溶血性貧血

溶血性貧血とは、血液中の赤血球が破壊されてしまうことで貧血となってしまう病気です。

貧血により、元気消失や食欲不振、酸素不足による呼吸困難など様々な症状を引き起こし、急性症状の場合は、命に関わるケースもある非常に危険な病気です。

溶血性貧血にかかりやすい犬種

犬の溶血性貧血にはいくつか種類がありますが、原因が先天的な遺伝に拠るものであるケースでは、以下の犬種で発症しやすいということが確認されています。

雌の方が、雄よりも発症率は高いといわれています。

犬の溶血性貧血の原因

犬の溶血性貧血が引き起こされる原因には様々なものがあります。

赤血球の機能維持に必要な酵素が生まれつき欠損しているピルビン酸キナーゼ欠損症など、先天的な要素が原因で溶血性貧血を起こすこともあれば、タマネギ中毒や感染症・外傷など、後天的要因によって引き起こされる場合もあります。

一般的に犬に多いとされているのは、自己免疫介在性溶血性貧血と呼ばれるタイプのものです。

自己免疫システムが何らかの原因によって正常に働かなくなり、自身の血液にある赤血球が異物とみなされ破壊されることで、貧血を起こしてしまいます。

原因不明なことが多く、発症すれば重篤な症状を呈します。

犬の溶血性貧血の症状

溶血性貧血を発症した場合、下記の症状が認められます。

  • 食欲の減退
  • 元気がなくぐったりして運動を嫌がる
  • 呼吸が苦しそうな様子を見せる(呼吸困難)
  • 黄疸(白目の部分や口腔内粘膜が黄色くなる)
  • 臓器機能の低下
  • 尿の量が増える、色が濃くなる

特に急性の場合は、症状が一気に進行するので短期間で赤血球が大量に破壊されてしまい、死に至るケースも少なくありません。

犬の溶血性貧血の治療法

自己免疫不全が原因の場合は、薬物による免疫抑制の治療など対処療法を中心に行い、症状が重篤な場合は輸血による治療を行います。

輸血を行う場合は、拒絶反応が起きないようドナー犬と輸血される犬の血液型と適応するかの確認を行います。

血液の不適合により拒絶反応が起きると死に至るケースが多いため、万が一に備えて事前に飼い犬の血液型を知っておくことも大事です。

内科治療では改善がみられない場合、赤血球の破壊を主に行う脾臓を摘出する手術を行うこともあります。

犬の溶血性貧血の予防と対策

自己免疫不全が原因による溶血性貧血は、原因が不明のケースが大半で、具体的な予防法はありません。

症状が寛解したとしても完治することは稀であり、発症した場合の1年後の生存率は約50%とも言われております。

日頃から目の状態や歯肉の状態などを見て、健康状態を確認するようにしましょう。