

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

クッシング症候群とは、脳内や副腎での腫瘍の発生や薬の副作用により、コルチゾールという副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで起こる病気です。発生は8歳以上が多いといわれており、また甲状腺機能低下や糖尿病を併発する恐れもあります。発症すると元気消失、多食、多飲多尿、左右対称の脱毛、ポットベリー(ビール腹のようになる)などの症状が出ます。あいにく効果的な予防法は確立されていないため、早期発見・早期治療が重要となります。動物病院での定期検査もお勧めします。

椎間板ヘルニア

脊椎への負担をやわらげるクッションの役割を果たしている椎間板が損傷し、脊髄を圧迫して起こる疾患で、発症すると激痛、麻痺により歩行が困難になることがあります。予防として、階段の上り下りや高い場所からの落下、飛び降りに注意が必要です。フローリング(滑りやすい床)であればカーペットを敷くなどの対応をとり、足腰に負担をかけないよう心がけましょう。またビーグルは運動量を多く必要としている犬種のため、運動を怠ることで肥満体型となり、体重による脊椎への負担が増えますので体重管理も重要となります。

悪性腫瘍

まず腫瘍には二種類あり、発育速度が遅く基本的には転移をきたさない良性腫瘍と、発育速度が速く正常な細胞を破壊し、また再発・転移をきたす悪性腫瘍があります。腫瘍発生率は高齢になると増加する傾向が見られます。悪性腫瘍は犬種に限らず発症するため、ビーグルにも発症する病気です。
悪性腫瘍の特徴的な症状は、発熱、食欲不振、貧血症状、リンパ節の腫れ、触知できるしこりなどがあります。悪性腫瘍は早期発見が重要なため、日頃からペットちゃんを抱いたり、身体の隅々まで触る等、身体になにか異常がないかをチェックし、また定期的な検査を受けることをおすすめします。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

ビーグルの特徴

ビーグルとは

ビーグルの歴史はとても古く、紀元前からギリシアでウサギの狩猟犬として活躍していた小型ハウンド犬とイギリスのハウンド犬を交配させた結果誕生したのがこの犬種です。15世紀から16世紀頃はイギリスでスポーツとしてのウサギ狩りが流行していたため、ウサギ狩りに適した犬種として大事にされていましたが、17世紀頃にはアメリカにも輸入されるようになり、狩猟犬としてだけでなく、家庭でペットとして愛され人気となりました。また、19世紀の明治期には日本にも輸入されるようになり、アメリカと同様に狩猟犬としてよりも家庭用のペットとして人気の犬種となりました。
また小型サイズの狩猟犬だったことから、名前もフランス語で「小さい」という意味を表しています。

ビーグルの容姿

小柄な体の割にがっしりとした体格をしているのが特徴的で、垂れ下がった大きな耳や丸い大きな目といった非常に愛らしい顔立ちをしています。また世界的に有名な人気キャラクターのモデル犬にもなっています。
被毛は短毛のダブルコートでツヤがあり、とても丈夫で強い毛質をしています。ダブルコートなため、換毛期の抜け毛は特に多くなります。こまめなブラッシングを心がけましょう。
カラーでもっとも良く知られているものはトライカラーです。また尻尾の先と足もとはホワイトカラーであることが特徴的となっています。

ビーグルの性質

性格は活発かつ好奇心旺盛、さらに温厚で社交的であることから誰とでも仲良くなれるので集団生活が得意と言え、多頭飼いも出来る犬種です。しかし社交的で明るい活発な性格をしている分、とても寂しがりなところもあるため、家に一匹で留守番をさせるといつまでも寂しさを表して吠え続けてしまうといったこともあります。そのため小さいときから留守番など一匹でいることに慣れるように訓練するなどのしつけが必要になります。
また、非常に優れた嗅覚をしているため、空港などで検疫探知犬としても活躍するなど、人の役に立つ仕事が出来る犬種です。また、小柄な体格のためか他の犬種とは違い、遠くまでよく響く美しい声を持っていることも特徴のひとつに挙げられます。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

※このページはごく簡単な説明を記載したものです。詳細につきましては、本WEBサイト、パンフレット、重要事項説明書等をご確認ください。