フレンチ・ブルドッグ|犬の保険

フレンチ・ブルドッグの保険

フレンチ・ブルドッグ ももたくん

フレンチ・ブルドッグは、とても利口で豊かな表情をしており、また非常に人懐っこく明るい性格なことから飼いやすくとても人気な犬種です。そのため、日本での飼育頭数は7,075頭と、中型犬の中で2番目に多い飼育頭数となっております(参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。
しかしながら、フレンチ・ブルドッグの特徴的な体型や体質から軟口蓋過長症や鼻腔狭窄、椎間板ヘルニアやなどの疾患にかかりやすい犬種とも言われています。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてフレンチ・ブルドッグのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

フレンチ・ブルドッグのかかりやすいケガ・病気

軟口蓋過長症:喉の奥にある軟口蓋が伸び、気管の入口である頭喉を塞いでしまう病気です。
鼻腔狭窄:鼻腔狭窄とは鼻の穴が狭いことから、鼻での呼吸が難しくなることをいいます。
椎間板ヘルニア:脊椎への負担をやわらげる椎間板が損傷し、脊髄を圧迫することで発症します。
アトピー性皮膚炎:アレルギーの原因物質(アレルゲン)が皮膚や呼吸器官を通じて体内に侵入することにより発症します。
角膜炎:外傷やウイルス感染により角膜に炎症がおこることをいいます。

フレンチ・ブルドッグの保険金お支払い事例

フレンチ・ブルドッグが身近になりやすい症例として軟口蓋過長症を例にPS保険加入していた場合の補償事例を挙げさせていただきました。下記は通院・入院・手術の事例となっております。

診療項目 単価 数量 金額
入院費 ¥3,000 4 ¥12,000
レントゲン検査 ¥5,000 3 ¥15,000
血液検査 ¥7,800 1 ¥7,800
静脈点滴 ¥3,000 1 ¥3,000
皮下注射 ¥2,000 3 ¥6,000
麻酔 ¥30,000 1 ¥30,000
静脈カテーテル留置 ¥3,000 1 ¥3,000
手術料 ¥50,000 1 ¥50,000
内服薬 ¥300 5 ¥1,500
診察料 ¥1,000 1 ¥1,000
抜糸 ¥500 1 ¥500
合計 ¥129,800
 
50%補償プラン
通院費 ¥750
入院費 ¥22,650
手術費 ¥41,500
合計 PS保険が¥64,900をお支払いします
(自己負担額¥64,900)
70%補償プラン
通院費 ¥1,050
入院費 ¥31,710
手術費 ¥58,100
合計 PS保険が¥90,860をお支払いします
(自己負担額¥38,940)
100%補償プラン
通院費 ¥1,500
入院費 ¥45,300
手術費 ¥83,000
合計 PS保険が¥129,800をお支払いします
(自己負担額¥0)

※この診療明細書は参考例となります。したがって、診療費用・内容の平均・水準を示すものではありません。
保険ご加入ご検討の際は、保険料補償内容をご確認ください。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

PS保険でのフレンチ・ブルドッグのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約 13万円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では約61万円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 埼玉県 椎間板ヘルニア ¥611,100
2 北海道 脳腫瘍 ¥576,700
3 東京都 椎間板ヘルニア、馬尾症候群 ¥380,500
4 岡山県 血管肉腫(首) ¥352,000
5 東京都 短頭種気道症候群・外耳道炎 ¥224,600

※こちらは当社ご契約者様が実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

フレンチ・ブルドッグのかかりやすいケガ・病気・予防に関して

フレンチ・ブルドッグのケガ・病気の予防に関して家庭でできることは以下のとおりです。
ケガ・病気が起こった場合、保険に入っていれば家計の助けになりますが、実際愛犬とご家族は悲しい思いをします。
そのためには事前に予防処置をしておくことが重要です。実際に愛犬へのケガ・病気の予防について実施する場合は、かかりつけの動物病院にご相談の上、実施してください。

軟口蓋過長症

喉の奥にある軟口蓋が伸び、気管の入口である頭喉を塞いでしまう病気です。フレンチ・ブルドッグのような短頭種の犬種は、短頭種でない犬種よりも軟口蓋が長く垂れ下がっているため発症しやすいと言われています。症状としては、呼吸するときにに「ガーガー」という音がする、イビキをかいたりするなどが挙げられます。症状が重くなると、呼吸困難やチアノーゼ状態になることあります。また夏場の暑さにより、急激な呼吸困難を引き起こす可能性が考えられるため、夏場の散歩には注意しましょう。

