犬の血便の原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

犬が血便を出す、便に血が混じる原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。また、病院に連れて行くタイミング、予防や対処法などを獣医師さんに伺ってみました。

血便と言っても色や状態によって原因となる部位が異なり、深刻度も違います。気になることがあれば、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

犬の血便の原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

目次

犬の血便の原因とは?

―犬のうんちに血が混じる、血便の原因として、どんなものが考えられますか?

血便は何らかの理由で消化管の粘膜が傷ついて出血し、血液がうんちと一緒に排泄されたものです。血便には鮮血が混じった赤い便と真っ黒なタール便(黒色便)の2種類があります。

鮮血が混じった赤い便

鮮血が混じった赤い便は、出血してからうんちとして排泄されるまでの時間が短く、犬の小腸や結腸、大腸、肛門など、うんちの出口に近い場所で出血していることを意味します。

黒色のタール便

一方、黒色のタール便は、出血してからうんちとして排泄されるまでの時間が長く、血液が酸化して黒くなったものです。こちらは、犬の食道や胃、十二指腸など、うんちの出口から遠い場所で出血が起こっていることを意味します。

犬の血便の原因となる病気とは?

犬の血便の原因となる病気とは?

―犬の血便の原因としてどんな病気が考えられますか?

犬の血便の原因となる病気には、感染症やがん(悪性腫瘍)、異物誤飲、免疫反応の異常、ストレスなどさまざまなものがあります。

感染症による血便

感染症によって消化管の炎症が引き起こされると、血便が出ることがあります。消化管の炎症を引き起こすような感染症には、サルモネラやカンピロバクターなどの細菌による細菌性腸炎、パルボウイルスやジステンパーウイルスなどのウイルスによるウイルス性腸炎、ジアルジアやコクシジウムなどの寄生虫による寄生虫性腸炎などがあり、血便や下痢などの症状が見られます。

がん(悪性腫瘍)

犬のがんにはさまざまな種類がありますが、小腸にできる消化器型リンパ腫や、大腸にできる炎症性ポリープ(ミニチュア・ダックスフントによく見られる)が多く見られ、高齢犬によく発生します。がんは健康な粘膜と比較して傷つきやすく、うんちが通るだけで出血することがあります。

症状は、がんの種類や発生場所などによって異なりますが、多くの場合、血便以外にも嘔吐や下痢、便秘、体重減少、食欲不振などの症状が見られます。

がん(悪性腫瘍)の詳しい原因、症状、治療や予防法については、獣医師監修の記事「犬のがん(悪性腫瘍)」を併せてご覧ください。

異物誤飲

異物誤飲とは、本来口にしてはいけないものを誤って飲み込んでしまうことを言います。これは、好奇心旺盛で何にでも興味を示す子犬に起こることが多く、おもちゃで遊んでいる最中に何かの拍子で誤って飲み込んでしまったり、お腹がすいて人間の食べ物を口にしてしまったりします。

異物誤飲をすると必ず血便が出るわけではありませんが、石のように消化できないものや焼き鳥の竹串といった尖ったものを犬が誤飲してしまうと消化管の粘膜が傷つき、出血をすることがあります。また、除草剤や殺鼠剤などを犬が誤って口にしてしまうと中毒症状を起こし、血便や嘔吐などが見られることもあります。

免疫反応の異常

免疫反応の異常によって犬の消化管に炎症が起こる炎症性腸疾患(IBD)や、食べ物に対して過剰な免疫反応をおこしてしまう食物アレルギーなどによって血便が出ることがあります。炎症性腸疾患(IBD)は血便以外にも嘔吐や下痢などの消化器症状が、食物アレルギーは血便以外にも嘔吐や下痢などの消化器症状や皮膚炎などの症状が犬に見られます。

炎症性腸疾患のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「犬の炎症性腸疾患」を併せてご覧ください。

ストレス

私たち人間もストレスで消化器症状を起こすことがありますが、犬も引っ越しやペットホテルなどで住環境が変わったり、赤ちゃんや新しいペットなど新たに家族が増えたりとストレスを感じ、血便が出ることがあります。

犬の血便で、こんな症状ならすぐ病院へ

犬の血便で、こんな症状ならすぐ病院

心配のいらない犬の血便

―心配のいらない血便について教えてください。

血便が出たものの嘔吐や下痢などの症状がなく、食欲や元気はあるという場合は、ストレスで血便が出た可能性があります。ストレスの原因を取り除けるのであれば取り除き、難しい場合はコミュニケーションを増やしたり、なるべくそばにいてあげたりすることで、愛犬が安心して過ごせるような環境作りを心がけましょう。ただし、血便が治らない、止まらない、続くという場合や血便以外の症状が見られるようになった場合は、何かしらの病気を引き起こしている可能性があるため、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

受診を強く勧める犬の血便の症状

―受診すべき血便の見分け方、併発するそのほかの症状を教えてください。

血便のほかに嘔吐や元気消失、食欲低下などの症状を伴う場合や血便を繰り返す、出血量が多い、黒色のタール便が出ている場合などは、治療が必要な病気にかかっている可能性が高いため、すぐに動物病院を受診しましょう。

特に、子犬(特に生後3カ月未満)に多く見られるパルボウイルス感染症や異物誤飲、老犬に多く見られる消化管のがんは命にかかわる危険性があります。血便のほかに上述の症状が現れたら、様子を見ようとせず、すぐに動物病院を受診し、治療を受けるようにしましょう。

犬の血便の対処法

犬の血便の対処法

―犬が血便をしたら、どう対処すればいいのでしょうか?

犬が血便をした場合は、すぐにうんちを片付けるのではなく、まずはうんちの状態をしっかり観察します。そして、下記リストの内容を確認し、忘れないようにスマートフォンで撮影をしたりメモを取ったりしておきましょう。

  • うんちの色は何色か
  • うんちの硬さはどうか
  • 血だけでなくゼリー状の粘液が混じっていないか
  • 血はうんちの外側に付いているのか、あるいは中に混じっているか

また、動物病院ではうんちの検査をするため、うんちは捨てずに動物病院へ持って行きましょう。専用のケースを持っていなくても、ペットシーツにくるみビニール袋に入れたり、直接ビニール袋に入れたりして持って行けば大丈夫です。なお、感染によって血便が出ている可能性もあるため、感染が広がらないよう、うんちを片付けた後は手をしっかり洗い、多頭飼育をしている場合には、ほかの犬がうんちに近づくことがないようにしてください。

次に、愛犬の状態をよく観察します。そして、次のよう点を確認し、メモを取っておきましょう。

  • 嘔吐をしていないか
  • 元気がなく、ぐったりしていないか
  • 食欲はあるか

また、異物誤飲の可能性が疑われる場合、飲み込んでしまったおもちゃの破片が残っていれば、捨てずに動物病院へ持って行くと材質がわかり、診察の際に役立ちます。

まとめ

犬の血便は、ストレスによるものから命にかかわる重大な病気まで、さまざまな原因が考えられます。そのため、動物病院を受診するべきかどうかの判断に悩む場合は、様子を見るのではなく、動物病院を受診してしっかり検査をしてもらうようにすると安心です。

また、感染による血便を引き起こす一部のウイルスは混合ワクチンで、寄生虫は予防薬である程度予防することができます。そのため、定期的にこれらの予防を行うようにしましょう。

さらに、日頃から健康診断を受ける習慣をつけておくと、血便を引き起こすような病気だけでなく、愛犬のさまざまな病気を早期発見・早期治療することができます。そのため、特に高齢犬では1年に1回程度、動物病院で健康診断を受けるようにしましょう。

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。