犬の全身性エリテマトーデス

目次

犬の全身性エリテマトーデスってどんな病気?

エリテマトーデスとは免疫の異常によって体内組織が自分の身体を攻撃してしまう、自己免疫疾患のひとつです。

犬のエリマトーデスには全身の皮膚、および臓器に症状が現れる「全身性エリテマトーデス」と、主に鼻や耳、目の周りに症状が発生する「円板状エリテマトーデス」の2種類があります。

犬の全身性エリテマトーデスの原因

犬の全身性エリテマトーデスの原因は、はっきりとわかっていませんが、遺伝的な要因やレトロウイルスへの感染などが考えられています。

また、犬へのワクチン、薬物投与、ストレス、感染症、紫外線に当たることで症状が悪化してしまうといわれています。

この病気では、自己抗体が抗原と抗体が複合した免疫複合体と呼ばれるものを形成し、これが犬の皮膚、血管、関節包膜など体内の様々な箇所に沈着し、細胞組織を攻撃することで炎症が発生します。

犬の保険について

どんな犬が全身性エリテマトーデスにかかりやすいの?

犬の全身性エリテマトーデスの特徴とチェック項目

犬が全身性エリマトーデスを発症すると、全身の皮膚に脱毛、皮膚が赤くなる(紅斑)、水疱、肉球部分の潰瘍、発熱、多発性関節炎による四肢の跛行(引きずるような動き)、むくみ、腹水、蛋白尿、リンパ節の腫れといった様々な症状が見られます。

主に、ステロイド剤や免疫抑制剤の適切な投薬治療で症状は改善しますが、完治は難しく、寛解と再発を繰り返しながら慢性化していく傾向があるといわれています。

また、腎不全や薬剤による合併症、全身性の二次感染(肺炎、敗血症)によって犬が亡くなってしまう場合もあります。

どうやって予防したらいいの?

エリテマトーデスを始めとする犬の免疫系疾患の多くは、その原因がはっきりせず、これといった予防対策はありません。

早期発見、早期治療が重要ですので、日ごろから愛犬の様子をこまめにチェックし、上記のような症状が見られる場合は、早めに動物病院での診察を受けるようにしてください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。