巨大食道症(食道拡張症)

巨大食道症は「アカラシア」とも呼ばれ、食道が広がってしまいその働きが低下することで、食べたものをうまく胃まで運ぶことができなくなってしまう症状を指します。

口から入った食べ物が来ると、食道は蠕動運動という収縮運動によって食べ物を胃まで運ぼうとします。

しかし、巨大食道症にかかっている場合食道が何らかの原因で伸びきってしまい、蠕動運動ができなくなってしまうのです。

人間と違って犬は四本足ですので、口から胃までをつなぐ食道は地面に対して並行に作られています。

そのため、蠕動運動によって胃に食べ物を送り込めないと食べ物が食道の途中で滞ってしまい、垂れ下がったような上体になってしまうのです。

犬の巨大食道症(食道拡張症)にかかりやすい犬種

また、以下の犬種では遺伝性な要因によって発症することが確認されています。

犬の巨大食道症(食道拡張症)の原因

巨大食道症になると、胃まで食べたものが運ばれないためすぐに吐いてしまいます。

とくに、噴き出すように吐いてしまうのが大きな特徴です。

食べても吐いてしまうため栄養が取れず衰弱しどんどん痩せてしまいます。

また、吐いてしまう際にもどしたものが気官から肺に入ってしまうと、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまう場合もあります。

巨大食道症が元で亡くなるケースでは、この肺炎によるものが死因として高い割合を占めています。

犬の巨大食道症(食道拡張症)の症状

巨大食道症の原因としては、先天的なものと後天的なものの2種類の場合があります。

先天的な要因に関しては、食道周辺の筋肉や神経に何らかの異常があることが確認されていますが、詳しい原因はまだはっきりと分かっていません。

後天的な原因としては、ホルモンの異常、神経や筋肉の疾患、重症筋無力症や食道部分の腫瘍によるものなどが考えられています。

巨大食道症(食道拡張症)の予防と対策

巨大食道症は予防や治療が難しい病気といわれています。

早期発見・早期治療が大事ですので、日ごろから愛犬の食後の状態をよく観察するようにしましょう。

特に、上記のような嘔吐の様子が見られる場合で、愛犬がまだ幼い場合はなるべく早急に動物病院での診察を受けるようにしましょう。

PS保険では巨大食道症(食道拡張症)の治療には保険が適用される?

PS保険に加入している場合、通院や入院、手術にかかる費用は補償の対象となります。

ただし、加入以前に動物病院で診療を受けた際に、巨大食道症と診断されている場合、PS保険に加入することはできませんのでご注意ください。