犬がいちごを食べても大丈夫。与え方の注意点を獣医が解説

犬にいちごを与えても大丈夫です。ただし、食べすぎや大きな粒のままは要注意です。ここでは、犬の体格ごとに与えていいいちごの量を始め、いちごの与え方について獣医師が詳しく解説します。

犬がいちごを食べても大丈夫。与え方の注意点を獣医が解説

目次

いちごは犬が食べても大丈夫

―いちごを愛犬に与えてもいいのでしょうか。成分的に問題はありますか?

いちごは少量であれば、犬に与えても大きな問題はありません。

また、いちごは美容や健康に良い食べ物として知られているとおり、さまざまな栄養素が含まれています。そして、それらの栄養素の中には、犬に対しても下記のように良い効果をもたらしてくれるものがあります。

ビタミンC

健康な犬であれば体内でビタミンCを生成することができるため、必ずしもいちごから摂取しなければいけない栄養素ではありません。しかし、ビタミンCには抗酸化作用があるため、激しい運動や加齢などによる酸化ストレスに有効であるとされています。さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成にも大きくかかわっているため、皮膚や関節にも良いと言われています。

食物繊維

いちごには食物繊維が豊富に含まれています。特に水溶性食物繊維のペクチンは、腸内の食物の移動を遅くし、便を整える働きがあります。ただし、摂取しすぎると逆に下痢をすることがあります。

アントシアニン

アントシアニンはブルーベリーにも含まれる色素成分です。抗酸化作用をもち、犬の目の健康維持をサポートしてくれると言われています。

犬に与えてもいいいちごの量

犬に与えてもいいいちごの量

―犬に与えてもいいいちごの量を教えてください。

いちごを犬に与えたい場合、特に気を付けなければいけないのが、カロリーや水溶性食物繊維の量です。

いちごのカロリーは100gあたり34kcal、水溶性食物繊維は0.5g含まれています。これらを基に体格別の許容量(一日)をご紹介します。

超小型犬(体重4kg未満)

1/2粒程度

小型犬(体重10kg以下)

1粒程度

中型犬(体重25kg未満)

2粒程度

大型犬(体重25kg以上)

大型犬は体重によって異なり、一日3粒~が許容量です。

※上記の量はおおよその目安であり、実際の体格や運動量などによって異なります。
※ここでいう1粒とは、30gの中サイズのいちごのことを指します。

―犬にとっていちごが健康にいいなら、たくさん食べさせたくなります。

先述のとおり、犬にいちごをたくさん与えてしまうと、カロリーオーバーして肥満につながったり、水溶性食物繊維の取りすぎで下痢のような消化器症状を引き起こしたりするリスクがあります。

また、甘くておいしいいちごの味をしめてしまうと、いつも食べているドッグフードを食べなくなり、偏食や選り好みを助長するリスクもあります。

確かに、いちごにはたくさんの栄養素が含まれていますが、健康な成犬であれば、あえていちごから摂取しなければならない栄養素はありません。主食のドッグフードの量に影響が出ないように、おすそ分け程度にとどめましょう。

犬にいちごを与えるときの注意点

犬にいちごを与えるときの注意点

食材の処理の仕方

―愛犬にいちごを食べさせるときに注意することはありますか?

ビタミンCは熱に弱く、加熱すると壊れてしまいます。そのため、犬にいちごのビタミンCを摂取させたいのであれば、生のいちごを与えるようにしましょう。

また、いちごを丸呑みしてしまうと喉に詰まってしまうリスクがあります。特に超小型犬や小型犬では、いちごを小さくカットしたり潰したりしてから与えるようにしましょう。

いちごのへたは犬に食べさせないで!

―犬にとって食べられない、適さないいちごの部位はありますか?

食べられないわけではありませんが、へたは固くて食べにくい部位です。そのため、犬にいちごを与える際は、へたを取ってから与えるといいでしょう。

アレルギー

人間同様、犬も食べ物に対してアレルギーを引き起こすことがあり、いちごも例外ではありません。そのため、愛犬にいちごを初めて与える際には、少しずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。消化器症状や体をかゆがるなど、アレルギー症状が見られた場合はすぐに動物病院を受診するようにしてください。

また、いちごと同じバラ科の果物や、シラカバなどのカバノキ科の花粉に対するアレルギーをもっている犬は、いちごに対してもアレルギーを起こす可能性があるため、与えないようにしましょう。

いちごの加工食品

―いちごの加工食品、ジュースや缶詰などを犬に与えても問題ありませんか?

いちごの加工食品には砂糖がたくさん使われていることが多く、また、牛乳や生クリームを使った加工食品を食べてしまうと、下痢を引き起こすことがあります。

さらに、いちごの加工食品によく使われるチョコレートやキシリトールなどは、犬が摂取すると中毒を引き起こすことがありますので、いちごの加工食品やジュース、缶詰などは与えないようにしましょう。

愛犬の急なトラブルに、24時間365日、獣医師が電話で直接サポート

愛犬の食事についての悩みは様々です。

上記以外の食べ物でも「こんなものは食べても大丈夫なの?」という疑問を持ったり、「愛犬が誤食をして様子がおかしい」、「もしかしたら危険なものを食べたかもしれない」などトラブルが突然起こることもあるかもしれません。

ペットメディカルサポート株式会社のペット保険「PS保険」では契約者サービスとして24時間365日、獣医師に電話で直接相談できる【獣医師ダイヤル】を提供していますので、そんなときにいつでも気軽に獣医師に相談できて安心です。

こんなときは犬にいちごを食べさせないこと

こんなときは犬にいちごを食べさせないこと

―どんな場合には、犬にいちごを食べさせないほうがいいのでしょうか。

絶対にいちごを食べさせてはいけない、というケースはほとんどありません。ただし、持病の有無や消化機能の状態によっては、いちごを食べさせないほうがよいケースもあります。

バラ科の果物やカバノキ科の花粉に対するアレルギーをもつ犬

愛犬が、いちごと同じバラ科の果物や、シラカバなどのカバノキ科の花粉に対するアレルギーを持っている場合は、いちごに対してもアレルギー反応を示す可能性があるため、いちごを食べさせないほうがいいでしょう。

子犬や老犬

いちごは食物繊維が多いことから消化が悪く水分も多く含まれているため、消化機能が未熟な子犬や消化機能が衰えている老犬がいちごを食べると、下痢などの消化器症状を引き起こすことがあります。そのため、絶対に食べさせてはいけないわけではありませんが、子犬や老犬に対しては、与える量を少なくするか、なるべく与えないようにしましょう。

まとめ「犬にいちごを与えるときは許容量を考え、刻むこと」

いちごは、犬にとって害をもたらす成分はなく、体格に応じた許容量であれば、与えても問題ありません。犬にいちごを与えるときは、丸飲みして喉に詰まらせないよう、よく刻み、また、アレルギーの有無を確かめるようにしましょう。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。