てんかん

てんかんとは私たち人間にも見られる発作のひとつで、脳を作っているニューロン(神経細胞)に何らかの異常がおこり、突然脚を突っ張らせ泡をふいて倒れたり、痙攣などの意識障害がみられる病気です。

てんかんにかかりやすい犬種

小型犬・中型犬・大型犬・犬種に関わらず見られる病気

ラブラドール・レトリーバー

ミニチュアダックスフンド

ビーグル

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ゴールデンレトリバー

セント・バーナード

コリー

ボクサー

犬のてんかんの症状

てんかんの主症状は痙攣になります。

犬が四肢を硬直させて横に倒れます。筋肉にはかすかな震えがみられ、同時に意識を失い口から泡を吐き出します。また無意識の排泄が見られることもあります。また痙攣している時間は長く感じることもありますが30秒ほどといわれています。

てんかんの発作はその場でおさまる場合と何度も繰り返して続ける場合があります。何度も繰り返して続いてしまうことをてんかん重積といいます。

てんかんの発作が治まると犬はなにごともなかったかの様に通常の状態に戻ります。

原因として

てんかんには真性てんかんと症候性てんかんの2種類があります。

真性てんかんは脳に異常が特になく、原因が不明で遺伝子が関係していると推察されるものをさします。

症候性てんかんは何らかの病気によって脳へのダメージを与えたり、事故などの外的ショックによる異常脳の神経細胞への破損があり、それが原因で起こされるてんかんをさします。

発見するには

発作のため、症状の項でも述べたような症状が見られた際にてんかんの症状として認識してよいと思います。

通常約2分程度で発作はおさまりますが、長時間治まらない、または症状として不安な点があればお近くの動物病院へ診察してください。

予防

てんかんの予防策は遺伝も含め今のところありません。

ですが、原因の項でも説明したものを予防することで、そのリスクを減らすことが出来ます。

わんちゃんのストレスを減らすと共に日々のスキンシップで兆候を見極め、万が一に備えお近くの動物病院を探しておくことをおすすめします。