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄とは鼻の穴が狭い(鼻の穴が押し潰されている形に見える)ことをいい、軟口蓋過長症と同様にフレンチ・ブルドッグのような短頭種に多いといわれています。症状としては、鼻での呼吸がうまくできず、鼻をグーグーと鳴らして呼吸をしていたり、ハーハーと口のみで呼吸をしていることが見られます。鼻腔狭窄がひどい場合、運動時や興奮時に呼吸困難に陥ってしまうこともあります。予防としては、日頃から異常がないかをチェックをすることが大切です。また動物病院での定期健診を行うことで早期発見・早期治療にもつながります。

椎間板ヘルニア

脊椎への負担をやわらげるクッションの役割を果たしている椎間板が損傷し、脊髄を圧迫して起こる疾患で、発症すると激痛、麻痺により歩行が困難になることがあります。椎間板ヘルニアは、一般的に「軟骨異栄養犬種」と呼ばれる犬種に多いと言われており、フレンチ・ブルドッグもこの「軟骨異栄養犬種」に含まれています。予防として、階段の上り下りや高い場所からの落下、飛び降りに注意が必要です。フローリング(滑りやすい床)であればカーペットを敷くなどの対応をとり、足腰に負担をかけないよう心がけましょう。

アトピー性皮膚炎

アレルギーの原因物質(アレルゲン)が皮膚や呼吸器官を通じて体内に侵入することにより発症します。発症すると目やマズルの周辺や手首足首付近、指間の皮膚に赤みや湿疹、激しい痒みがでます。フレンチ・ブルドッグはもともと皮膚が繊細で弱いため、アトピー性皮膚炎などの皮膚病にかかりやすい犬種です。一般的にはハウスダストやダニ、ノミ、花粉などが原因とされているため、こまめな掃除を行う、布団や毛布、カーペットを天日干しするなど室内環境を清潔に保つことが大切です。

角膜炎

角膜(眼球の前面にある透明な層)に炎症が起きてしまう症状のことをいいます。発症すると、激しい痛みや白目の充血、角膜の白い濁り、目をしょぼしょぼとさせるなどの症状が出ます。角膜炎の原因としては、外傷性やウイルス感染等が考えられます。フレンチ・ブルドッグは目が大きく突き出していることから、目が傷つきやすく角膜炎になりやすいと言われているため注意が必要です。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

フレンチ・ブルドッグの特徴

フレンチ・ブルドッグとは

フレンチ・ブルドッグは、19世紀にイギリスからフランスに渡った犬種とされており、フランスで祖先犬をより小型化した犬種がフレンチ・ブルドッグといわれています。
元々はネズミ退治や闘犬として飼育されていましたが、可愛らしい姿がフランスの貴族、貴婦人から愛され人気の高い犬種となり、「bouledogue Francais(ブルドッグフランセーズ)」という「フランスのブルドッグ」の意味をもつ名で流行したといわれています。
フレンチブルドッグが日本に渡ったのは大正時代とされており、その頃から数多く飼育され、現在でも高い人気を誇る犬種となっています。

フレンチ・ブルドッグの容姿

フレンチ・ブルドッグは、アメリカタイプとヨーロッパタイプがあり、両者の大差は殆どありません。
アメリカタイプは、ショートボディでコンパクトな体型をしており、顔や頭が比較的大きい傾向にあります。また目が大きくてキュートな印象を受けます。
ヨーロッパタイプは、シャープでがっちりした体格です。顔や頭はそれほど大きくはなく、垂れ目で四角い顔立ちでしっかり者の印象を持ちます。
どちらのタイプも毛色は大きく4パターンあり、クリーム・バイド・フォーン・ブリンドルで、やわらかで光沢のあるとてもきれいな被毛をしています。また、コウモリのような形をしたピンと立った耳と、マズルが短い、いわゆる「ハナペチャ」なところが特徴的です。

フレンチ・ブルドッグの性質

アメリカタイプは無駄吠えが少なく陽気な性格、ヨーロッパタイプはとても慎重な陽気な犬が多いといわれています。どちらのタイプも、表情豊かで非常に人懐っこく明るい性格なことから飼いやすくとても人気な犬種です。なおとても利口で勇敢な性格をしているため、しつけをしっかりと行い、愛情を注ぐことで良きパートナーとなるでしょう。
しかしながら、フレンチブルドッグは暑さや寒さに弱い犬種なため、室温調整が必要です。日頃からスキンシップやコミュニケーションをとり、しぐさや状態をチェックすることが大切です。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

※このページはごく簡単な説明を記載したものです。詳細につきましては、本WEBサイト、パンフレット、重要事項説明書等をご確認ください。