水頭症

犬の水頭症とは小型犬に多く見られる脳の病気です。頭蓋骨の中の脳室と呼ばれる空間には、脳脊髄液と呼ばれる透明の水のような液体で満たされています。

何らかの原因により脳脊髄液が増えることで脳室が大きくなり脳が圧迫されることによって起こる病気になります。

水頭症にかかりやすい犬種

小型犬に多く見られる

チワワ

シー・ズー

ポメラニアン

トイ・プードル

パグ

ヨークシャー・テリア

犬の水頭症の症状

犬の水頭症の症状はまず外見からも判断ができます。特徴的なのはドーム上に膨らんだ頭部、外腹側斜視(目が外の下方向を向いている)が特徴的です。

脳脊髄液によりどこが圧迫されているかで症状が変わってきます。

大脳皮質が圧迫されるとボーっとしている、痴呆、感覚が鈍くなる、体が麻痺する、動作の緩慢など周囲の出来事に興味を示さなくなります。

大脳辺縁系の障害では性行動に変化がみられたり、異常に攻撃的になったりします。

間脳の視床下部ではホルモンの分泌と関係が発生し、過食や食欲がなくなる等の変化がみられます。

原因として

通常、脳脊髄液はつねに決まった量だけ分泌され、脳の内部を循環します。これらの循環経路が塞がれたり、脳脊髄液が異常に分泌されることで水頭症を発症します。

水頭症の原因として、先天性・後天性があります。あり、発症する割合として多いのは先天性によるもので、犬種(特に小型犬)による遺伝的なものが主になります。

後天性のものは脳腫瘍や事故などによる脳内出血、髄膜炎などの理由により、脳脊髄液の循環経路が塞がれたり、脳脊髄液が異常に分泌されることによって発症することがあります。

発見するには

行動や見た目による発見は可能で、頭部がドーム状に膨れている、そのため目が外に出てくるなどの特徴から判断できます。

頭部が少し腫れている、目が外に出ていると疑いが見られた際には水頭症の精密検査をする必要があるため、早めに動物病院へ連れて行ってください。

予防

先天性のものが多いため予防は困難ですが、早期発見で延命は可能です。

いつまでも愛犬と一緒にすごせるように多くのコミュニケーションを取り、早期発見に努めましょう。