出血性胃腸炎

出血性胃腸炎とは急に胃や腸の炎症が悪化し出血までに至った状態のことで、小型犬がなりやすい病気です。

出血性胃腸炎にかかりやすい犬種

若い成犬(2~4歳)の小型犬全般

犬の保険について

犬の出血性胃腸炎の症状

急に症状が発症される病気で、元気だったのに、数時間~半日して元気が無くなり、血液の混じった悪臭のある水様性下痢や嘔吐が見られます。

重篤時にはショック症状や命に関わる場合もあるため、注意が必要な病気です。

原因として

まだ解明されていないことが多いですが、おそらく胃腸内での免疫反応が原因ではないかと考えられています。

小型犬の2~5歳くらいの年齢で発症を見ることが多いと言われています。

発見するには

数時間前までは元気だったものの、急に嘔吐や黒っぽいジャム状の血便や血混じりの下痢などが見られることで発見されることが多いです。

黒っぽいなど通常に見られる赤い鮮血でない場合には内臓など臓器の異常を疑うことが出来るため、早期の治療が望まれます。

症状が見られた際にはすぐにお近くの動物病院へ診察を受けて下さい。

予防

原因もはっきりしていないため、明確な予防法はありません。

急激に症状が進行する病気なので、すぐに搬送できるように最寄の動物病院を調べておくことが大事になります。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

当社のペット保険は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。